注目キーワード
  1. あしうら
  2. かかと
  3. 足首
  4. 足部
  5. アーチ

テーピングの役割

oishi_kuranosukeこんにちは、荻窪教会通りのほんだ整骨院・山内です。
今回はテーピングについて少々書きたいと思います。
テーピングはそれぞれの目的に合った使い方をすることで日常生活、スポーツの現場において非常に効果的です。
テーピングはケガをした部位の動きを制限したり、保護したりすることで患部を守る、また不安のある部位やケガのしやすい部位を補強することで予防する目的などで使用されます。ケガをした際の応急処置やスポーツをする際にパフォーマンスを向上させる目的でも使われます。medical_taping_foot

①関節可動域の制限
応急処置・使いすぎ・関節周囲のケガなどに関節の可動域を固定させたり限定させたりすることで損傷部位を保護します。
②障害部位の補強
応急処置・肉離れなどで筋肉の伸張を制限させたり、筋肉の走行に沿って貼ることもあります。
③心理的安心
患部に対する不安や恐怖を除くために使用されることもあります。
④痛みの抑制
可動域を制限したり、損傷部位を補強することで動かした際の痛みを軽減させます。

hospital_taping
テーピングはうまく使えば、日常での生活やスポーツの場面で活躍してくれます。ただし、過信は禁物です。テーピングを貼ることでスポーツや作業ができたり、痛みが軽減されても、損傷の回復には時間がかかります。
テーピングはケガの状態や部位、その目的、作業(スポーツ)の特性などによっていろいろな貼り方がありますが、誤った貼り方をすると逆効果になったり、新しく負傷が増えてしまったりすることがあるので注意が必要です。
〇筋肉・腱の不必要な圧迫
〇血流障害
〇神経圧迫
〇皮膚の損傷      など
テーピングの種類も豊富にあり、目的に合った種類を選ぶこと、そして適切な巻き方を行うことでこのようなトラブルを防ぐことができます。ほんだ整骨院でもいろいろな相談を受け付けておりますので、いつでもご相談くださいね。
kaisya_tape_cut