ランニング時の膝外側の痛み!ランナーズニー(腸脛靭帯炎)かも!

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

秋もだいぶ深まってきました。紅葉も徐々に進んできているようです。

先日『鵞足炎』という膝内側の痛みについてお話しました。

今回は膝の外側の痛み

『腸脛靭帯炎』

についてのお話です。

みなさんは、ランニングや陸上競技、サッカー、階段の上り下りなどで膝の外側に痛みを感じたことはありませんか?

腸脛靭帯炎とは。

大腿部全体の筋肉を包む大腿筋膜。その筋膜に張りを与えている大腿筋膜張筋が下腿骨(脛骨)に付着します。

その大腿筋膜張筋が細くなって腱になったところが腸脛靭帯です。
腸脛靭帯は大殿筋の筋膜にも作用して、身体を外側への力に対抗する役割で骨盤を安定させています。

腸脛靭帯炎は大腿骨末端部分の大腿骨外側上顆との摩擦が生じることで起きる痛みです。

ランニングをしている方に多いことから「ランナーズニー」といわれています。

症状は。

膝の外側、とくに大腿骨外側上顆周囲に痛みを感じます。
重症度に応じて痛みの出る頻度、時間が増加していきます。
炎症が強くなると膝全体に痛みを生じることもあります。

変形性関節症や外側半月板損傷や外側側副靭帯損傷との鑑別が必要ですが、圧痛点ほか臨床症状により鑑別は容易です。

原因は。

基本的には膝関節屈伸運動のオーバーユース(使い過ぎ)によるものです。

 

他にもよくある原因としては、

〇内反膝(O脚)
物理的に腸脛靭帯がこすれやすい

〇足部の回外(足底の外側荷重が強い)
上記のO脚気味の足の着き方になりやすい

〇ランニングフォームが悪い
地面をけった足が身体の内側にいく

〇股関節の内旋が強い
股関節が内旋していると膝関節外側に前方への負荷がか かりやすい
股関節内旋とは脚が内股気味になっている状態です。

〇下肢の筋肉の硬さ
筋肉が硬いと腸脛靭帯が引っ張られて摩擦が起きやすい

などです。

治療は。

基本的に患部の安静です。熱感があれば冷却をします。
急性期の後は股関節まわり、大腿部、足首まわりの筋緊張をゆるめ、柔軟性をアップさせておきましょう。

予防。

この腸脛靭帯炎は、長距離ランナーに多い疾患です。特に臨床をしていて感じるのは左側に多いです。
原因は道路でランニングするときに左端を走行することが考えられます。
道路を断面的にみると路側部に向かって軽い傾斜がついていますね。その傾斜がランニングするうちに腸脛靭帯を大腿外側上顆に押し付けています。

再発しないためにしっかりフォームやインソール、ストレッチを見直すこと、ランニングの場合は走る路面を変えてみたり、普段とは反対周りにするなどの工夫をすることが大切です。
いつでもご相談くださいね。