応急処置2

こんにちは、山内です。
4年に一度のオリンピックも高校野球も終わってしまいましたね。なんとなく寂しい気もしますが、選手の方々にはたくさんの感動を分けていただきました。心からありがとうとお疲れ様でしたと言いたいですね。

今日は冷却(アイシング)について少しお話をしたいと思います。
ケガをしてしまっても、正しく迅速にしっかりと冷却を行うことでその後の
治癒期間の短縮を図ることができます。

使用するものkakigoori_hata

冷却に使用するものはできるだけ患部に密着できる氷のうやビニール袋+氷(少しだけ水を足す)を使用しましょう。(保冷材や市販のガチガチに凍ったアイスパックなどは密着しずらく、さらに0℃以下になっていることも多いため、凍傷のリスクがあります。その場合は必ず表面を水などで溶かしてから気を付けて使用すること)

時間と頻度

ケガした組織の皮下脂肪の厚さが薄ければ15~20分位、深度の深いところで30分ほどといわれています。感覚でいうと何も感じなくなるくらいです。(感じなくなる感覚になるまでは個人差があるようですが)
頻度は1~2時間おきくらいでおこなうとよいでしょう。だいたいケガをした2~3日くらい(患部が熱をもっている間)までが目安です。

目的

①感覚を鈍らせて痛みを感じにくくする。…神経の伝達を鈍らせる。
②内出血・腫脹を抑える。…血管を収縮させて出血を抑える
③細胞の呼吸を抑制して低酸素障害による壊死を抑制して二次的な損傷範囲を狭める。

適度な冷却は痛みを軽減させるだけでなく、治癒を早めることに繋がりますので皆様もぜひマスターしてくださいね。
それではまた。

突き指

himawariこんにちは!山内です。
オリンピックや高校野球、イチロー選手の3000本安打などスポーツの話題が多い8月ですね。
ご自身でもスポーツをされる方も多いと思います。
今日はスポーツや日常生活でもよく起きやすい怪我、突き指についてのお話です。

突き指を甘くみないこと!jiko_tsukiyubi
一般に突き指といわれているケガは指の長軸方向や関節の反対方向に強い力が加わって起こることが多いようです。日常的に多いケガのため放っておいてしまいがちですが、中には指の変形や後遺症を招くことがあるので要注意です。

①骨に異常がある場合
骨自体が直接傷ついている場合と腱や靭帯の付着部がはく離骨折している場合があります。

②腱を損傷している場合
急に腱が引き伸ばされることで損傷したり、断裂することがあります。

③靭帯を損傷している場合
骨と骨をつなぐ靭帯が損傷したり、脱臼することがあります。
いずれの場合でも放っておいたり、無理に引っ張って治そうとしたりすると指の屈伸ができなくなったり、変形してしまうことがありますので、専門家の判断を仰ぎましょう。

ストレッチのススメ

お疲れ様です、猪股です。

 

身体が硬いと怪我をしやすかったり、疲れがとれなかったり、少し伸びをしたらつってしまったり…、あまりいいことが起きませんね。そんなことが起きてしまう身体にはストレッチがいいと思います!

 

ストレッチと言っても、ゆっくり伸ばすストレッチ、動きの中でのストレッチ、反動を付けてのストレッチ、また伸ばし方、強度、順序、どの筋肉、関節を伸ばすのか等で効果安全性も随分変わってきます。身体が硬い方が、いきなり強度の高いストレッチをすると痛くて伸びなくて、場合によっては怪我をしてしまうこともあります。まずは自分の身体がどの程度の硬さなのか、身体のどの部分を伸ばせばよいのか、どんなストレッチをすればよいのか判断することが大切です。

 

ほんだ整骨院では施術の中でストレッチを行うことも多いです。その中で患者さんに伸ばしておいてほしいストレッチをお伝えすることがあります。生活のちょっとした時間や隙間にやって頂いて、今の症状を少しでも改善したいからです。お医者さんでいうお薬みたいなものです。初めは軽度、または知っているストレッチを正しいフォームでと。症状改善と共に強度を変えたり、部位を変えたり、怪我につながらない様に身体の柔軟性を出していければ再負傷再発防止になると考えています。

 

詳しくはスタッフまで!

夏季休診のお知らせです

こんにちは。山内です。

今日は朝から気温が上がっていますね。8月に入り、いよいよ本格的に夏本番の気候になってきました。

皆様8月の予定はたてられましたでしょうか?

 

さて、ほんだ整骨院ですが、

8/11(木)~8/15(月)

夏季休診させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

 

8/16(火)より通常通り診療いたします。

 

また随時ブログも更新させて頂きますのでお楽しみに。

 

外出先でのケガにご注意!

こんにちは。山内です。

やっと本格的に夏がやってきました。
海や山、川など自然の中で遊ぶのも楽しいですね。また、学生の皆さんは部活動なども忙しいかもしれません。

そんな時に気を付けていただきたいのが捻挫や肉離れなどのケガです。
暑さや疲れ・悪天候などによって注意力が低下したときに起こりやすい上に、外出先やスポーツ中は、ケガをしても無理をしがちです。

ケガをしたときにしっかり応急処置をすることで、後々の治癒過程をより早めることができます。

①冷却…なるべく早く氷などで冷やしましょう。
②安静…患部を挙上できれば腫れを抑える効果もあります。
③固定…テーピングや包帯なども用意しておきたいですね。

冷却することでケガをした周囲の活動を低下させて腫れ・炎症を抑えます。さらに固定・安静にすることで負傷の拡大を防ぎ、組織の再生を早めます。
捻挫や肉離れなどは直後の応急処置によって治癒期間が大幅に変わります。

 

当院では捻挫後のテーピングの指導やケガ予防のテーピング処置なども行っておりますのでお気軽にご相談下さいね。