「ケガ」カテゴリーアーカイブ

ふくらはぎの肉離れ。テニスレッグ!

こんにちは。
荻窪ほんだ整骨院山内です。

最初の連休も終わり、いよいよ秋らしくなってきましたね。秋といえばスポーツです。運動会を秋にする学校も多いですね。

ということで
今回のテーマは「ふくらはぎの肉離れ」

ふくらはぎ肉離れはどのようにして起こるのでしょうか?

ふくらはぎは3つの大きい筋肉でできています。

腓腹筋内側頭
腓腹筋外側頭
ヒラメ筋

3つの共通した働きは、足首の底屈(つま先を足裏方向に下げる)です。

ふくらはぎの肉離れが発生する理由。

特に内側頭下部の肉離れ(筋挫傷)はテニスレッグと呼ばれています。
テニスでは前後・左右へのターンと踏ん張りが多く、ふくらはぎの筋群を酷使します。
このときの踏ん張る(足首の底屈)力と走る時の勢い(慣性の力)によって、筋肉が損傷します。
ちょうど反対方向に力が加わるんですね。

もちろんテニス以外でも起こります。
バレーボール、バスケットボール、バドミントン・・・・、床面と摩擦が強いスポーツは要注意です。
また、コンタクトのあるスポーツ、サッカーやラグビーなどでは、スパイクなどが直接ぶつかることによっても肉離れは起きます。

そしてそしてもっと怖いのがアキレス腱断裂。

40代~50代になってくるともっと下の方=アキレス腱で断裂することが増えてきます。
完全に断裂すると手術をしても保存療法でもかなり長期にわたって(6か月以上)歩行も困難になります。

症状は「痛み」「腫れ」「内出血」

直後はかなり強い痛みがあります。
損傷がひどいと患部がへこんでみえることもあります。
その後、腫れが出てきて、皮下出血はかなり時間が経ってからのことも多いです。
足首を底屈(つま先を下にする動き)させると激痛です。

肉離れになってしまったら・・・

テーピングや包帯などで圧迫して安静にします。
損傷程度によりますが、軽いものでは3週間ほどで競技復帰も可能です。
直後から2~3日(患部が熱をもっている間)はアイシングをして炎症と腫れをおさえておきましょう。

肉離れを予防しましょう!

予防にはふくらはぎの筋群の柔軟性を保っておくこと!
急激に引き延ばされても「ちぎれない」柔らかい筋肉にしておきましょう。

重要なのは。

ウォーミングアップ&ストレッチ!

スポーツ現場では肉離れなど自家筋力によるケガはウォーミングアップ不足が原因であることが多いです。
ウォーミングアップはしっかりと身体を温めることが目的です。
寒い時期や朝の早い時間は軽いジョギング程度では不十分です。少し汗ばむ程度までやりましょう。
普段からできる予防法は柔軟体操です。
日頃からストレッチをしておきたいですね。

「筋肉の疲労」も原因のひとつです。
プレーに夢中になっているとなかなか気づきにくいですが、プレー時間が長くなったり、プレー強度が強かったりすると筋肉の柔軟性が失われやすく、結果的に肉離れを起こします。
スポーツ中に局所のみに張りを感じた場合は肉離れの直前です!無理な負担は避けて中断するなど対応してください。

ということで、
今週はラグビーW杯の開幕もあるので、スポーツでのケガ「ふくらはぎの肉離れ」についてでした。
先週末にはマラソンのMGCも開かれ、いよいよスポーツも盛り上がっています。
どうしてもテレビや競技場での観戦後は気持ちも高ぶっていますし、自分も同じように動けると思いがち・・・。

私も実はそういうタイプです。
自分の身体を過信せず、慎重に運動を楽しみたいですね。

鎖骨を骨折したら痛いよ~

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

9月ももう2週目ですね。いよいよ日本で開催されるラグビーW杯も近づいてきました。
当院にもラグビー少年たちがケガをして来院していますので、ぜひ日本にはがんばってほしいです。

さてさて、今回のお話は「痛ーい」お話。

『鎖骨骨折』です。

老若男女、どの世代でも結構多い骨折です。
子どもや若い世代ではスポーツで、高齢者では転倒することで骨折します。

この骨折は鎖骨に直接的に物が当たって骨が損傷して発生することもありますが、それよりも多いのが転倒して手をついた衝撃が骨を伝わって鎖骨を損傷させることの方が多いです。

鎖骨は肩甲骨を介して上腕骨とつながっていて、多くが側方に転倒した際に衝撃が伝わります。
鎖骨はS字状になっているため多くの骨折がこのカーブの部分で起こります。

ついた手が少し前方になると肩甲骨と鎖骨の接続部分(肩鎖関節)が脱臼したりもします。肩関節の少し上(首に近い方)が反対に比べてポコンと飛び出していたら脱臼の恐れがあります。

鎖骨骨折は痛いです。
なぜかというと・・・・・・・・・・

鎖骨は肋骨とともに「胸郭」というのを形成しています。
胸郭は呼吸で動いています。
さらに、
鎖骨には胸鎖乳突筋という筋肉が付着しています。
そして、さらにさらに、
鎖骨の外寄りには腕の筋肉が付着しています。

ということで・・・・・・
鎖骨が骨折していると、息をしているだけでも痛いんです!
腕を動かしたり、寝返りでも痛いんです!

しかも、
大胸筋という大きい筋肉は腕を身体にひきつける作用をもっているので、つっかえ棒の役割をしていた鎖骨が折れると、骨折端が転位(ズレる!)しやすい特徴があるんです。

実際に、現場で仕事をしていると、
ズレたまま骨癒合してしまっている方も多々見受けられます。

「変形治癒しても日常生活で機能障害を残さないことが多い」と学校では教わりますが・・・・・・

後々肩関節の可動域制限を残したり、頚部の筋緊張を残したり・・・。

骨癒合までの期間は4~5週ですが、痛みや肩関節の可動域制限は2~3か月くらい残ります。
変形治癒を確実に防ぐために手術による内固定(鋼線で留める)も選択されることも多いです。

鎖骨のすぐ下には、大きい動脈・静脈、腕へいく神経、そして胸膜(肺を包む)があります。それらが傷つくと大問題です。
スポーツをしていた方の中には武勇伝のように
「鎖骨を折ってもプレーしてた」なんていう方もいますが、それは大変危険なことです!絶対にしてはいけないし、させてもいけません。

ということで、
今回は鎖骨骨折を熱く語りましたが、次回のYブログは「ヒラタクワガタの産卵成功(喜)」です。

スポーツで突き指をしてしまったら・・・

こんにちは!ほんだ整骨院、山内です。

涼しい日が数日続きましたが、また残暑の日々が戻ってきました。
通勤中の電車にも学生さんの姿が増えてきました。

さて、今回は『突き指』です。
指のケガで割と多いケガです。

学校も始まり、外で遊ぶ子供たちの姿も見られるようになりました。
特に多く見られるのが学校でドッジボールやバスケットボール、バレーボール、野球での突き指です。

以前にも記事(https://honda.s358.com/blog/itai/30/)にあげていますが、

『突き指』とひとくちに言っても、4種類あります!

骨折
脱臼
腱断裂
靭帯損傷

だいたいのケガが指先からの縦軸へ外力か背側(手の甲側)への外力です。(もちろん側方への外力によるものも…)

突き指をしたみなさんのなかには、軽症と思って放置されていた方や無理に引っ張ってしまう方もいます。

どちらも絶対にやってはいけません。状態を悪くするだけです。

運悪く突き指をしてしまったら、やるべき応急処置は

冷却
固定と安静

です!

そしてなるべく早く専門家にみせましょう。腫れや痛みがひどい場合は整形外科で画像診断も必要ですので、必ず相談するようにしてください。

学校の先生・スポーツの指導者・保護者の方々へおねがいがあります!

突き指は靭帯や腱が完全に断裂している場合や骨折が関節面に達している場合は手術が必要になることもあります。
放置したままだと後々変形を残し、機能障害を起こすことが多々あります。

なので、
ご自分がケガしたときはもちろん、お子さんや選手たちが突き指をしたときは軽視せずに医療機関を受診させるようにしてくださいね。

当院でも状態を見て、積極的に近隣の整形外科へ紹介させていただいています。

クラブ活動

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

気づいてみればあっという間に今年も半分が終わりに近づいています。でも、夏はこれから。年の後半は連休もたくさんあるので楽しみですね。

さて、最近、部活動をする学生の方の来院が増えてきています。学年が変わり、部活動も本格化する時期でもあります。

ケガをした後の急性期は安静を保つことは重要ですが、チームやクラブ、試合日程の事情もあり、なかなか休めない、休みたくないのが実情のようです。
部活をがんばる選手にとっては、短い学生生活。とくにケガが多いのが試合前や運動会直前などの大事な時期です。

私たちもできるだけ希望に沿って早く競技復帰できるように努力して、がんばる選手たちを応援したいと思っています。
テーピングやトレーニング、身体のケアの方法など聞きたいことがあれば、遠慮なくご相談くださいね。

ハイキングの季節です。

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

100回目も近づいてきたYブログ。どんどん行きます。

5月も3週間が過ぎました。街を歩いていると家々の玄関先でいろんなお花がきれいに咲いていますね。
この季節は新緑もきれいで晴れた日には、自然の中で過ごしたくなります。

私は連休があるとよく城めぐりをしていまして、先日も新潟の鮫ヶ尾城へ行ってまいりました。ここは城跡なんですが、本丸跡が山の上。歩いて30分くらいの登りです。

普段から全く運動していない私たち夫婦にとっては、思いがけないハイキングでした。
なんとか往復行ってきましたが、案の定、私は膝が、嫁は股関節が痛くなりました。

膝が痛くなるのは歩き方が原因です。以前の記事で「山歩きのときは膝の痛みに気を付けましょう」なんて書いておきながら、まさか自分が痛くなるなんて…。(´;ω;`)ウッ…

そして、嫁。右の股関節が痛いようです。
山登り時に股関節まわりが痛くなるのは、腸腰筋付着部か大腿四頭筋の腱付着部のことが多いです。
腸腰筋は足を持ち上げたり、段差をまたいだり、主に登り時に使われます。大腿四頭筋は足を持ち上げるとき、膝を伸ばすときに使われるほか、下り時にはブレーキとしても使われ、ハイキングでは酷使されます。

予防としては、


普段から筋力を強化しておくこと。
ストレッチをして付着部にかかる負荷を減らしておくこと。

今回は、完全に準備不足で不覚をとってしまいましたが、これからは本格的に雑木林に入っていくシーズンです。
今からでもしっかり準備して、秋まで楽しもうと思います。

君は舟状骨を知っているか?

おはようございます。荻窪・教会通りほんだ整骨院藤本です(*´▽`*)

今回のFブログは【舟状骨】についてです。

みなさんは舟状骨という骨を知っていますか?舟状骨とは手や足にある小さな骨の1つで知っている方は少ないのではないでしょうか。

私たち柔道整復師が【手を地面についてから手が痛い】という患者様がご来院させた際に注意しなければならない疾患の1つが舟状骨骨折です。

舟状骨骨折は外見上の変形は少なく非常に見落としやすい骨折の1つで受傷すると治りにくいという特徴もある厄介な疾患です。

舟状骨は血液循環が乏しく折れてしまうと骨癒合しにくいため偽関節になることが多く注意が必要。早期発見・早期治療が重要になります。

そんな舟状骨骨折の早期発見に大切なのが【スナッフボックス(解剖学的嗅ぎタバコ入れ)】という部分に圧痛があるかどうかです。

スナッフボックスとは手の平を広げた際に母指の下にできるくぼみのことです。スナッフボックスは長母指外転筋・長母指伸筋・短母指伸筋により構成されそのくぼみの下に舟状骨を触ることができるためその部分に圧痛がある場合は舟状骨骨折を疑います。

転倒の際に手の平などに持続的な痛みなどがある場合はすぐに専門医に相談するようにしてくださいね( `ー´)ノ

湿布

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【湿布】について。ほんだ整骨院では患者様の症状や状況により必要であれば湿布を張ったりお持ち帰りしていただくことがあります。その際に使用上の注意点や効能についてもお話させていただくのですが、そのお話を今日はさせていただこうかと思います。

患者様からよくある質問としては【痛み以外のコリやハリに対しての効果】【冷湿布温湿布の違い】などがあります。まず効能について少しお話させていただきます。

湿布に期待ができる効果は鎮痛、消炎、血流循環の促進などがあります。捻挫や打撲など外傷による炎症や痛みにはもちろんですが、筋肉の硬さからくる肩こりや腰痛などのコリやハリにも効果が期待出来ます!!冷湿布と温湿布の違いについては基本的な効能は一緒です。冷湿布は冷たく感じ、温湿布は温かく感じるという違いがあります。ここで気を付けていただきたいのが冷湿布はあくまでも冷たく感じるだけで冷却効果はないということです。

急性期の外傷などは炎症が強くなる前に患部を冷やすことがその後の治療にとっても重要になります。

その際に湿布を貼ればよいと思っている方が多いですが、冷却の際には氷嚢やアイスパックなどで直接冷却するようにしましょう。

10~15分ほど冷やした後に湿布を貼って安静にするようにしてください。

薬局などでも気軽に手に入る湿布ですが使い方や効能を理解することが大切です。わからないことや疑問があればお気軽にご相談ください(#^^#)

マッチョには欠かせない!

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。


1月も後半に入り、寒さが増したように感じますね。今週末にはセンター試験もあり、受験生の方々は頑張りどころです。

 

さて、今回は筋肉シリーズ第3弾『大胸筋』です。
先日、横綱稀勢の里関が引退されました。左肩のかなり強めのテーピングが貼られていましたね。報道によると大胸筋損傷だそうです。
柔道の井上康生監督も現役時代ケガしていたそうです。

大胸筋は名前の通り、胸部の前面の大きな扇形の筋肉です。プロレスラーのたくましい胸板をイメージしてもらえるとわかりやすいですね。
作用は外に開いた腕を下におろすように力を入れたり、外に開いた腕を身体に抱くような動きが主に使われます。
また、腕相撲で腕を内側に捻るようなときにも使われています。スポーツや肉体労働などでは力強い腕の動きをサポートしてくれます。

鍛えておくとかっこいい筋肉なのでトレーニングする方も多く、強靭な筋肉ですが、負荷をかけすぎるともちろん損傷します。
損傷の多くが筋肉の起始部(鎖骨や胸骨、肋骨など)、付着部(上腕骨外側)で起こるので治りが悪くなることが多いです。特にベンチプレスなどで負荷を大きくしている方は要注意です。ウォーミングアップや負荷を適切にすることでケガを防ぎましょう。

ただし!

背筋群とのバランスも気を付けてください。大胸筋が強すぎると巻き込み肩による姿勢不良を起こすことがあります。

今年も少しずつ筋肉シリーズ・骨シリーズも虫シリーズもアップしていきますのでよろしくお願いします。

アジア大会を終えて。

こんにちは。
荻窪ほんだ整骨院の山内です。

さて、9月も2週目に入り、新学期が始まっているお子さんも多いですね。秋に運動会や体育祭がある学校ではもうそろそろ練習が始まる頃です。

運動会は春と秋に分かれていますが、この時期に多いのが練習中のケガです。やっぱりお子さんにとって運動会や体育祭は楽しいものです。同級生やご家族の前で「いいところをみせたい!」「あの子には負けたくない!」など色々な思いで、みんな一生懸命です。
騎馬戦、組体操、リレー、ムカデ競争や二人三脚などはよりケガしやすいので練習は必ず必要です。・・・・が、その練習でケガをする人も多いのが実情です。

どうしても全体練習が多くなり、運動能力に差があっても一緒に練習しなければならず、転倒や使い過ぎによるケガが増えてしまう・・・。
難しいところですが、当院では特別に安静が必要な期間を除いて、なるべく練習や本番に参加できるように治療をしていきたいと思っています。
大ケガになる前に身体に痛みや不調を訴える子がいましたら早めに相談してみてくださいね。

 

小児の疾患

こんにちは!荻窪教会通りのほんだ整骨院藤本です。
今回のFブログは【小児の疾患】について
子どもの身体は大人と比べ成長期であるためまだ不完全です。骨は柔らかく、筋肉や靭帯は未熟で成長とともに強固なものになっていきます。その過程で成長痛などの痛みを訴えることがありますが、単に成長痛と決めつけるのはよくありません。
その痛みが成長を妨げる障害になりかねないのです。
子どもは痛みがあると泣いたり、動かなかったり行動でサインを出すことがほとんどです。大人のように言葉にして伝えるということができない場合もあります。
お父さんお母さんがしっかりと観察をしてお子さんからのサインを見逃さないようにしてくださいね!!
そして少しでも違和感や異変を感じたらご相談ください!!!