湿布

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【湿布】について。ほんだ整骨院では患者様の症状や状況により必要であれば湿布を張ったりお持ち帰りしていただくことがあります。その際に使用上の注意点や効能についてもお話させていただくのですが、そのお話を今日はさせていただこうかと思います。

患者様からよくある質問としては【痛み以外のコリやハリに対しての効果】【冷湿布温湿布の違い】などがあります。まず効能について少しお話させていただきます。

湿布に期待ができる効果は鎮痛、消炎、血流循環の促進などがあります。捻挫や打撲など外傷による炎症や痛みにはもちろんですが、筋肉の硬さからくる肩こりや腰痛などのコリやハリにも効果が期待出来ます!!冷湿布と温湿布の違いについては基本的な効能は一緒です。冷湿布は冷たく感じ、温湿布は温かく感じるという違いがあります。ここで気を付けていただきたいのが冷湿布はあくまでも冷たく感じるだけで冷却効果はないということです。

急性期の外傷などは炎症が強くなる前に患部を冷やすことがその後の治療にとっても重要になります。

その際に湿布を貼ればよいと思っている方が多いですが、冷却の際には氷嚢やアイスパックなどで直接冷却するようにしましょう。

10~15分ほど冷やした後に湿布を貼って安静にするようにしてください。

薬局などでも気軽に手に入る湿布ですが使い方や効能を理解することが大切です。わからないことや疑問があればお気軽にご相談ください(#^^#)

お腹を温めよう!お腹その2

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

インフルエンザウィルスがずいぶんと流行していますね。気候の乾燥も多いに影響しているようです。
外出の際に体温の低下は免疫力の低下につながりますので、身体を保温して自衛しておきたいですね。

前回の『お腹を温める!』続きです。

まずは「腹巻き」!

最近はおしゃれなものや自分の放散する熱を使って温めてくれるグッズもたくさんあります。いろいろ利用してみたいですね。

「カイロ」

単純に熱源を懐に入れることで温めます。あまり身体に密着させすぎると低温やけどを起こす方もいるので気を付けてくださいね。

「運動」「入浴」
筋量を増やすことで産生する熱量を上げたり、入浴で身体の芯から温まるのも有効です。

「陽性食品」
体を温める働きがある陽性食品といわれるものを積極的に食べましょう。

陽性食品とは…ゴボウやニンジンなどの根菜類や明るい暖色系(カニや卵・小豆など)の食べ物、黒っぽい食べ物など

結構、身近にできる「お腹温め術」。みなさんも試してみて、もう少し寒い冬を乗り切って下さいね。

テイクケアオブ ユアオナカ! お腹その1

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

もうすぐ1月も終わり、2月に入りますね。今がいちばん寒い時期ではないでしょうか。

この時期、積極的に温めてほしい場所があります。以前の記事で首まわり・手首・足首を温めましょうと書いたのですが、今回は『お腹』です。

今の時期、お腹を温めるととてもいいことがあります。

お腹の中には腸があります。腹部を保温することで腸の動きを活発にすることができます。消化・吸収や腸の運動にはエネルギーを使いますのでそこで熱が産生されるし、基礎代謝も上がりやすくなります。

内臓の保温には大量の血液が必要です。お腹が冷えてしまうとその分の血流が手足の先まで回らず、冷え性につながります。お腹を温めることで冷え性を予防しましょう。

体温を保つことは免疫機能も向上させます。
さらにお腹の後ろ側は「腰」ですね。腰部の筋肉が硬くなることで腰痛を引き起こします。腰回りの保温もしっかりしておきたいですね。

 

お腹の温め方のお話は次回に続きます。

オーバーユース

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【オーバーユース】について。
みなさんはオーバーユースという言葉を聞いたことはありますか?

オーバーユースとは過度な運動・トレーニングにより筋肉・骨・靭帯などに痛みが起こることを言います。いわゆる【使い過ぎ】による痛みのことですね。
大人はもちろんですが、注意が必要なのが成長期の子供たちです。

クラブ活動や体育の授業など大人に比べ何かと身体を動かすことが多く当院に来院される子たちの多くもこのオーバーユースが原因で痛みを訴えることがあります。

オーバーユースの治療において大切なのはやはり【安静】です。

使いすぎているのですから使わなければ痛みは軽減することがほとんどです。

しかしクラブ活動で試合があったり授業だから休めないなどの理由で休むことの難しい学生は痛みが長期にわたることも少なくありません。

もちろん成長期ですので筋肉や骨に大きな負担がかかることは成長そのものに影響がある恐れもあります。

ほんだ整骨院ではできる限り本人の意思を尊重し治療運動が両立してできるようサポートさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

もう少しで花粉症

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

1月も残り1週間少し。
まだまだ風が冷たいですが、いかがお過ごしですか?
2月に入るとスギ花粉の季節です。花粉症の方々にはやっかいな時期ですね。

ということで、ちょっと早いですが自分でできる対策を考えてみましょう。

 

マスク!

せっかくマスクをしていても鼻孔が出ていたり、顎までかかっていなかったり、頬にすき間が空いてしまっている方を見かけます。
正しくつけてなるべく花粉を吸い込まないようにしましょう。

 

 

服!


ウールやフリースなど花粉がくっつきやすいものはこの時期、アウターにするのは控えた方がいいですね。
そして、静電気は花粉を吸いつけるので、静電気が起きないようなものにしてください。

花粉症はなるべく花粉を身体に入れないことが症状の軽減になります。ご自分だけでなく家族の方のご理解も必要です。家族や身の回りに花粉症の人がいる方は、気を付けてあげてくださいね。

マッチョには欠かせない!

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。


1月も後半に入り、寒さが増したように感じますね。今週末にはセンター試験もあり、受験生の方々は頑張りどころです。

 

さて、今回は筋肉シリーズ第3弾『大胸筋』です。
先日、横綱稀勢の里関が引退されました。左肩のかなり強めのテーピングが貼られていましたね。報道によると大胸筋損傷だそうです。
柔道の井上康生監督も現役時代ケガしていたそうです。

大胸筋は名前の通り、胸部の前面の大きな扇形の筋肉です。プロレスラーのたくましい胸板をイメージしてもらえるとわかりやすいですね。
作用は外に開いた腕を下におろすように力を入れたり、外に開いた腕を身体に抱くような動きが主に使われます。
また、腕相撲で腕を内側に捻るようなときにも使われています。スポーツや肉体労働などでは力強い腕の動きをサポートしてくれます。

鍛えておくとかっこいい筋肉なのでトレーニングする方も多く、強靭な筋肉ですが、負荷をかけすぎるともちろん損傷します。
損傷の多くが筋肉の起始部(鎖骨や胸骨、肋骨など)、付着部(上腕骨外側)で起こるので治りが悪くなることが多いです。特にベンチプレスなどで負荷を大きくしている方は要注意です。ウォーミングアップや負荷を適切にすることでケガを防ぎましょう。

ただし!

背筋群とのバランスも気を付けてください。大胸筋が強すぎると巻き込み肩による姿勢不良を起こすことがあります。

今年も少しずつ筋肉シリーズ・骨シリーズも虫シリーズもアップしていきますのでよろしくお願いします。

地方も頑張ろう

おはようございます!!荻窪・教会通りほんだ整骨院の藤本です(^^)少しブログをさぼってしまい申し訳ありません(笑)

今年もマイペースではありますが書いていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします!

新年1発目のテーマは【地方】です!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが私は徳島県出身で上京して8年になります。

今回の年末年始の休暇では帰省していたのですが改めて人がいない。。。

これは徳島だけに言えることではないと思うのですが、やはり東京・大阪など大都市を除く地方は人口の減少が進んでいると言われていますが帰省をしてその問題を身に染みて感じました。

僕が小学校や中学校の頃には栄えていた商店街が今ではシャッターだらけで人もいなくなりすごく寂しいなと思いましたし改めて東京はすごい都市だなと感じました(>_<)

ですが地元の方々も地方を盛り上げようと頑張っています。少しでも前のような活気のある街に戻ることを願っています。

ファイト―!!!徳島!!!

真夏の夜の夢?

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

1月もすでに2週間が経ってしまいました。
さて、今年は亥年ですね。
実は私、昨年の夏に東京に住んでいながらイノシシに遭遇したことがあります。
かなりの恐怖体験でした。

あれは、真夏の蒸し暑い真夜中のことでした。

私は虫捕りに行こうといつもの林へ入って行きました。
道路から一歩林に入るともう真っ暗です。そこから少し行くと右手に畑があるのですが、そこにさしかかった途端のことでした。

背後からガサゴソ、ガサゴソ、ガサゴソと何かが近づいてくるのです。

自分以外は誰もいないはずの真っ暗闇で、自分以外の何者かが近づいてくる恐怖。


パニックになりそうになる自分。そして冷静に懐中電灯で物音の原因を探る自分。

 

勇気をふり絞って後方を振り返ると4つの光点が斜めから近づいてきます。恐怖で懐中電灯を当てるとなんと、まぁまぁな大きさのイノシシが2頭。

どうしようかと立ちすくんでいると2頭はこちらを気にするでもなく、横を通り過ぎていきました。

私も虫捕りをするようになって色々な生物を目にしましたが、目に見えるマムシやスズメバチ、ムカデなどの危険生物より、「目に見えない正体不明の音」の方が恐怖を与えるというのがよくわかりました。

 

ということで、
イノシシと遭遇した話でした。

 

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
ほんだ整骨院山内です。

みなさま、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
寒い日が続いていますね。空気も乾燥しているようです。
風邪をひく方が増えていますので気を付けてくださいね。
さて、初詣に行ってきました。
やっぱりやりますよね。おみくじ!

結果は

 

夫婦そろっての『凶』

恐ろしいです。今年は危険は避けておとなしくしていることにします。


ということで、
ほんだ整骨院一同
本年もよろしくお願い申し上げます。

来週1/14(月)は成人の日で休診させていただきます。