ストレートネックの予防と改善

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
みんな大好きFブログの時間ですよ!!
今回のテーマは前回の続きで【ストレートネックの予防と改善】についてです。
ストレートネックにならないためには、普段からの予防が大切です。ストレートネックの予防法は、改善にもつながりますので、ご紹介していきましょう。

 

・ストレートネック予防・改善
正しい姿勢だけで完全に防ぐことは難しく、僧帽筋(首筋から肩、背骨にかけての筋肉)や、胸鎖乳突筋(耳の後ろから鎖骨にかけての筋肉)を鍛えることが、強力な予防策になります。その一方で、首まわりの筋肉を鍛えることは、なかなか難しい。なので、鍛えるまではできなくても、緊張した首周り?をほぐしていくことで予防していきましょう。
ストレートネック予防・改善の肝は、「首の可動域を広げる」ことです。効果的な首のストレッチを行い、筋肉をほぐせば、可動域は広がっていきます。
しかし、普段の生活では、首を動かす習慣はなかなかありませんよね。ジョギングや筋トレなど、適度な運動をしている方でも、あえて動かさない限り、首の筋肉はほぐれません。運動不足の方はもちろん、十分に運動しているのに肩こりが良くならない方、首の緊張がほぐれにくい方は、以下で紹介するストレッチがお勧めです。
“あえて”首を動かし、首まわりの緊張をほぐして、可動域を広げるストレッチをご紹介していきます。
首のストレッチの基本は前屈後屈側屈回旋の4つ。
首の可動域を広げるストレッチは、椅子に座った状態で行うことが可能です。行う際は、体幹を意識し、身体を固定して行いましょう。首を動かすのと一緒に身体ももっていかれないように、お腹に力を入れ、一方で肩の力を抜くことで高い効果が得られます。

(1)首の前屈%e5%89%8d%e5%b1%88
後頭部で両手をしっかり組み、あごを鎖骨中央(胸骨)部に近づける要領で頭を軽く押しながら可動域いっぱいまで下げてゆきます。首の一番下の出っ張った骨(隆椎)付近まで伸びるように行いましょう。このとき、お腹の力がゆるんで、腰が後ろに行かないよう、身体はしっかり固定しましょう。お腹に力を入れますが、肩には力が入らないように注意してください。一番頭が下がった状態で5秒静止し、これを3回繰り返しましょう。最初は無理をしないように、ゆっくり行ってください。
首の前屈をする際は、椅子の脚に足をひっかけるなどして身体をしっかり固定すること

(2)首の後屈%e5%be%8c%e5%b1%88
両手を組み、あごの下につけます。そのまま手であごを押しながら、首を後ろに倒しましょう。このとき、首がつまって苦しくなったり、しびれを感じた場合はストップです。首を後ろに倒したときに、腰が反りすぎないよう、体幹を意識してください。同じく5秒静止して、3回行います。

(3)首の側屈%e5%81%b4%e5%b1%88
両手を下げ、肩の力を抜いて、首を真横にゆっくり倒します。耳を肩につけるイメージですが、肩は持ち上がらないように注意してください。更に、首を倒した方の手を頭にかけ、ぐーっと行けるところまでストレッチさせていきましょう。気持ちいいと感じるところで5秒静止し、左右3回ずつ行いましょう。
もし無理がないようならば、手を添えて側屈させるようにしましょう

(4)首の回旋%e5%9b%9e%e6%97%8b
いわゆる首回しの体操です。右回し、左回し、それぞれ3回ずつ、首まわりの緊張がほぐれることをイメージしながら、ゆっくりと行います。身体ごと回旋せずに、首だけを回すように、身体の軸を意識し、上から引っ張られているような感覚で、可動域マックスまで回していきましょう。首を回旋すると、胸鎖乳突筋がストレッチされます。
身体の軸を意識して首を回旋させます。

これらのストレッチを行うと、首がバリバリと音を立ちませんか?それだけ首を動かしていない、固まった状態であるということです。首を動かして適度な湾曲に戻すような動きをとらなければ、ストレートネックの原因になります。
普段首を動かす習慣はあまりないかもしれませんが、張っている筋肉をほぐせば、間違いなく可動域は広がります。そうすることで、ストレートネックは予防可能ですし、改善にもつながります。
kafun_sukkiriストレートネックの予防策として、首の前屈、後屈、回旋は日常的に行っていきましょう。仕事の合間に行えば、頭がすっきりして、仕事もはかどるでしょう。
首の前屈、後屈、側屈、回旋ストレッチは、肩こりにも良いと思います。ぜひ、少しずつから始めてみてください。

 

いかがでしたでしょうか?

自宅で少し首を動かすだけでも効果が期待できます。

また、ほんだ整骨院ではこの他にも肩や胸のストレッチを教え複数のストレッチを組み合わせるとより効果的なケアができるように患者様に指導させていただいております。

ぜひご来院ください!!

では本日も元気に診療開始です!!