寒さに備えて。

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。
今日は暖かい陽気ですが、来週は大寒波がくるそうです。
今年はラニーニャ現象と呼ばれるものがペルー沖の太平洋で起こっているらしく、厳冬になると予想されています。
寒いとどうしても外出の際に何枚も重ね着をしてしまいがちですが、あまりに厚着しすぎると動きづらくなってしまいますよね。
寒さ対策のポイントは『自分の体温を逃がさないこと』です。
人の体温は主に筋肉でエネルギーを熱に変えています。その熱を身体の各所に送るのが血液です。血液は栄養や酸素だけでなく、体温も運搬する役割もあります。
基本的に太い動脈・静脈は身体の深部を通っています。ただし各関節部分や首は比較的皮膚に近いところを通るために外気温の影響を受けやすいといわれています。ですから、手首・足首・首(もちろん肘や膝も)を保温することがポイントになります。また、毛細血管は体熱を放散させるので、毛細血管が多く分布する身体の末端も保温しておくといいですね。
帽子・マフラー・手袋・レッグウォーマーなどのアイテムでお洒落に保温することで寒い冬の外出も楽しくしましょう。