注目キーワード
  1. あしうら
  2. かかと
  3. 足首
  4. 足部
  5. アーチ

第2ケーラー病(フライバーグ病)・足(人差し指)の骨端症

こんにちは。荻窪・ほんだ整骨院山内です。


10月に入りましたが、まだ日中は気温が高いですね。
朝晩は肌寒いぐらいなので気温差に気を付けて下さい。

さて、今日も行きましょう、骨端症シリーズ第3弾。

第2ケーラー病(フライバーグ病)

です。

12歳ごろから10代後半までの女性に多い病気です。

フライバーグ病

※ご注意このページでは「第2ケーラー病」について紹介しています。記事執筆時点での情報です。
正確な情報を記すよう努めていますが、医学的視点や見解の違い、科学の進歩により情報が変わっている可能性もあります。
ケガをした場合は、記事だけで判断せず、病院などで正しい診断を受けることをおすすめします。

症状

第2趾(足の人差し指)まれに第3.4趾(足の中指・薬指)の付け根(中足骨頭)に強い痛み、腫れ、熱感を伴い、荷重困難になります。

原因

原因は不明といわれていますが、運動後に生じることが多いことから中足骨頭痛と似たような機序で発生することが考えられます。

病態

病態は中足骨頭部の無腐性骨壊死です。レントゲン撮影で確定診断されます。
骨壊死というとすごく怖く聞こえますね。
ただ、骨端症として思春期の方に起こるのであれば再生が可能です。
が、中足骨頭の変形や中足骨の短縮(成長障害)が起こることもあるのでしっかり治療しておきましょう。

 

中足骨頭部の痛みはいくつか種類がありますよ!⇒前足部の足指のつけ根付近「中足骨頭部の痛み」はどんな種類がある?

治療と予後

この骨端症は変形や成長障害を起こして、のちのち痛みや機能障害を残しかねない病気です。
痛みや炎症の強い時は松葉杖やギプス固定で負荷をなくします。さらに変形の恐れがある場合は手術も選択されます。

ひどい場合だと、ほとんど痛みがなくなるまで3~4年
長いですね。
ひどくなると長期化や変形などのリスクが高くなりますので、痛みが出たら早めに治療しておくことが大切ですね!

最後に

前兆となる症状は運動や長時間歩行後の前足部痛です。
とくに第2指の中足骨頭部に痛みが限局する場合は要注意です。
必ず専門家にご相談くださいね。

関連記事

中足骨頭部(足指のつけ根)の痛みの種類について。⇒前足部の足指のつけ根付近「中足骨頭部の痛み」はどんな種類がある?

子どもの下肢の骨端症。当てはまったら要注意。⇒子どもの骨端症!運動会練習時にも注意が必要!

第2があったら、第1もあるよね~⇒子どもの土踏まずの痛み。第1ケーラー病

かかと付近を痛がったり、つま先立ちで歩いている⇒セーバー病・子どもがかかと(踵)を痛がるときは?

膝のすぐ下、前側⇒成長期のひざ下の痛み。オズグットシュラッター病

大腿骨骨頭、股関節付近、膝や太ももに痛みを訴える場合もあり、要注意⇒子どもが足を引きずっている。ペルテス病は要注意!

足の縦アーチ⇒足の(縦)アーチの役割。崩れると身体全体にも大きな影響!

横足アーチ⇒足の横足アーチ。維持するために必要なこと。低下するとどうなる?