テイクケアオブ ユアオナカ! お腹その1

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

もうすぐ1月も終わり、2月に入りますね。今がいちばん寒い時期ではないでしょうか。

この時期、積極的に温めてほしい場所があります。以前の記事で首まわり・手首・足首を温めましょうと書いたのですが、今回は『お腹』です。

今の時期、お腹を温めるととてもいいことがあります。

お腹の中には腸があります。腹部を保温することで腸の動きを活発にすることができます。消化・吸収や腸の運動にはエネルギーを使いますのでそこで熱が産生されるし、基礎代謝も上がりやすくなります。

内臓の保温には大量の血液が必要です。お腹が冷えてしまうとその分の血流が手足の先まで回らず、冷え性につながります。お腹を温めることで冷え性を予防しましょう。

体温を保つことは免疫機能も向上させます。
さらにお腹の後ろ側は「腰」ですね。腰部の筋肉が硬くなることで腰痛を引き起こします。腰回りの保温もしっかりしておきたいですね。

 

お腹の温め方のお話は次回に続きます。