「肘の痛み」タグアーカイブ

手の痺れをきたす疾患3


おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【手の痺れをきたす疾患3】として[手根管症候群]についてお話します。手根管症候群は前回お話させていただいた肘部管症候群と似た疾患ですが、原因となる神経や痛み、痺れの出る部位が異なります。

まず手根管症候群では[正中神経]という神経が原因で起こる疾患でその原因も様々で職業あるいは日常生活における手の過度な使用、手関節骨折・脱臼・変形の後遺症、腫瘍、腱鞘炎、透析、全身性疾患(糖尿病・慢性関節リウマチなど)、神経・筋の奇形などが知られています。しかし原因が特定できないような突発例も存在します。

主な症状は初期には知覚神経の障害として母指・示指(人さし指)・中指および薬指の母指側にしびれ感が出現します。さらに神経の圧迫が継続すると、運動神経の障害としての母指球筋(手のひらの母指側にある膨らみ)の萎縮がおこり、摘み動作などが障害されます。こうなると、手のひらは変形して猿の手のように扁平してくるので、猿手(さるて)とよばれています。

治療は、症状が比較的軽度であれば、まず保存療法を行います。消炎鎮痛剤の内服、理学療法、装具等による局所の安静、局所への副腎皮質ホルモン剤注入などです。特発例や手の過度な使用が原因と考えられる症例では保存療法で治癒する場合も少なくはありません。少しでも気になることがあればお気軽にご相談ください!!

本日も元気に診療開始いたします!!

手や腕に痺れをきたす疾患2

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【手の痺れをきたす疾患2】として[肘部管症候群]についてお話します。

まず肘部管とは肘の内側にある[尺骨神経]が通るトンネルで肘部管症候群はその肘部管に慢性的な圧迫や靱帯の肥大、ガングリオンが形成されることで痺れや痛みを引き起こします。
尺骨神経は主に手の小指と薬指の感覚を支配しているため、小指や薬指のしびれや症状がひどくなると小指側の筋肉が弱り真っ直ぐに伸ばせなくなる鷲手変形という特徴的な症状が見られます。

治療法は軽度のものなら安静や筋緊張を和らげる物理療法などの保存療法でも十分に完治しますが症状の進行が進んでいたり、関節や骨に過度の変形などがある場合は手術を行うこともあります。少しでも痛みやしびれがある場合はお早めにご相談ください。

 

 

次回のFブログは[手根管症候群]についてお話させていただきます( `ー´)ノ

テーピングの役割

oishi_kuranosukeこんにちは、荻窪教会通りのほんだ整骨院・山内です。
今回はテーピングについて少々書きたいと思います。
テーピングはそれぞれの目的に合った使い方をすることで日常生活、スポーツの現場において非常に効果的です。
テーピングはケガをした部位の動きを制限したり、保護したりすることで患部を守る、また不安のある部位やケガのしやすい部位を補強することで予防する目的などで使用されます。ケガをした際の応急処置やスポーツをする際にパフォーマンスを向上させる目的でも使われます。medical_taping_foot
①関節可動域の制限
応急処置・使いすぎ・関節周囲のケガなどに関節の可動域を固定させたり限定させたりすることで損傷部位を保護します。
②障害部位の補強
応急処置・肉離れなどで筋肉の伸張を制限させたり、筋肉の走行に沿って貼ることもあります。
③心理的安心
患部に対する不安や恐怖を除くために使用されることもあります。
④痛みの抑制
可動域を制限したり、損傷部位を補強することで動かした際の痛みを軽減させます。
hospital_taping
テーピングはうまく使えば、日常での生活やスポーツの場面で活躍してくれます。ただし、過信は禁物です。テーピングを貼ることでスポーツや作業ができたり、痛みが軽減されても、損傷の回復には時間がかかります。
テーピングはケガの状態や部位、その目的、作業(スポーツ)の特性などによっていろいろな貼り方がありますが、誤った貼り方をすると逆効果になったり、新しく負傷が増えてしまったりすることがあるので注意が必要です。
〇筋肉・腱の不必要な圧迫
〇血流障害
〇神経圧迫
〇皮膚の損傷      など
テーピングの種類も豊富にあり、目的に合った種類を選ぶこと、そして適切な巻き方を行うことでこのようなトラブルを防ぐことができます。ほんだ整骨院でもいろいろな相談を受け付けておりますので、いつでもご相談くださいね。
kaisya_tape_cut

肘の疾患

おはようございます!荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【肘の疾患l_117についてです。
一言で肘の痛みと言っても様々な疾患があり疾患により治療法も変わってきますので私ども治療家はもちろん患者様ご自身も自分がどのような疾患でどのような症状が起きているのか知る必要があります。
本日は数ある肘疾患の中から変形性肘関節症腕骨外側上顆炎(テニス肘)野球肘肘部管症候群の4つについてお話させていただきます。

    1.変形性肘関節症

通常の肘関節は、肘部kansetsutsuu_hijiの軟骨が関節面を覆っていて、肘にかかる衝撃を和らげています。
変形性肘関節症では、軟骨が摩耗し、骨が関節面に露出しています。
内側部では、骨棘=過剰な骨の突起が出現します。
骨棘とは、関節面の軟骨が硬化、骨化して棘のようになったもので、関節面周辺にできる変形性関節症の特徴的な所見の1つです。
レントゲン診断で骨棘がハッキリ認められるときは、変形性肘関節症が確定診断されています。
骨棘は、棘状に出っ張っており、肘関節の動きを制限し、さらに進行すると、骨棘が欠片となり、関節内の遊離体となって、ときに引っかかり、ロッキングの原因となっています。

  2.上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

手首や前腕の筋肉を繰り返sport_tennis_setし使う作業、日常生活動作、スポーツ、長時間のパソコンなどが原因となります。これは、手首を持ち上げたり指を伸ばしたりする筋肉が肘の外側部にあるため、繰り返しの過度の負担に加齢などの変化が加わることで、傷つき炎症をおこして痛みが発症します。物を持ち上げたり、タオルを絞ったりと手首を使う動作で肘の外側に痛みが出たり、肘の外側を押さえると痛みもあります。
安静時には強く痛みませんが、人によっては重い感じや鈍痛を感じることもあります。時に手首を内側に捻るような動作だけでも痛みが出る場合があります。

  3.上腕骨内側上顆炎(野球肘)

野球肘とは正確にsports_baseball_yakyuuhijiは上腕骨内側上顆炎と言い、手首を曲げたり捻ったりするときに使う筋肉や腱に炎症が起きて痛みがある状態のことです。ボールを投げるときの投球フォームが悪いと起こりやすく、リリースの際に肘の内側が痛みます。
悪い投球フォームの特徴は、リリース時に体が(肩が)開いていることが多いです。こうなると肘が頭から離れた遠い軌道を描くので、肘に負担がかかってしまいます。
さらにウォーミングアップやダウンが不十分であれば、余計に発症しやすくなります。人によって持って生まれた筋肉や腱の強さも違うので、悪い投球フォームの人すべてが野球肘になるとは一概に言えませんが、なりやすくなるのは間違いありません。

    4.肘部管症候群

「肘部管症候群sick_te_shibire」とは、小指と薬指の感覚や指の曲げ伸ばしなどの手指の筋肉をつかさどる、
尺骨神経が肘の内側の肘部管というトンネル内で圧迫や引き延ばしなどの刺激を受けて引き起こされる「神経麻痺」の事を言います。症状としては、「手の小指・薬指側の外側を中心にしびれや痛みを伴う」、「小指や薬指が曲がったまま伸ばせなくなる」などがあります。原因としては変形性肘関節症に合併しておこることが多くひどい場合は手術になるケースもあります。

今回は上記の4つについてお話させていただきましたがこの他にも肘の痛みには様々な疾患があります。

ほんだ整骨院は患者様の疾患や症状をしっかりと把握し患者さま一人一人に合った治療計画を組み症状の改善を目指していきます。
痛みやお身体の事でお悩みがありましたら我慢せずお気軽にご相談ください。
では次回Fブログもお楽しみに!!

本日も元気に診療開始です!!