「痺れ」タグアーカイブ

斜角筋gun(しゃかくきんぐん)


こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

まだ日によって気温差がありますが、暖かい日も増えてきましたね。わが家のメダカたちもすっかり食欲旺盛で、卵をもち始めた子もいます。

さて、今回は筋肉シリーズいってみましょう。
本日の筋肉は『斜角筋群』

よく言われる斜角筋とは前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋という3つの筋肉を合わせて呼んでいます。
この斜角筋たちは首の両サイドにあって、いちばん上2本の肋骨から頚椎の横にある突起それぞれにくっついています。
働きは頚椎を前屈(前に倒す)・側屈(横に倒す)と呼吸するときに補助的に肋骨を上に引き上げることです。

絵は鎖骨についているように見えますが、実際はその下の肋骨についています。

斜角筋のつく第1 肋骨周囲には腕にいく動脈・腕からくる静脈、腕への神経が通っています。第1肋骨のすぐ上には鎖骨があります。

斜角筋が緊張してしまうと前斜角筋と中斜角筋の間を通る神経が絞扼(締めつけられる)されることがあります。さらに斜角筋群が第1肋骨を持ち上げるように働くので第1肋骨ー鎖骨間を通る腕神経叢も絞扼されやすくなります。
これが起こると腕や手の痺れや痛みといった神経症状が起きます。

他にも強く緊張してしまうと顎を突き出したような姿勢になりやすくストレートネックを助長するなど、斜角筋群は首や頭、肩こりなどに大きな影響を与えます。
日頃からストレッチなどでいい状態を保っておきたいですね。

詳しいストレッチの方法やほぐし方については直接ご相談くださいね。

手や腕に痺れをきたす疾患1

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは[手や腕に痺れをきたす疾患]として[手根管症候群][ギヨン管症候群][肘部管症候群]の3つを3回に分けてお話させていただきます。

今回ははじめに手の簡単な解剖と説明から。

まず人間の手というのは非常に繊細な動きができ、個人差は多少ありますが起用に物を摘まんだり、作ったりすることができます。
手や腕は多くの【関節】【筋肉】【神経】により構成され、それにより細かく繊細な動きを可能にしています。

ですが、多くの関節や筋肉があるということはそれに伴い神経を圧迫してしまう可能性も高くなり痛みやしびれといった症状が出やすくなります。

次回からはその痛みやしびれの原因となる【正中神経】【橈骨神経】【尺骨神経】の3つの神経についてお話させていただきます。

むちうち損傷

こんにちは、ほんだ整骨院の山内です。
先日、スポーツをしていて相手と接触して転倒した際に首を傷めた方がいらっしゃいました。
スポーツや交通事故などで不意に強い衝撃を受けると頭の動揺によってむちうち損傷を起こすことがあります。
首には全身に分布する神経が通過する部位なので、周囲に強いダメージをうけると症状は色々なところに現れます。
頸椎周囲の痛み・動きの制限はもちろんですが、手や腕の痺れ・痛み・感覚が鈍くなるといった知覚神経の症状やめまい・頭痛・不眠などの自律神経の症状もみられることがあります。
また、最初は首周りだけの痛みであっても、時間が経ってから身体の各部の症状が現れることもあります。中には歩行障害や筋肉の麻痺などの後遺障害が残ってしまう可能性があるため、まずは安静にして病院で画像診断を受けることも重要です。

ほんだ整骨院ではしっかり問診を行い、必要があれば近くの整形外科への紹介も行っておりますので、安心してご相談くださいね。

下半身の痺れ

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【下半身の痺れ】についてです。
整骨院に来院される患者様の中でも多い症状の1つが【下半身の痺れ】です。
痺れの原因には様々な疾患や神経が関係しています。治療するうえでその関係している疾患や神経を明確にすることが大切で、本日は下肢に痺れを起こす疾患について少しお話したいと思います。

1.下半身に痺れを引き起こす疾患

animal_umaretate_kojika①椎間板ヘルニア
②変形性腰椎症
③腰部脊柱管狭窄症
④坐骨神経痛
⑤外側大腿皮神経症候群
下半身の痺れは上記のような疾患で症状として現れます。
※この他にも様々な疾患で痺れは現れます

2.治療と予防

まず痺れの原因を明確にします。isu_undou_man
どの神経がどこの部分でどのように圧迫を受けているのか?
もちろん手術などの外科的な治療が必要なケースもありますが、手技療法や運動療法の範囲内のケースも多くみられます。少しでも下半身に痺れを感じたらご相談ください。しっかりとした検査と治療計画の元、症状の改善を目指します!!

 

ほんだ整骨院では診療時だけではなく日頃からご自宅で簡単にできるストレッチやトレーニングをご指導いたします。お気軽にご来院ください。では本日も元気に診療開始です!!