スポーツで突き指をしてしまったら・・・

こんにちは!ほんだ整骨院、山内です。

涼しい日が数日続きましたが、また残暑の日々が戻ってきました。
通勤中の電車にも学生さんの姿が増えてきました。

さて、今回は『突き指』です。
指のケガで割と多いケガです。

学校も始まり、外で遊ぶ子供たちの姿も見られるようになりました。
特に多く見られるのが学校でドッジボールやバスケットボール、バレーボール、野球での突き指です。

以前にも記事(https://honda.s358.com/blog/itai/30/)にあげていますが、

『突き指』とひとくちに言っても、4種類あります!

骨折
脱臼
腱断裂
靭帯損傷

だいたいのケガが指先からの縦軸へ外力か背側(手の甲側)への外力です。(もちろん側方への外力によるものも…)

突き指をしたみなさんのなかには、軽症と思って放置されていた方や無理に引っ張ってしまう方もいます。

どちらも絶対にやってはいけません。状態を悪くするだけです。

運悪く突き指をしてしまったら、やるべき応急処置は

冷却
固定と安静

です!

そしてなるべく早く専門家にみせましょう。腫れや痛みがひどい場合は整形外科で画像診断も必要ですので、必ず相談するようにしてください。

学校の先生・スポーツの指導者・保護者の方々へおねがいがあります!

突き指は靭帯や腱が完全に断裂している場合や骨折が関節面に達している場合は手術が必要になることもあります。
放置したままだと後々変形を残し、機能障害を起こすことが多々あります。

なので、
ご自分がケガしたときはもちろん、お子さんや選手たちが突き指をしたときは軽視せずに医療機関を受診させるようにしてくださいね。

当院でも状態を見て、積極的に近隣の整形外科へ紹介させていただいています。