祝日のお知らせ

こんにちは、ほんだ整骨院山内です。

さぁさぁ、もう春のお彼岸です。
桜ももうすぐ開花間近です。我が家のカブトムシたちも土をモリモリ食べてかなり大きくなってきました。

ということで休診のお知らせです。

3月21日(木)
春分の日


休診させていただきます。

3月は行事や生活の変化でいろいろと忙しい時期で、疲労もたまりやすいですので、みなさまも体調を気遣って楽しい休日を過ごしてくださいね。

肩関節周囲炎

こんにちは!荻窪・教会通りほんだ整骨院の藤本です。

今回のFブログは【肩関節周囲炎】についてお話させてもらいます(‘◇’)ゞ

肩関節周囲炎とはすなわち【四十肩】と言われる症状のことでみなさんも耳にしたことがあると思います。

肩関節は球関節と呼ばれ肩甲骨にある関節窩に上腕骨の上腕骨頭という部分がはまり込む形で形成されています。似た関節として股関節がありますが、股関節に比べ肩関節は関節窩が浅いため可動域は大きいが関節自体は不安定になっています。そのため肩関節の周囲には様々な筋肉や靭帯が付着し安定性を向上させています。

肩関節周囲炎ではこの周囲にある筋肉などが炎症を起こし、運動時の痛みや夜間の痛みが現れ、痛みが強いため関節運動を制限されることにより痛みが和らいでからも可動域制限が残存するケースがほとんどです。

肩関節周囲炎は主に急性期(2週間程度)・慢性期(1~6か月程度)・治癒期に分けられます。長期の治療を要することが多いため根気強く治療をしていくことが大切です。

少しでも症状がある場合は早めの受診をおすすめします!!

あなたはどっち?散歩?ウォーキング?

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

日中はだいぶ暖かい日が増えてきましたね。
寒い時期はどうしても外出を控えて、運動不足になりがちです。外出せずに家にいるとついお菓子に手が・・・・・。

だんだん春に近づくにつれて外出もしやすくなってきました。最近では梅や菜の花が咲いていますし、もう少ししたら桜もきれいです。
散歩がてらウォーキングを始めるのにいい季節です。

ウォーキングで体脂肪を効率よく落とすためには、
①心拍数を上げる(少し早歩き)
②時間は20分以上が推奨
③距離は1.5キロ以上
④腕を振ってカロリー消費を増やす
                 など
色々なことがいわれています。

ただし!

体重60㎏の人が1時間ほどウォーキングした場合の消費カロリーは260キロカロリーほど。

やっぱり、続けることが大事なんですね。
そうなると初めからあまり難しいことを意識しすぎると、かえって面倒になり、続かなくなりがちです。

なので、

最初は「ちょっと近所を気分転換に散歩してみる」ぐらいの意識で習慣づけてみてはいかがでしょうか。

東京ドーム

おはようございます。ほんだ整骨院藤本です。本日のFブログは先日行った野球観戦についてです(*´▽`*)

先日患者様から頂いたチケットで東京ドームに野球観戦に行ってきました。私、野球はもちろんスポーツ全般好きなのですが、生観戦はほとんどしたことがなく、小学生の頃に松坂大輔投手を甲子園で見た以来の生観戦!!プロ野球としては初めての観戦だったのでワクワクとした気持ちで東京ドームへ向かいましたが、巨人ファンでもなければヤクルトファンでもない私は応援グッズなど持っていないのでどうしよう。。。と悩んでいました!!

すると山内先生が【巨人のチームカラーはオレンジだからこれでいいんじゃない?】とあるものを渡されました。

それがこれ・・・

ほんだ整骨院がある【荻窪教会通りTシャツと帽子】

不思議と違和感なく巨人ファンに溶け込むことができました(笑)

試合結果はというとなんと巨人の4番岡本選手のサヨナラホームランで劇的な逆転勝ち!!!いや~このTシャツ着た甲斐がありましたね(笑)また巨人の応援にいくときは着ていきたいと思います(*´▽`*)

では本日も9時より診療開始いたします

疲れたときは?

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

春になるとなんとなくお出かけしたくなりませんか。

3月は年度末や学期末などが重なり、仕事や行事、送別会や生活の変化などに加えて、気候の変動や花粉などで身体の調子を崩しやすい時期です。

そんな時は温泉で癒されてみてはいかがでしょうか。

温泉には泉質によっていろいろな効能があります。
例えば、単純温泉は低刺激でお肌に優しかったり、硫酸塩泉は血管を広げる作用で高血圧を緩和してくれたり、含鉄泉は保温効果が高かったりなどです。

さらに


温泉には泉質に関わらず嬉しい効果がたくさんあります!

水圧
水圧で手足を圧迫することでむくみや筋緊張をやわらげる効果があります。

温熱
末梢血管を広げることで疲労物質や老廃物を流し、疲労回復を促します。

浮力
水中での浮力によって絶えずかかっている重力をやわらげることができます。

リラックス
普段と違う環境によって気分転換できることでストレスの軽減になります。

温泉は筋肉や関節、皮膚、内臓だけではなく、自律神経や精神的な疲労にも効果的だといわれています。
日頃の運動やストレッチに加えて、たまには温泉に浸かって心と体をリフレッシュしてみてくださいね。

もうすぐ春ですね♪♪

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

3月に入って雨が多いですね。冬の間はほとんど降らなかったのですが・・・。

気温は真冬に比べるとだいぶ暖かいですね。3月は一日のうちの気温差が大きかったり、風が強かったり、花粉や黄砂やPM2.5が飛んできたり・・・身体にとってはなかなかハードな季節です。

でも、

3月は本格的な『春』に向かって色々な楽しみも出てきます。
桃や桜の開花があり、そのころには菜の花が咲きます。
海ではシラスや桜エビなどが揚がってくるようです。この時期にあがる真鯛は桜鯛といって脂がのって美味しいそうです。
また、国産の柑橘類やイチゴもおいしくなる時期のようです。

ということで!


3月の休日は「沼津へドライブ」なんていかがでしょうか。伊豆で色とりどりの花を楽しんだ後、温泉につかり、帰りは沼津港で沼津丼(生の桜エビ・生シラス・アジの刺身がのったどんぶりです!)。
心も身体もリフレッシュできるコースです。うまく予定を組めば日帰りでも十分周れそうですよ。

3月は仕事や学校行事などで忙しくなりがち、さらに気温変化やアレルギーなどでも体調を崩しがちです。
うまく身体や心のストレスを解放して、楽しい春をむかえてくださいね。

産後の腰痛、股関節痛は。

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

もう2月も終わりですね。明日からいよいよ3月です。
春はもうすぐそこですよ。

さて、3月3日はひなまつり。

ということで今回は出産後の腰痛のお話です。

出産後に腰痛や股関節痛を発症する方は非常に多いです。これは出産時の骨盤のゆるみに加えて、抱っこや授乳による負荷の増加、また夜間の授乳や夜泣きによる睡眠不足などが主な原因です。
特に床やベッドに座ったままでの授乳は腰部に大きな負担をかけます。

出産時に仙腸関節、恥骨結合の両関節がゆるみ、背骨の基礎となる骨盤が傾くことで、腰椎や股関節に負担が増えることで痛みが出ると考えられます。

痛みが強く出ている時は安静にして骨盤ベルトなど締めておくといいです。
骨盤や仙腸関節、股関節の不調は放っておくと後々まで痛みが続くことがありますので、しっかりケアしておいてくださいね。

電気治療

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【当院の電気治療機器】について。
当院では手技治療はもちろん症状に合わせて電気療法も行います。

今回は当院で受けられる電気治療についてご紹介していきたいと思います。

①低周波治療器(筋緊張の緩和に有効)
②干渉波治療器(関節痛などに有効)
③超音波治療器(細胞活性による外傷治療に有効)
④マイクロ波治療器(筋緊張や筋疲労の回復に有効)
⑤赤外線治療器(血流改善や神経痛に有効)
⑥牽引治療器(頚・腰椎ヘルニアに有効)

当院では主に上記6つの電気治療を受けることが可能です。症状に合わせて施術担当者が患者様にあった電気治療をチョイスします!!お気軽にご相談くださいね( `ー´)ノ

17年目を迎えて・・・・

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

今日はだいぶ暖かい日になりましたね。春が少しずつ近づいている気配です。

ということで、
本日、みなさまのおかげさまで、16周年を迎えることができました!

平成15年2月20日にオープンしてから、地域の皆様方、患者様の支えがあったからこそと、深く感謝しております。

これからも皆様の健康のお手伝いをさせていただき、現状に満足することなく、より一層技術に磨きをかけて参ります。

スタッフ一同、今後とも、変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

これからまだ気温差が大きくなってくる時期です。体調を崩しやすいのでご注意くださいね。

寒い夜だから・・・♪

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

2月も後半に入ってきて、冬の寒さもあと少しですね。これからとだんだんと暖かい日も出てくるでしょう。
でも、まだ油断は禁物です。朝晩はまだまだ冷え込みます。今回は『寒いことで起こる痛みについて』です。

寒い時期になると痛む神経痛や関節痛を訴える方が多くいます。

寒さによって身体の血流が悪くなると、筋肉がこわばり、間を通る神経が圧迫され、神経痛が出やすくなります。緊張型頭痛も首や頭周りの筋緊張が原因です。
(寒い屋外から暖房の効いた室内に入った時には、側頭部の血管が急に拡張して偏頭痛を起こしやすいです。)

また、関節周りでは、筋肉がこわばることによって関節の動きが悪くなったり、衝撃を吸収する能力が落ちたりして関節痛が起こります。

さらに、寒いと体の末梢神経が敏感になりやすく、余計に痛みを感じやすくなります。

寒さによる神経痛や関節痛を持っている方は、各関節を冷やさないように保温すると同時に、以前に書いたようにお腹を温めることも効果的です。

軽く運動をしたり、鍼やマッサージで筋肉をほぐしてあげることも改善につながります。

ちなみに我が家の自動車は寒さでバッテリーが上がりました・・・・・・。

こちらも寒さによる痛みです。

荻窪ほんだ整骨院のブログ