最近の悩み

おはようございます。荻窪・教会通りほんだ整骨院の藤本です( `ー´)ノほんだ整骨院のブログでは主に疾患についての解説や治療法をアップしてきましたが、専門的な用語や知識なので興味のない方には頭が痛くなるような内容も多いと思います。

ということで、これからは少しプライベートな内容の事などもアップしていけたらなと思います!!もちろんこれまで通り疾患についての記事もアップしたいと思いますのでよろしくお願いします(‘◇’)ゞ

本日のFブログは最近の悩みについて

ほんだ整骨院は患者様から差し入れをいただくことが多くいつも仕事終わりにみんなで美味しくいただいています。

最近ではバレンタインがありましたが大量のチョコをいただきました、中には患者様の小学生のお子様からなどもいただき、有り難い限りです(*´▽`*)いつもありがとうございます!!

ですが、、、私藤本は順調にブクブクと太っております(笑)

それが私の最近の幸せな悩みです(*´▽`*)

では本日も9時より診療開始致します。

 

 

手の痺れをきたす疾患3


おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【手の痺れをきたす疾患3】として[手根管症候群]についてお話します。手根管症候群は前回お話させていただいた肘部管症候群と似た疾患ですが、原因となる神経や痛み、痺れの出る部位が異なります。

まず手根管症候群では[正中神経]という神経が原因で起こる疾患でその原因も様々で職業あるいは日常生活における手の過度な使用、手関節骨折・脱臼・変形の後遺症、腫瘍、腱鞘炎、透析、全身性疾患(糖尿病・慢性関節リウマチなど)、神経・筋の奇形などが知られています。しかし原因が特定できないような突発例も存在します。

主な症状は初期には知覚神経の障害として母指・示指(人さし指)・中指および薬指の母指側にしびれ感が出現します。さらに神経の圧迫が継続すると、運動神経の障害としての母指球筋(手のひらの母指側にある膨らみ)の萎縮がおこり、摘み動作などが障害されます。こうなると、手のひらは変形して猿の手のように扁平してくるので、猿手(さるて)とよばれています。

治療は、症状が比較的軽度であれば、まず保存療法を行います。消炎鎮痛剤の内服、理学療法、装具等による局所の安静、局所への副腎皮質ホルモン剤注入などです。特発例や手の過度な使用が原因と考えられる症例では保存療法で治癒する場合も少なくはありません。少しでも気になることがあればお気軽にご相談ください!!

本日も元気に診療開始いたします!!

運動選手( ^ω^)・・・

こんにちは。山内です。

いよいよ2月に入り、プロ野球では春季キャンプが始まり、韓国では冬期オリンピックの開幕が差し迫っていますね。6月にはサッカーのワールドカップも控えています。メジャーリーグでの大谷選手の活躍も楽しみですね。また、来年にはラグビーのワールドカップ。その翌年はいよいよ東京オリンピックです。    スポーツが好きな方は楽しみですね。
 
当院にもスポーツでのケガや障害の方が多く来院されます。中には本気でスポーツに取り組む方もいらっしゃいます。
スポーツを本気でやっている方は、患部の安静についてお話しするとどうしても難しい顔をする方が多いです。
もちろん、ケガや障害だけをみれば安静や固定が一番の選択肢ですが、選手の将来や今までの実績、本番の重要度など個々それぞれのことが多く、判断に迷うことも多々あります。
 
スポーツ選手のひたむきな姿をみていると、どうしてもなんとかしてプレーさせてあげたくなります。選手は基本的にプレーしたいのです。
状態に応じて、負傷の悪化や再負傷を防ぐ対策や注意をすること、もしくは患者さんの将来の可能性を考えて止めることを考えなければなりません。難しい判断ですが、しっかりリスクを説明して選手に納得してもらう必要があります。
 
私たちは皆さんに、ただ症状をみるだけではなく、やりたいこと応援するお手伝いができればと考えています。