ランニング時に起きやすい膝のケガ

metabolic_running_woman
こんにちは。山内です。
最近、初心者の方が膝を傷めるケースが多くなっています。そこで今回のテーマは『ランニング時における膝のケガ』の種類をご紹介したいと思います。

☆膝の内側の痛み

〇鵞足炎
鵞足部に付着する筋肉の腱が内側側副靱帯とこすれて炎症を起こします。筋肉が強く張ってくると付着部でも痛みを生じることがあります。X脚や回内足などで発症しやすくなります。

膝の外側の痛み

〇ランナー膝
大腿骨の外側の隆起しているところが腸脛靭帯という筋と繰り返しこすれることで炎症、痛みを起こします。O脚だったり、また左右に傾いた道路を走行したりすると起こしやすくなります。

☆膝蓋骨の上または下の痛み

〇ジャンパー膝・膝蓋靱帯炎
ジャンプや着地によって大腿四頭筋が強く収縮して、滑車の役割をしている膝蓋骨との境目あたりで炎症が生じます。rikujou_woman_marathon
〇オズグッドシュラッター病
10歳前後のスポーツをする多く男女にみられ、膝下の大腿四頭筋の付着部に痛みと骨の隆起が生じます。膝を強く曲げたり走ったりすると痛みがでます。
〇膝蓋大腿関節症
膝蓋骨と大腿骨がこすれることで痛みや炎症を生じます。
〇タナ障害
膝蓋骨と大腿骨の間に滑膜ヒダがはさまり、炎症を起こしたり、ひっかかる感じが出現します。

☆膝の中の痛み

〇軟骨損傷
膝関節のアライメント不良や着地の衝撃が繰り返すことにより、関節軟骨や膝半月板などを損傷します。
これから本格的な冬になって、気温が下がってきます。さらに日中に走れるランナーの方ばかりではなく、早朝または夜しか時間がとれないという方も多いでしょう。しっかりとウォーミングアップすることが大事です。また、オーバーユースや筋疲労の蓄積などでも発症しやすいため、クールダウンやマッサージで筋肉を良い状態に保つことを心がけましょう。

beach_dokusyoanimal_orangutan

ストレートネックの予防と改善

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
みんな大好きFブログの時間ですよ!!
今回のテーマは前回の続きで【ストレートネックの予防と改善】についてです。
ストレートネックにならないためには、普段からの予防が大切です。ストレートネックの予防法は、改善にもつながりますので、ご紹介していきましょう。

 

・ストレートネック予防・改善
正しい姿勢だけで完全に防ぐことは難しく、僧帽筋(首筋から肩、背骨にかけての筋肉)や、胸鎖乳突筋(耳の後ろから鎖骨にかけての筋肉)を鍛えることが、強力な予防策になります。その一方で、首まわりの筋肉を鍛えることは、なかなか難しい。なので、鍛えるまではできなくても、緊張した首周り?をほぐしていくことで予防していきましょう。
ストレートネック予防・改善の肝は、「首の可動域を広げる」ことです。効果的な首のストレッチを行い、筋肉をほぐせば、可動域は広がっていきます。
しかし、普段の生活では、首を動かす習慣はなかなかありませんよね。ジョギングや筋トレなど、適度な運動をしている方でも、あえて動かさない限り、首の筋肉はほぐれません。運動不足の方はもちろん、十分に運動しているのに肩こりが良くならない方、首の緊張がほぐれにくい方は、以下で紹介するストレッチがお勧めです。
“あえて”首を動かし、首まわりの緊張をほぐして、可動域を広げるストレッチをご紹介していきます。
首のストレッチの基本は前屈後屈側屈回旋の4つ。
首の可動域を広げるストレッチは、椅子に座った状態で行うことが可能です。行う際は、体幹を意識し、身体を固定して行いましょう。首を動かすのと一緒に身体ももっていかれないように、お腹に力を入れ、一方で肩の力を抜くことで高い効果が得られます。

(1)首の前屈%e5%89%8d%e5%b1%88
後頭部で両手をしっかり組み、あごを鎖骨中央(胸骨)部に近づける要領で頭を軽く押しながら可動域いっぱいまで下げてゆきます。首の一番下の出っ張った骨(隆椎)付近まで伸びるように行いましょう。このとき、お腹の力がゆるんで、腰が後ろに行かないよう、身体はしっかり固定しましょう。お腹に力を入れますが、肩には力が入らないように注意してください。一番頭が下がった状態で5秒静止し、これを3回繰り返しましょう。最初は無理をしないように、ゆっくり行ってください。
首の前屈をする際は、椅子の脚に足をひっかけるなどして身体をしっかり固定すること

(2)首の後屈%e5%be%8c%e5%b1%88
両手を組み、あごの下につけます。そのまま手であごを押しながら、首を後ろに倒しましょう。このとき、首がつまって苦しくなったり、しびれを感じた場合はストップです。首を後ろに倒したときに、腰が反りすぎないよう、体幹を意識してください。同じく5秒静止して、3回行います。

(3)首の側屈%e5%81%b4%e5%b1%88
両手を下げ、肩の力を抜いて、首を真横にゆっくり倒します。耳を肩につけるイメージですが、肩は持ち上がらないように注意してください。更に、首を倒した方の手を頭にかけ、ぐーっと行けるところまでストレッチさせていきましょう。気持ちいいと感じるところで5秒静止し、左右3回ずつ行いましょう。
もし無理がないようならば、手を添えて側屈させるようにしましょう

(4)首の回旋%e5%9b%9e%e6%97%8b
いわゆる首回しの体操です。右回し、左回し、それぞれ3回ずつ、首まわりの緊張がほぐれることをイメージしながら、ゆっくりと行います。身体ごと回旋せずに、首だけを回すように、身体の軸を意識し、上から引っ張られているような感覚で、可動域マックスまで回していきましょう。首を回旋すると、胸鎖乳突筋がストレッチされます。
身体の軸を意識して首を回旋させます。

これらのストレッチを行うと、首がバリバリと音を立ちませんか?それだけ首を動かしていない、固まった状態であるということです。首を動かして適度な湾曲に戻すような動きをとらなければ、ストレートネックの原因になります。
普段首を動かす習慣はあまりないかもしれませんが、張っている筋肉をほぐせば、間違いなく可動域は広がります。そうすることで、ストレートネックは予防可能ですし、改善にもつながります。
kafun_sukkiriストレートネックの予防策として、首の前屈、後屈、回旋は日常的に行っていきましょう。仕事の合間に行えば、頭がすっきりして、仕事もはかどるでしょう。
首の前屈、後屈、側屈、回旋ストレッチは、肩こりにも良いと思います。ぜひ、少しずつから始めてみてください。

 

いかがでしたでしょうか?

自宅で少し首を動かすだけでも効果が期待できます。

また、ほんだ整骨院ではこの他にも肩や胸のストレッチを教え複数のストレッチを組み合わせるとより効果的なケアができるように患者様に指導させていただいております。

ぜひご来院ください!!

では本日も元気に診療開始です!!

 

 

ストレートネックの原因と症状

おはようございます!藤本です。
今回のFブログのテーマは【ストレートネックの原因と症状】についてです!!

まず何故現代人sick_straight_neckにストレートネックが多いのかという疑問がある方も多い事と思います。
スマートフォンやノートパソコンを見る姿勢は、どうしても下を向いてしまいますよね。大人の頭の重さ約5キロを支えるために、下を向けば向くほど、首に負担がかかります。普段から重たい首を下げた状態を続けていると、本来ゆるやかに湾曲していた首がぐっと伸びきってしまいます。そして姿勢が悪いまま筋肉が固まってしまい、徐々にストレートネックに近づいていくというわけです。
もともと首回りの筋力が弱い方は、筋肉で頭を支えられず、首が下がりやすいので、女性はストレートネックになりやすい傾向があります。
では、ストレートネックになると、どんな弊害があるのでしょうか?

1.肩こり・頭痛
medical_katakori_ojisanvirus_zutsuu

ストレートネックになると、首回りの筋肉が常に引っ張られ、緊張した状態になっているため、肩こりや頭痛、吐き気の原因になることもあります。

2.パフォーマンス低下
business_senryaku_sakuryaku_man首の異常は、身体の表面だけでなく、精神的な面にも影響します。首がつまると頭に酸素や栄養を送りにくくなり、仕事のパフォーマンス低下にもつながるでしょう。

3.ストレスの原因にも。
stress_woman更には首が前に出て下を向いていると、気持ちが沈みがちになってストレスがたまり、身体全体に悪影響を及ぼしてしまいます。

4.しびれや感覚障害
sick_te_shibireまた、身体の中心にある脊柱の横には神経が通っていますから、そこに何らかの異常があれば、神経症状が現れます。首の場合は、手のしびれなどの感覚麻痺に陥ることもあり、ストレートネックは放っておくととても深刻な症状になることもあります。
単にストレートネックだと甘く見てはいけません。

軽視せずしっかりと治療していきましょう。

massage_soft

次回のFブログは【ストレートネックの予防と改善】についてお書きします。
自宅でできる簡単なストレートネック予防ストレッチもご紹介しますよ(#^^#)

お楽しみに!!では本日も元気に頑張りましょう( `ー´)ノ

あしうら

こんにちは。
荻窪、ほんだ整骨院山内です。
最近、足裏の痛みを訴える方が多くなっていますので、今回は足裏の症状を紹介したいと思います。
 koyubi_butsukeru
☆かかと付近の痛み
〇足底筋膜炎%e8%b6%b3%e5%ba%95%e7%ad%8b%e8%86%9c%e7%82%8e
足裏にある足部の縦アーチを維持させる筋肉でかかとから各指の方へ広がっていく筋肉の炎症です。
内側から土踏まずのあたりで痛むことが多く、ひどくなると骨棘(骨のささくれ)を形成し、有痛性踵骨棘と呼ばれることもあります。
体重が足部にかかることで縦アーチが潰れ、足底筋膜の骨に付着する部分で炎症を起こします。
☆土踏まずの痛み
〇足底線維腫症
足底筋膜炎と似たような症状ですが、土踏まずのあたりに腫瘤が触れます。
☆足裏の前部分(指の付け根あたり)
〇種子骨炎%e7%a8%ae%e5%ad%90%e9%aa%a8
親指の付け根(母趾球)の下にある種子骨に過剰に負荷がかかりすぎたときに起きます。
〇中足骨骨頭部痛
足部の横アーチが消失している方(開帳足)に多くみられます。人差し指・中指の付け根部分に多く、歩行時に反復して荷重がかかり発症します。
〇モートン病
開帳足などにより中指・薬指の間の神経が圧迫され、痛みやしびれを引き起こします。
〇外反母趾・内反小指
足部の縦アーチ、横アーチの消失などにより母趾・小趾の付け根の関節が変形し、腫れて痛みが出ます。
足部は身体を支える土台であり、運動時には駆動の役割も果たすため、大きな負荷がかかっています。足部の疾患は身体全体のバランスにも大きく影響します。テーピングや装具などでも症状は軽減しますので、ご相談ください。

正しい姿勢がもたらす効果

おはようございます(^^♪藤本です。

今回のFブログのテーマは【正しい姿勢がもたらす5つの効果】です!!

一日中パソコンに向かって仕事をしたり、smartphone
暇さえあればスマートフォンをいじっている。みなさんの周りにもそんな人居ませんか?そんな人達に共通して言えるのは姿勢が悪いこと。しかも、自覚症状のない人が多く。指摘をされて初めて自覚する方が多いです。。
みなさんは、ふと、鏡に映った自分の姿をみてあまりの姿勢の悪さにびっくりしたことはありませんか?
姿勢が悪いとせっかくの美人も台無し、スタイルも悪く見える、腰や首に痛みが出るなどデメリットがたくさんあります。
逆に、姿勢がいいだけで予想もしていなかったようないいことが起こります。
そこで今回は“今すぐ姿勢を正したほうがいい理由”5つをご紹介します。

■1:代謝が上がって痩せやすくなる

shibou_nensyou姿勢を良くし、筋肉の緊張をとることで全身の筋肉が効率良く使われるようになり、代謝が上がるので痩せやすくなります。
また、背筋がすっと伸ばされることで胃腸の働きがよくなり便秘解消にもなります。便秘が解消されればポッコリお腹も気にならなくなります。

■2:腰痛がなくなる

kansetsutsuu_koshi座ってパソコンに向かう時間が長ければ長いほど、腰に負担をかけてしまいます。前かがみの姿勢は負担が大きいのです。
姿勢良く、まっすぐ座るように心がけるだけで痛みは和らぐでしょう。
慣れないうちは違和感を覚えるかもしれませんが、丹田にぐっと力を入れることでインナーマッスルも鍛えられて、お腹痩せにもつながります。

■3:内臓が元気になるbody_naizou

いい姿勢でいると、気道がまっすぐに伸びて深い呼吸ができるようになり、より多くの酸素を体内に取り込むことができるようになります。
そうすると、血液は体の隅々にまで酸素を運び、栄養を届けることができるので、内臓が本来の機能を取り戻し活発に機能するのです。
不調を訴える人のなかには意外と呼吸の浅い人が多いので、心当たりのある人は姿勢を改善したほうがいいですね。

■4:ストレスに強くなる

stress_womanストレスの要因は必ずしも姿勢の悪さだけではありません。
しかしある研究では、姿勢がいい人の方がストレスがかかった状態でも自己肯定感がキープでき、ネガティブな感情を減らしてポジティブな気持ちを増やしたという研究結果も報告されています。
正しい姿勢は、ストレスに対する精神的なしなやかさを作り出してくれる効果も期待できます。

■5:生産性アップ

business_senryaku_sakuryaku_man姿勢がいいと、集中力が高まり頭も冴えて仕事がはかどります。
それもそのはず、猫背で仕事をしているときは呼吸が浅くなるので身体中に十分な酸素が行き渡りませんが、前述のように、姿勢がいいだけで呼吸がきちんとでき、ストレスにも打たれ強くなるので、必然的に生産性が上がります!
生産性が上がれば上司の評価も上がり、デキる部下という印象を与えることができますよ。
以上のような効果が姿勢を良くするだけで期待できるのです
たかが姿勢、されど姿勢です。
みなさんも一度ご自身の姿勢を気にして生活してみてください。
では、次回Fブログもお楽しみに!!
今日も元気に頑張りましょう(#^^#)

デスクワークによる腰痛の予防

おはようございます!藤本です。
本日のFブログは前回の続きで【デスクワークによる腰痛(予防・改善編)】です!!

1.腰痛を予防するには?

デスクワークを続けて行く以上、腰痛は避けては通れない問題なのかもしれませんが、自分が気をつけることである程度予防することもできます。ここでは、デスクワークによる腰痛の予防法について紹介したいと思います。

正しい座り方を意識する

まずは正しsuwaru_shisei_goodい姿勢で座ることです。浅く座って背もたれにもたれかかったり、前かがみになったり、背中が丸まったりしていては腰痛の原因となってしまいます。正しい座り方は足を左右地面につけて、背中をしっかりのばし、椅子に深く座って背中をつける程度に背もたれを使うことです。
毎日のデスクワークの中で、正しい姿勢を続けるのはついつい忘れがちになってしまうのですが、意識をするだけでも変わってきます。私はパソコンに付箋に「姿勢」と書いたものを貼り付けています。それが目に入るたびに姿勢を正すように意識しています。

足を組まないようにする

足を組むことによって、骨盤に大きな負担がかかったり、むくみが起きて腰痛に繋がることがあります。骨盤に負担がくるということは、骨盤がゆがんでしまうおそれもあります。骨盤がゆがんだら、腰痛だけでなく太りやすくなってしまう原因にもなります。足を組むと楽だと感じる人も多く、クセにもなっている人も多いのですが、体重が片方にかかっていては負担になるのでしっかりと両足を地面につけて、体重を両足で支えるようにしてください。

適度に休息をとるようにするkanba_kyuukeichuu

1日何時間もしなければいけない仕事ですが、自分で適度に休憩を入れるのも大切です。一度立って腰をねじったりするストレッチなどを取り入れましょう。また、デスクワークは肩こりも非常に起こりやすいといわれています。ストレッチをすることで、腰痛とともに肩こりも改善できるかもしれません。

積極的に運動するようにするsport_walking_woman

普段の生活から積極的に運動を取り入れるようにしましょう。現代人はパソコンやスマートフォンの発達によりますます運動をしなくなってきています。運動をしていれば、体の筋肉の柔軟性にもつながり、デスクワークをしていても腰痛になりにくくなります。
腰周りの筋肉を鍛えて、かたまりにくいようにしたり、腹筋を鍛えてしっかりと上半身の体重を支えられるようにしておくだけでずいぶんと改善されると思います。
いかがでしたでしょうか。
極論をいうと、、、
【腰痛の改善=意識の改善】
だと思います。
腰痛になったということはその原因が必ずあります。
整骨院で治療を受けている時間より圧倒的に私生活の時間が長いので如何にその私生活の中で意識を変えて腰に負担がかからないようにするかが非常に大切です!!
では今日も元気に頑張りましょう!!

11月祝日休診のお知らせ

こんにちは、荻窪ほんだ整骨院の山内です。karaoke_nessyou
いよいよ11月に入り、今年も残り2か月になりました。
今月の休診のお知らせです。

11/3(木)文化の日
11/23(水)勤労感謝の日

2日間は休診させていただきますのでよろしくお願いします。
また、日曜日は休診しますが、土曜日は13時まで通常診療しております。
朝晩の気温差も大きいので、体温管理にご注意くださいね。ブログも少しづつ更新していきますのでまたのぞきに来てくださいね。rakugo_meguronosanma