お腹を温めよう!お腹その2

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

インフルエンザウィルスがずいぶんと流行していますね。気候の乾燥も多いに影響しているようです。
外出の際に体温の低下は免疫力の低下につながりますので、身体を保温して自衛しておきたいですね。

前回の『お腹を温める!』続きです。

まずは「腹巻き」!

最近はおしゃれなものや自分の放散する熱を使って温めてくれるグッズもたくさんあります。いろいろ利用してみたいですね。

「カイロ」

単純に熱源を懐に入れることで温めます。あまり身体に密着させすぎると低温やけどを起こす方もいるので気を付けてくださいね。

「運動」「入浴」
筋量を増やすことで産生する熱量を上げたり、入浴で身体の芯から温まるのも有効です。

「陽性食品」
体を温める働きがある陽性食品といわれるものを積極的に食べましょう。

陽性食品とは…ゴボウやニンジンなどの根菜類や明るい暖色系(カニや卵・小豆など)の食べ物、黒っぽい食べ物など

結構、身近にできる「お腹温め術」。みなさんも試してみて、もう少し寒い冬を乗り切って下さいね。