「体幹部」タグアーカイブ

斜角筋gun(しゃかくきんぐん)


こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

まだ日によって気温差がありますが、暖かい日も増えてきましたね。わが家のメダカたちもすっかり食欲旺盛で、卵をもち始めた子もいます。

さて、今回は筋肉シリーズいってみましょう。
本日の筋肉は『斜角筋群』

よく言われる斜角筋とは前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋という3つの筋肉を合わせて呼んでいます。
この斜角筋たちは首の両サイドにあって、いちばん上2本の肋骨から頚椎の横にある突起それぞれにくっついています。
働きは頚椎を前屈(前に倒す)・側屈(横に倒す)と呼吸するときに補助的に肋骨を上に引き上げることです。

絵は鎖骨についているように見えますが、実際はその下の肋骨についています。

斜角筋のつく第1 肋骨周囲には腕にいく動脈・腕からくる静脈、腕への神経が通っています。第1肋骨のすぐ上には鎖骨があります。

斜角筋が緊張してしまうと前斜角筋と中斜角筋の間を通る神経が絞扼(締めつけられる)されることがあります。さらに斜角筋群が第1肋骨を持ち上げるように働くので第1肋骨ー鎖骨間を通る腕神経叢も絞扼されやすくなります。
これが起こると腕や手の痺れや痛みといった神経症状が起きます。

他にも強く緊張してしまうと顎を突き出したような姿勢になりやすくストレートネックを助長するなど、斜角筋群は首や頭、肩こりなどに大きな影響を与えます。
日頃からストレッチなどでいい状態を保っておきたいですね。

詳しいストレッチの方法やほぐし方については直接ご相談くださいね。

風が吹いたら・・・・?

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

2月に入り、暖かい日も出てきましたが、北海道や東北では強い寒波も猛威を奮っているようです。一日ごとに気温が上下するのと昼夜でも気温の上下がありますので体温管理には注意してくださいね。

 

今日は比較的気温が上がりましたが、今週末の連休は寒波によって気温がかなり下がる予報がでています。

ところで、今週に入ってからぎっくり腰になる方が急増しています。基本的に寒さによる筋緊張の増加によるものが多いのですが、この季節に多い原因がもうひとつあります。

それは・・・・・・・・・・・

 

しばらく関東地方は乾燥が続いていました。

冬なのでもちろん気温も低下しています。

・・・ってことは?

そうです、風邪!
ぎっくり腰とはあまり関連しないように見えますよね。
「喉が痛い」上気道感染といわれる風邪は多くの場合、咳を伴います。この『咳』が問題を引き起こします。とくに夜間に起こる発作的な咳が腰部に大きなダメージを与えます。ひどい方は肋骨の疲労骨折をするほどです。

冬の間、風邪をひいてしまった方、夜間咳が止まらなかった方は、体力の低下とともに腰部のダメージも蓄積していますので、温めたりほぐしたり…しっかりケアしていてくださいね。

マッチョには欠かせない!

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。


1月も後半に入り、寒さが増したように感じますね。今週末にはセンター試験もあり、受験生の方々は頑張りどころです。

 

さて、今回は筋肉シリーズ第3弾『大胸筋』です。
先日、横綱稀勢の里関が引退されました。左肩のかなり強めのテーピングが貼られていましたね。報道によると大胸筋損傷だそうです。
柔道の井上康生監督も現役時代ケガしていたそうです。

大胸筋は名前の通り、胸部の前面の大きな扇形の筋肉です。プロレスラーのたくましい胸板をイメージしてもらえるとわかりやすいですね。
作用は外に開いた腕を下におろすように力を入れたり、外に開いた腕を身体に抱くような動きが主に使われます。
また、腕相撲で腕を内側に捻るようなときにも使われています。スポーツや肉体労働などでは力強い腕の動きをサポートしてくれます。

鍛えておくとかっこいい筋肉なのでトレーニングする方も多く、強靭な筋肉ですが、負荷をかけすぎるともちろん損傷します。
損傷の多くが筋肉の起始部(鎖骨や胸骨、肋骨など)、付着部(上腕骨外側)で起こるので治りが悪くなることが多いです。特にベンチプレスなどで負荷を大きくしている方は要注意です。ウォーミングアップや負荷を適切にすることでケガを防ぎましょう。

ただし!

背筋群とのバランスも気を付けてください。大胸筋が強すぎると巻き込み肩による姿勢不良を起こすことがあります。

今年も少しずつ筋肉シリーズ・骨シリーズも虫シリーズもアップしていきますのでよろしくお願いします。

首の骨

こんにちは。荻窪教会通りのほんだ整骨院山内です。
いよいよ今週、ワールドカップ開幕ですね。今回はどのチームが優勝するか今から楽しみです。
さて、前回のテーマは『ムカデの足』だったので

今回は『頚椎の数』です。
前回の記事でヒトの頚椎は7つということでしたが、実はほとんどの哺乳類は7つなんです。
キリンもゾウもネズミも7つで、その大きさで首の長さが違うんですね。

でもそこで気になるのが変わり種の動物ですよね。

ミツユビナマケモノという種類はなんと9つあるそうです。それによって首が180°以上も回るそうです。
同じナマケモノでもホフマンナマケモノという種類は6つだったり、アリクイやアルマジロにも6~10個の種類もあるようです。
(アリクイ・ナマケモノ・アルマジロは異節目というそうです。)

そして、ジュゴンとマナティも6つだそうです。

ちなみに鳥類は13~26、両生類は1つ、爬虫類は7~10ということです。頚椎の数を調べるだけでも楽しいですね(笑)

ヒトは頭が重いのと直立歩行するために頚椎を痛めやすい構造になっています。皆様、寝違えやムチ打ちには充分お気をつけください。

我が家のカブトムシは1頭無事に羽化しました!

 

背骨の数⁇

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。
梅雨入りしたかと思えば、夏のような天気が続いていますね。
6月は意外に熱中症や食中毒が多いそうです。皆様お気を付けください。

 

ところで先日、背骨の模型を使って脊椎の説明をしていましたところ、ある疑問を思いつきました。

「脊椎ってムカデに似ている!」
「ムカデの足ってなん本あるんだろう?」
(ほんだ整骨院にある脊椎模型は脊髄からの神経が出ていて、それが脚にみえる)

そこで調べてみました。
オオムカデという種類は21~23対だそうです。種類によっては100対(200本)を超えるものもいるそうです!
ちなみにヤスデ(ムカデを丸く優しくした長いダンゴムシみたいな感じ)は30~40対が多いそうです。ダンゴムシは7対(14本)だそうです。

ちなみにヒトの脊椎の数は頚椎7つ、胸椎12個、腰椎5つで24個の骨からなっていて、各骨から1対ずつの神経がでています!

↑なんとなく似てるでしょ?

注:アルマジロの足は4本です。

気温もだいぶ上がってきていますがこの季節は夜間下がることもありますので体調にご注意くださいね。

足の痛みと身体のゆがみ!

こんにちは。杉並区天沼のほんだ整骨院、山内です。
最近勢いを増しているFブログに負けないように更新頑張りたいと思います。
外反母趾、内反小趾、種子骨障害、モートン病、中足骨頭痛、アキレス腱炎(周囲炎)、足底筋膜炎(有痛性踵骨棘)、中足骨疲労骨折など足部(足首からつま先)の疾患で悩む方は多いですね。
今日はその原因について考えてみたいと思います。

本来は足の縦アーチ(土踏まずの高さ)と横アーチ(母趾から小趾にかけてのアーチ)による衝撃の吸収と力の伝達によって効率よく二足歩行しています。しかし、捻挫の繰り返しや荷重や年齢による変形により、足根骨同士の連結が崩れるとさまざまな痛みや障害を生じます。
『足』部分(足首からつま先までの部分)に痛みや障害が出ることによって、体重のかかり方、歩行時の足の衝撃などが足首・膝・股関節・腰・背骨・首へと伝わることで各部の痛みや歪みを生じ、さらに周囲の筋肉や関節に波及していきます。
つまり、足部の変形や障害によって足根骨の正しい配列が崩れたまま歩行することで脚部や骨盤が歪んでいき、それが脊椎、頭蓋骨へと伝播して、身体の各所の症状を引き起こすのです。
なかなか治らない腰痛や首の痛みも患部だけを治療するのではなく、全体をみていくことで原因をみつけて対策していくことが大切ですね。

腹筋の役割

こんにちは!
荻窪教会通りほんだ整骨院の最近油断してお腹がたるんできた山内です。
今回は『腹筋の役割』についてです。
〝腹筋″といっても腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋とあり、体幹部の前側から側腹部を覆っています。
運動の役割脊椎に起始または停止する筋肉、胸郭と骨盤をつなぐ筋肉とで身体を屈曲させたり、ひねったり、使われる筋肉の組み合わせによって体幹の動きにバリエーションを与えます。腹筋によって下半身と上半身の動きを連動させることができます。
そして、腹筋の役割はそれだけではなく、他にも様々な働きをになっています。例えば、呼吸を手伝ったり、腹部臓器を物理的に保護したり、内臓が前方に出るのを防いだり…。
大事な役割がもう一つ。
「腹圧を高める」
腹筋と背骨前後で体幹部を支えることで腰部の筋や骨の負担を減らしたり、外部から強い外力を受けたときに腹圧を高めることによって身体の衝撃を跳ね返したりします。

他にも姿勢や体型の維持など色々な役割があるので興味のある方やもっと知りたい方はご相談くださいね。

テーピングの役割

oishi_kuranosukeこんにちは、荻窪教会通りのほんだ整骨院・山内です。
今回はテーピングについて少々書きたいと思います。
テーピングはそれぞれの目的に合った使い方をすることで日常生活、スポーツの現場において非常に効果的です。
テーピングはケガをした部位の動きを制限したり、保護したりすることで患部を守る、また不安のある部位やケガのしやすい部位を補強することで予防する目的などで使用されます。ケガをした際の応急処置やスポーツをする際にパフォーマンスを向上させる目的でも使われます。medical_taping_foot
①関節可動域の制限
応急処置・使いすぎ・関節周囲のケガなどに関節の可動域を固定させたり限定させたりすることで損傷部位を保護します。
②障害部位の補強
応急処置・肉離れなどで筋肉の伸張を制限させたり、筋肉の走行に沿って貼ることもあります。
③心理的安心
患部に対する不安や恐怖を除くために使用されることもあります。
④痛みの抑制
可動域を制限したり、損傷部位を補強することで動かした際の痛みを軽減させます。
hospital_taping
テーピングはうまく使えば、日常での生活やスポーツの場面で活躍してくれます。ただし、過信は禁物です。テーピングを貼ることでスポーツや作業ができたり、痛みが軽減されても、損傷の回復には時間がかかります。
テーピングはケガの状態や部位、その目的、作業(スポーツ)の特性などによっていろいろな貼り方がありますが、誤った貼り方をすると逆効果になったり、新しく負傷が増えてしまったりすることがあるので注意が必要です。
〇筋肉・腱の不必要な圧迫
〇血流障害
〇神経圧迫
〇皮膚の損傷      など
テーピングの種類も豊富にあり、目的に合った種類を選ぶこと、そして適切な巻き方を行うことでこのようなトラブルを防ぐことができます。ほんだ整骨院でもいろいろな相談を受け付けておりますので、いつでもご相談くださいね。
kaisya_tape_cut

デスクワークによる腰痛の予防

おはようございます!藤本です。
本日のFブログは前回の続きで【デスクワークによる腰痛(予防・改善編)】です!!

1.腰痛を予防するには?

デスクワークを続けて行く以上、腰痛は避けては通れない問題なのかもしれませんが、自分が気をつけることである程度予防することもできます。ここでは、デスクワークによる腰痛の予防法について紹介したいと思います。

正しい座り方を意識する

まずは正しsuwaru_shisei_goodい姿勢で座ることです。浅く座って背もたれにもたれかかったり、前かがみになったり、背中が丸まったりしていては腰痛の原因となってしまいます。正しい座り方は足を左右地面につけて、背中をしっかりのばし、椅子に深く座って背中をつける程度に背もたれを使うことです。
毎日のデスクワークの中で、正しい姿勢を続けるのはついつい忘れがちになってしまうのですが、意識をするだけでも変わってきます。私はパソコンに付箋に「姿勢」と書いたものを貼り付けています。それが目に入るたびに姿勢を正すように意識しています。

足を組まないようにする

足を組むことによって、骨盤に大きな負担がかかったり、むくみが起きて腰痛に繋がることがあります。骨盤に負担がくるということは、骨盤がゆがんでしまうおそれもあります。骨盤がゆがんだら、腰痛だけでなく太りやすくなってしまう原因にもなります。足を組むと楽だと感じる人も多く、クセにもなっている人も多いのですが、体重が片方にかかっていては負担になるのでしっかりと両足を地面につけて、体重を両足で支えるようにしてください。

適度に休息をとるようにするkanba_kyuukeichuu

1日何時間もしなければいけない仕事ですが、自分で適度に休憩を入れるのも大切です。一度立って腰をねじったりするストレッチなどを取り入れましょう。また、デスクワークは肩こりも非常に起こりやすいといわれています。ストレッチをすることで、腰痛とともに肩こりも改善できるかもしれません。

積極的に運動するようにするsport_walking_woman

普段の生活から積極的に運動を取り入れるようにしましょう。現代人はパソコンやスマートフォンの発達によりますます運動をしなくなってきています。運動をしていれば、体の筋肉の柔軟性にもつながり、デスクワークをしていても腰痛になりにくくなります。
腰周りの筋肉を鍛えて、かたまりにくいようにしたり、腹筋を鍛えてしっかりと上半身の体重を支えられるようにしておくだけでずいぶんと改善されると思います。
いかがでしたでしょうか。
極論をいうと、、、
【腰痛の改善=意識の改善】
だと思います。
腰痛になったということはその原因が必ずあります。
整骨院で治療を受けている時間より圧倒的に私生活の時間が長いので如何にその私生活の中で意識を変えて腰に負担がかからないようにするかが非常に大切です!!
では今日も元気に頑張りましょう!!

デスクワークによる腰痛の原因

みなさん初めまして!!
本日のブログ担当は10月より、ほんだ整骨院で勤務しております。藤本です。
初めに少し自己紹介させてください!!
藤本佳吾(ふじもと けいご)
徳島県出身
生年月日 平成1年4月10日生まれ (27歳)
好きな食べ物 オムライス
好きな芸能人 新垣結衣
ほんだ整骨院では1番の若輩者ですが元気に笑顔で頑張りますのでみなさんよろしくお願いします!!

そんな僕のブログ、通称『Fブログ』(山内先生命名)
初回のテーマは現代病の代表格【デスクワークによる腰痛(原因編)】です!!まず今回は原因についてお話させていただきます。
1.デスクワークからくる腰痛とは
kansetsutsuu_koshiデスクワークを続けていると腰痛が起こることがありませんか?
1度なるとなかなか治りにくく、意外と辛い思いをしますよね。立ち仕事も足がきつそうと思いますが、デスクワークからくる腰痛もかなりきついものですよね。
2.どうしてデスクワークで腰痛になるのcomputer_businessman
デスクワークは座っている仕事なので、立っているより見た目は楽そうに感じるのですが、意外と体に負担がかかっています。座っていることで腰も圧迫されています。しかし、楽な姿勢もとりやすいように感じるのですが、なぜ腰痛になるのでしょうか。その原因について紹介したいと思います。
・同じ姿勢を続けると筋肉が硬くなる
デスクワークの場合、立ち仕事のように歩いたり動いたりすることがほとんどないため、同じ姿勢で何時間も仕事を続けることになります。同じ姿勢をずっと続けていることが原因で腰まわりの筋肉が硬くなり腰痛が起こります。
腰痛がひどくなると病院での治療に行くようになると思いますが、デスクワークでの腰痛は労災が適用されない場合がほとんどです。災害時や重い荷物を運びすぎているような仕事の場合は認められることが多いようなのですが、デスクワークは証明するのが難しく認定されにくいようです。
  ・眼精疲労から腰痛に繋がる
最近ではパソコンを使ったデスクワークが多くなってきていることが原因で、目が疲れてきます。目の疲れによって腰痛いと感じるようになる場合もあるようです。私も長時間パソコンをやっていると目が疲れて体全体が重たくなって、ついには腰痛になったことがあります。
また、腰痛だけでなく目が一瞬見えにくくなったりするときもありますので、目が疲れたと感じたときは少し休憩を上手にとりながら作業する必要がありますね。
computer_tsukare
・体の血行が悪くなることが原因
デスクワークのように長時間同じ姿勢を続けていると腰の周りの筋肉がかたまりやすくなり、血行不良になることも考えられます。ずっと座っているとだんだん腰に違和感を感じてきて座っているのもきつくなるときがありませんか?
デスクワークをするときの姿勢を改善したり、その場でできるような軽いストレッチを取り入れたりして対策をとる必要があります。正しい姿勢でいることは、お腹周りのダイエットにもいいので一石二鳥になりますね!
・空調で体が冷えることでも起きるhiesyou_woman
社内の空調で体が冷えて筋肉がかたまってしまい、血行が悪くなって腰痛となる原因もあるようです。暑い夏の日でも空調が効きすぎている場所に長時間いると、寒くなってきますね。だからといって勝手に室温を買えることもできないので、ひざ掛けなどを持参するといいと思います。

 このようなことが原因になります。

 今回のFブログは腰痛になる原因ついてお話させていただきました。次回Fブログではその改善方法と予防について書いていきたいと思います!!