「不全骨折」タグアーカイブ

過ぎたるは・・・・?

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。
12月も半ばになり、気温もだいぶ冷え込んできましたね。
今回は『疲労骨折』についてのお話です。
疲労骨折とは同じ個所に繰り返し外力が加わることによる骨損傷です。通常の骨折と違い明らかなレントゲン上の骨折線がみられないことも多く、軽視されがちです。
主に下半身の骨に多いのですが、肋骨や尺骨など上半身で起こる場合もあります。
仕事や家事・スポーツなどで繰り返し同じ動きをすることで骨の負担のかかりやすい場所で損傷することが多いです。
原因としてはオーバーワークによるものが多いですが、栄養の偏りやホルモンの影響などで骨が脆くなっているために発生することもあります。
治療は基本的に患部の安静を保つことです。疲労骨折はダメージの蓄積による損傷なので、しっかりと固定をすることで治りやすいといえますが、部位によっては長期にわたる固定や手術による固定が必要になることもあります。
スポーツや仕事でももちろん、日常の家事労働などでも起きることがあるケガですが、放置すると変形や難治になる可能性もあるので、きちんと医療機関で相談してくださいね。
運動時に痛みが出たときは、運動強度や姿勢、環境などを見直す機会です。きちんと原因を考えて、できることから改善していきましょう。

小児の骨折

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【小児の骨折】についてです。

1.小児骨折の特徴

小児の骨は成長段階のため完全ではなく大人に比べ【やわらかい】という特徴があります。そのため小児骨折では【ボキッ!!】と完全に折れるのではなく【グニャッ】と完全に折れない[不全骨折]となることが多いという特徴があります。
また小児では自然治癒力が高く骨癒合が速いというメリットもあり自家強制能力が高いため多少の転位が見られても成長とともに真っ直ぐになることが多いのです。

2.注意点

小児の骨折で注意する点は【成長障害】と【過成長】の2つです。
成長障害は小児の骨折の中でも骨端骨折の場合に注意が必要です。小児の骨の骨端部には成長に必要な骨端軟骨という軟骨が存在します。骨折の際に骨折線が骨端軟骨まで及ぶとその後の成長に大きな障害が起こることがあるため注意する必要があります。
過成長とは逆に骨折した骨が長くなってしまい左右非対称となってしまうもので主に骨幹部骨折の際に注意が必要とされています。

小児骨折の場合、まだ意思表示をうまくできないため見逃されやすく【抱っこをすると泣く】や【腕を使わない】などの行動や表現にしっかり目を向けることが大切です。では本日も元気に診療開始です!!