「下肢」タグアーカイブ

足根管症候群。足の裏側の痺れや痛み。

こんにちは。ほんだ整骨院、山内です。

1月も終わりが近づいてきました。
2月に入ってくるとやってくるのがスギ花粉。

花粉症の方は憂鬱になりますよね。
花粉症はアレルギー反応なので、できるだけ体内に入れないようにすることが大切です。

花粉が払い落としやすいスベスベしたコートを着るとか、帽子で髪の毛につかないようにするとか・・・でしょうか。

体調をしっかり整えて、免疫機能を保っておくことも必要です。
花粉に免疫機能を使っているうちに、風邪やウイルスにかかってしまうこともあるからです。

前置きが長くなりましたが、

今回は

『足根管症候群。足の裏側の痺れや痛み。』

です。

足根管症候群とは?

足の内くるぶしの下に足根管というスペースがあります。
そこを足の裏側に行く神経、動脈、静脈が走行しています。

そこに何らかの圧力がかかり、神経が圧迫・絞扼されてしまうと足裏部分に痺れが生じたり、足裏の感覚が鈍くなったり、ジンジンと痛みがでたりします。

ここで障害される神経は後脛骨神経。
内くるぶしの後ろを通って、足底部の感覚を支配しています。

どんな原因で起こる?

足首周りの捻挫や骨折による腫れやむくみ、下腿の血流が弱くなることで起きるむくみ、ガングリオンなどによることが多いです。

まれに足根骨(足首まわりの骨)の変形によって起こっていることもあります。

みなさんも足がむくんだことがあるでしょうか?
両くるぶしからかかとにかけての部分は水分が貯まりやすいところです。

足の捻挫や骨折でも血腫がたまりやすいですよね。

ちょうど足根管のある部分なのです。
これが足根管症候群の原因です。

神経といっしょに走行している血管の動脈硬化によっておこることもあります。

どんな症状が起きる?

おもに足裏への痛みや感覚の異常です。
「ジンジン」とか「ピリピリ」とか「鈍い」とかいろいろな表現をされる神経症状です。

つま先を足裏側に下げるような動きをすると症状が和らぐこともあります。足根管を形成する屈筋支帯が緩むためです。

内くるぶしの後ろ側を軽くたたくと足裏全体に放散する痛みやしびれが出ることをチネル徴候といって神経障害がでている印です。

レントゲン写真ではとくに異常は見られないことが多く、腰部からくる神経疾患や糖尿病による神経障害などとの鑑別は必要です。

痛みが出る範囲は後脛骨神経の領域なので、足裏の方に神経症状がでます。かかとには出ないのが特徴です。
足背部や足首より上側にも神経症状が出ている場合は他の疾患も疑います。

どんな治療をする?

基本的に保存療法(手術をしない)です。他の外傷による腫れやむくみであればそちらを治療します。

慢性的な炎症やむくみによるものでは、注射で抑えることもあります。

手術療法は、屈筋支帯といって腱が外れないようにしている組織を切って、除圧したり、癒着があればはがしたりします。

 

ガングリオンがあれば取り除きます。

予防法は?

〇足部のむくみを予防すること。
〇捻挫や骨折はしっかり固定して、変形を起こさないように治すこと。
〇くるぶし周囲をきつく締めるような靴を避ける。
〇足部から下腿の血流をよくしておく。

があげられます。

最後に。

あしうらの痺れや痛みは、腰部の疾患や糖尿病、他の神経疾患との鑑別が必要です。

ほんだ整骨院では、しっかりした医療機関をご紹介できますので、お困りの方はご相談くださいね。