注目キーワード
  1. あしうら
  2. かかと
  3. 足首
  4. 足部
  5. アーチ

膝の裏のふくらんでいる。「ベーカー嚢腫」ってなんだ?

こんにちは。荻窪ほんだ整骨院の山内です。

膝裏にボコッとしたふくらみがある方はいらっしゃいませんか?
痛みがあったり、なかったり・・・。
膝を折り曲げてしゃがんだり、正座したりするときに邪魔になりますよね。
「ベーカー嚢腫」(のうしゅ)っていいます。
※嚢(のう)は、「袋」のこと。ここでは膝関節の関節腔とつながっている関節包のことを指しています。
左右で膝の後ろ側を触ってみるとふくらみかたが違う人も多いですよ。
大きい人では、
みかんの大きさぐらい!
になる人もいます。
今回は、
『膝の裏のふくらみ。「ベーカー嚢腫」(のうしゅ)ってなんだ?』
あまり聞きなれない病名かもしれませんが、実はよく見かける疾患です。なかには患者さんご本人も気づかれていないこともあります。
というのも、
本人も見えにくい膝の裏側であること
痛みや違和感を伴わないこと
が多いからです!
※ご注意
このページでは「ベーカー嚢腫」について紹介しています。記事執筆時点での情報です。
正確な情報を記すよう努めていますが、医学的視点や見解の違い、科学の進歩により情報が変わっている可能性もあります。
ケガをした場合は、記事だけで判断せず、病院などで正しい診断を受けることをおすすめします。

「ベーカー嚢腫」ってな~に?

ベーカー嚢腫(のうしゅ)は膝関節の関節液が膝の関節包と後ろ側でつながっている滑液包に貯留して、腫瘤となったものです。
ベーカー嚢腫自体は強い痛みが出ることは少ないですが、関節液が増加するなんらかの要因があります。
以前に膝関節内の損傷(靱帯や半月板損傷など)を起こしたり、関節炎などの疾患があると一時的に関節液が増加します。
その後、関節腔の余剰な関節液が吸収されますが、滑液包内に残留するとそれがベーカー嚢腫となって大きくなると膝の裏側がふくらみます。
ベーカー嚢腫
あまり大きくなりすぎると、次のような症状があらわれます。
膝関節の運動(膝の屈曲・伸展)に干渉して、可動域に制限を生じる。
膝関節の動きが悪くなる。(まげづらい・伸ばしづらい)
屈曲時にはさまって、痛みを生じる。
さらにもっと重大な症状がでることがあります。
神経や血管の圧迫!
膝の後ろ側には、
太い動脈
静脈
リンパ管
神経
が走行しています。
ということは、ベーカー嚢腫が大きくなり、それらを圧迫することになると、下腿~足部に痺れ・むくみ・痛み・冷えが生じる原因にもなるのです。

ベーカー嚢腫ができる原因は?

ベーカー嚢腫が起きる原因は数多く考えられます。
膝関節の周囲には多くの滑膜(かつまく)や滑液包が存在しています。
それらは、膝関節の滑りをよくする「関節液」を供給してくれているのです。
膝関節の構成要素になんらかの損傷が起こる。
炎症を生じる。
血液・血しょう成分・滑液などの水分が膝関節内部に充満
膝の裏側にも充満。(関節内部で前側と細くつながっている!)
関節包前部との交通が細いので、液体が後部に貯留
水分がたまりやすいが、抜けにくい構造
水分が抜けてくるとゼリー状になる。(ふくらむ
ということは、
膝が腫れることが原因になる!
わけです。
膝が腫れるおもな疾患
変形性膝関節症(関節軟骨の損傷)
関節炎(関節リウマチ・化膿性など)
膝の関節円板(半月板)の損傷
膝の靭帯損傷(側副靭帯や十字靭帯など)
膝蓋骨脱臼や膝蓋大腿関節症(膝蓋骨の障害)
タナ障害(滑膜ヒダがはさまる)
膝関節の使い過ぎ・体重増加


いろんな原因がありますね。
関節腔内やその周囲に炎症が起きると、「血管透過性の亢進(こうしん)」が起こります。
分かりやすくいうと、「血管から血しょう成分が多く出てくる!」のです。
さらに周囲の滑膜からは膝関節を潤滑する「滑液」が滲出します。
これが「膝の腫れ」を引き起こしているのです。

ベーカー嚢腫の治療

痛みや違和感がない場合は基本的に保存的に治療します。(経過観察をする)
膝関節の炎症の原因があればそちらを治療します。(関節液が貯留する原因を取り除く!)
痛みがひどい。症状が強い。神経圧迫・血流障害がある場合は、整形外科を受診しましょう!
①穿刺(せんし)
注射器で内部の液体を抜きます。
②注射
ステロイド剤や抗炎症剤を注射して、炎症をおさえます。
③外科手術
再発を繰り返して、症状が重い場合は関節鏡などでベーカー嚢腫自体を切除することも。
予防するためには、膝関節の炎症を防ぎ、負担を軽くすることです。
負荷増加に伴う摩擦は関節液を過剰に生成する原因になります。
もちろん膝関節にケガや障害をもっているときは、その治療も並行してすすめていきましょう!
自分でできることは、膝関節に炎症を起こさないこと!
膝関節への負荷のかかり方は地面への足の衝き方(足首や足部のバランス)を良くすることでうまく分散させられます。
テーピングや運動、日常のちょっとした注意などですこしずつ改善できますのでご相談くださいね。

関連記事もどうぞ!

膝関節の痛み。どこが痛いですか?⇒膝の痛み、痛む場所によって対処法が違います。
ランニングで出る膝の痛みってどんなものがあるの?⇒ランニングででる「膝の痛み」。どんな障害がでるの?