運動会

こんにちは、山内です。いよいよ涼しくなってきて運動会のシーズンに入りましたね。
毎年この時期になると多くの小学生、中学生たちが運動会の練習で   ケガをして、(本番に間に合うかどうかのとこwedding_hawaii_nangokuろで( ノД`)シクシク…)来院しますね。title_undoukai

 

なんとなく騎馬戦や棒倒しといった激しい種目がほとんどと思いきや、リレーや短距離走でもケガをする人が多いようです。

ケガの種類でも意外に挫創・擦過傷(スリキズ・キリキズ)よりも挫傷・打撲・骨折・捻挫が多いです。

生徒たちは必死に競技をするので転倒や接触などの事故は防ぎにくい要素が大きいですが、自分でも予防できるケガはしっかり防ぎましょう。

準備体操のススメnininsankyaku
①筋肉を柔らかくすることで、パフォーマンスの向上と断裂などのケガを予防する。
②体温・心拍数を上げることで酸素を多く取り込み筋の弾力性を増します。

ウォーミングアップのやり方
①身体を温める。…軽いジョギングやランニング、入浴なども効果的
②ストレッチ(静的よりも動的で)…関節の可動域を広げるのと筋肉に運動の準備をさせます。
③少し強度を上げてジョギング

運動会では待ち時間も多く、身体が冷えてしまいがちです。出番までにしっかり身体を温めることも忘れないようにしましょう。
それでもケガをしてしまったらしっかり応急処置をして専門機関を受診しましょう。運動会は子どもたちにとって大切なイベントです。練習の成果をまた友達との協力をしっかり実現させてあげたいと思っています。ほんだ整骨院ではなるべく競技に参加できるように対処していきますので一度ご相談下さいね。message_kekkon_omedetou