「Yブログ」カテゴリーアーカイブ

ふくらはぎの肉離れ。テニスレッグ!

こんにちは。
荻窪ほんだ整骨院山内です。

最初の連休も終わり、いよいよ秋らしくなってきましたね。秋といえばスポーツです。運動会を秋にする学校も多いですね。

ということで
今回のテーマは「ふくらはぎの肉離れ」

ふくらはぎ肉離れはどのようにして起こるのでしょうか?

ふくらはぎは3つの大きい筋肉でできています。

腓腹筋内側頭
腓腹筋外側頭
ヒラメ筋

3つの共通した働きは、足首の底屈(つま先を足裏方向に下げる)です。

ふくらはぎの肉離れが発生する理由。

特に内側頭下部の肉離れ(筋挫傷)はテニスレッグと呼ばれています。
テニスでは前後・左右へのターンと踏ん張りが多く、ふくらはぎの筋群を酷使します。
このときの踏ん張る(足首の底屈)力と走る時の勢い(慣性の力)によって、筋肉が損傷します。
ちょうど反対方向に力が加わるんですね。

もちろんテニス以外でも起こります。
バレーボール、バスケットボール、バドミントン・・・・、床面と摩擦が強いスポーツは要注意です。
また、コンタクトのあるスポーツ、サッカーやラグビーなどでは、スパイクなどが直接ぶつかることによっても肉離れは起きます。

そしてそしてもっと怖いのがアキレス腱断裂。

40代~50代になってくるともっと下の方=アキレス腱で断裂することが増えてきます。
完全に断裂すると手術をしても保存療法でもかなり長期にわたって(6か月以上)歩行も困難になります。

症状は「痛み」「腫れ」「内出血」

直後はかなり強い痛みがあります。
損傷がひどいと患部がへこんでみえることもあります。
その後、腫れが出てきて、皮下出血はかなり時間が経ってからのことも多いです。
足首を底屈(つま先を下にする動き)させると激痛です。

肉離れになってしまったら・・・

テーピングや包帯などで圧迫して安静にします。
損傷程度によりますが、軽いものでは3週間ほどで競技復帰も可能です。
直後から2~3日(患部が熱をもっている間)はアイシングをして炎症と腫れをおさえておきましょう。

肉離れを予防しましょう!

予防にはふくらはぎの筋群の柔軟性を保っておくこと!
急激に引き延ばされても「ちぎれない」柔らかい筋肉にしておきましょう。

重要なのは。

ウォーミングアップ&ストレッチ!

スポーツ現場では肉離れなど自家筋力によるケガはウォーミングアップ不足が原因であることが多いです。
ウォーミングアップはしっかりと身体を温めることが目的です。
寒い時期や朝の早い時間は軽いジョギング程度では不十分です。少し汗ばむ程度までやりましょう。
普段からできる予防法は柔軟体操です。
日頃からストレッチをしておきたいですね。

「筋肉の疲労」も原因のひとつです。
プレーに夢中になっているとなかなか気づきにくいですが、プレー時間が長くなったり、プレー強度が強かったりすると筋肉の柔軟性が失われやすく、結果的に肉離れを起こします。
スポーツ中に局所のみに張りを感じた場合は肉離れの直前です!無理な負担は避けて中断するなど対応してください。

ということで、
今週はラグビーW杯の開幕もあるので、スポーツでのケガ「ふくらはぎの肉離れ」についてでした。
先週末にはマラソンのMGCも開かれ、いよいよスポーツも盛り上がっています。
どうしてもテレビや競技場での観戦後は気持ちも高ぶっていますし、自分も同じように動けると思いがち・・・。

私も実はそういうタイプです。
自分の身体を過信せず、慎重に運動を楽しみたいですね。

ヒラタクワガタの幼虫がうまれました。

こんにちは。荻窪ほんだ整骨院山内です。

8月が過ぎ去った、、、と思ったらもう9月も中旬です。
来週(9/16)と再来週(9/23)にはまた連休があります。
今回は何をしようかと思案中です。

さて、今回のYブログはヒラタさんについてです。

7月に失効目前の某通販ポイントで手に入れたヒラタクワガタペア。

台風が近づく日曜日の午前中。
組んだ産卵セットが2か月近くたちましたので、そろそろ暴いていくことにしました。
先月末ごろにケース底面に1頭見えていたので、ボウズはないと確信はしていました。

ヒラタクワガタは基本的には朽ち木の中に卵を産む種類なのですが、土(クワガタ用のマット)にも産むことがあります。

今回のセットの中にも産卵床となる朽ち木を2本くらい埋め込んでありました。

が、


ケース上部に埋めてあった産卵木にはあまりかじった形跡がありませんでした。
一応、崩してみたのですが、収穫はゼロ。

マットに期待を込めて少しずつ崩していきます。













結果は。









3頭でした。
もっとたくさんいると思って、期待していたのですが、、、、。

今回は3頭という少し残念な結果になりましたが、実はもう1セット8月にヒラタクワガタの産卵セットを組んであります。そちらに期待を込めて、もう少し様子をみようと思います。

ただ、今年は念願のミヤマクワガタとヒラタクワガタの繁殖に成功することができました。
昨年産まれたオオクワガタも続々と羽化してきています。

昨日はわが家産のコクワガタを掘り出してみました。
かわいいかわいいオスです。

ノコギリクワガタの産卵セットも2つあるのですが、こちらはケース底面に卵がいくつも見えています。
幼虫がもう少し大きくなるのを待って回収しようとおもいます。

鎖骨を骨折したら痛いよ~

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

9月ももう2週目ですね。いよいよ日本で開催されるラグビーW杯も近づいてきました。
当院にもラグビー少年たちがケガをして来院していますので、ぜひ日本にはがんばってほしいです。

さてさて、今回のお話は「痛ーい」お話。

『鎖骨骨折』です。

老若男女、どの世代でも結構多い骨折です。
子どもや若い世代ではスポーツで、高齢者では転倒することで骨折します。

この骨折は鎖骨に直接的に物が当たって骨が損傷して発生することもありますが、それよりも多いのが転倒して手をついた衝撃が骨を伝わって鎖骨を損傷させることの方が多いです。

鎖骨は肩甲骨を介して上腕骨とつながっていて、多くが側方に転倒した際に衝撃が伝わります。
鎖骨はS字状になっているため多くの骨折がこのカーブの部分で起こります。

ついた手が少し前方になると肩甲骨と鎖骨の接続部分(肩鎖関節)が脱臼したりもします。肩関節の少し上(首に近い方)が反対に比べてポコンと飛び出していたら脱臼の恐れがあります。

鎖骨骨折は痛いです。
なぜかというと・・・・・・・・・・

鎖骨は肋骨とともに「胸郭」というのを形成しています。
胸郭は呼吸で動いています。
さらに、
鎖骨には胸鎖乳突筋という筋肉が付着しています。
そして、さらにさらに、
鎖骨の外寄りには腕の筋肉が付着しています。

ということで・・・・・・
鎖骨が骨折していると、息をしているだけでも痛いんです!
腕を動かしたり、寝返りでも痛いんです!

しかも、
大胸筋という大きい筋肉は腕を身体にひきつける作用をもっているので、つっかえ棒の役割をしていた鎖骨が折れると、骨折端が転位(ズレる!)しやすい特徴があるんです。

実際に、現場で仕事をしていると、
ズレたまま骨癒合してしまっている方も多々見受けられます。

「変形治癒しても日常生活で機能障害を残さないことが多い」と学校では教わりますが・・・・・・

後々肩関節の可動域制限を残したり、頚部の筋緊張を残したり・・・。

骨癒合までの期間は4~5週ですが、痛みや肩関節の可動域制限は2~3か月くらい残ります。
変形治癒を確実に防ぐために手術による内固定(鋼線で留める)も選択されることも多いです。

鎖骨のすぐ下には、大きい動脈・静脈、腕へいく神経、そして胸膜(肺を包む)があります。それらが傷つくと大問題です。
スポーツをしていた方の中には武勇伝のように
「鎖骨を折ってもプレーしてた」なんていう方もいますが、それは大変危険なことです!絶対にしてはいけないし、させてもいけません。

ということで、
今回は鎖骨骨折を熱く語りましたが、次回のYブログは「ヒラタクワガタの産卵成功(喜)」です。

スポーツで突き指をしてしまったら・・・

こんにちは!ほんだ整骨院、山内です。

涼しい日が数日続きましたが、また残暑の日々が戻ってきました。
通勤中の電車にも学生さんの姿が増えてきました。

さて、今回は『突き指』です。
指のケガで割と多いケガです。

学校も始まり、外で遊ぶ子供たちの姿も見られるようになりました。
特に多く見られるのが学校でドッジボールやバスケットボール、バレーボール、野球での突き指です。

以前にも記事(https://honda.s358.com/blog/itai/30/)にあげていますが、

『突き指』とひとくちに言っても、4種類あります!

骨折
脱臼
腱断裂
靭帯損傷

だいたいのケガが指先からの縦軸へ外力か背側(手の甲側)への外力です。(もちろん側方への外力によるものも…)

突き指をしたみなさんのなかには、軽症と思って放置されていた方や無理に引っ張ってしまう方もいます。

どちらも絶対にやってはいけません。状態を悪くするだけです。

運悪く突き指をしてしまったら、やるべき応急処置は

冷却
固定と安静

です!

そしてなるべく早く専門家にみせましょう。腫れや痛みがひどい場合は整形外科で画像診断も必要ですので、必ず相談するようにしてください。

学校の先生・スポーツの指導者・保護者の方々へおねがいがあります!

突き指は靭帯や腱が完全に断裂している場合や骨折が関節面に達している場合は手術が必要になることもあります。
放置したままだと後々変形を残し、機能障害を起こすことが多々あります。

なので、
ご自分がケガしたときはもちろん、お子さんや選手たちが突き指をしたときは軽視せずに医療機関を受診させるようにしてくださいね。

当院でも状態を見て、積極的に近隣の整形外科へ紹介させていただいています。

夏の疲れにストレッチ

こんにちは、荻窪、ほんだ整骨院山内です。

いよいよ8月も最後の週となりました。
先週は不安定な天気が続いていましたね。朝晩の気候もだいぶ落ち着いています。真夏の終わりを感じます。

みなさま、夏の疲れは残っていませんか?
先日、夏バテの記事(https://honda.s358.com/blog/diary/2022/)でもお伝えした通り、真夏は自律神経の調子が狂いやすい時期です。
さらに、これから季節が秋へと移り行く中では気圧や気温など余計に体調変化が感じやすくなります。

身体のいろいろな器官に分布して制御しているのが自律神経です。自律神経には交感神経(活動的)と副交感神経(リラックス)がり、2つがバランスをとり合って生命活動を維持しています。

暑い期間、血管や汗腺に分布する交感神経は体温を維持するために忙しく働いています。
今年、東京では7月末から26日連続で熱帯夜を記録しています。昼間は29日連続で真夏日でした。
一方、屋内では空調が効いています。室内の温度が28℃だとしても日中は7~8℃の差があります。

体温を一定に保つために、夏場は頻繁に交感神経が優位になりがちです。自律神経などの末梢神経どうしは神経伝達物質でやりとりしていますが、頻繁に使われていると消耗します。

自律神経の調子を整えるにはストレッチが有効です。体幹部を捻ったり、前屈後屈、股関節回りなど大きな筋肉をほぐすことで副交感神経を刺激して交感神経を休めることができます。

詳しく知りたい方はスタッフにご相談くださいね。

クワガタ採集にいきました

こんにちは。荻窪、ほんだ整骨院山内です。

真夏の暑さもピークを過ぎたでしょうか、少しずつ夏の終わりを感じる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今回のブログは先週に行ったクワガタ採集のご報告です。

今年は梅雨が長かった分、カブトムシ・クワガタムシたちも遅くまで出ているんじゃないか、との期待を込めて先週末に採集に行ってきました。

東北でミヤマクワガタを採集できたので、クワガタ熱が高かった私は、旅行の翌日にさっそく夜に採りに行こうと準備していました。

しかし・・・・・・・

「雨雲が近づいています」
雨雲レーダーには赤や黄色の明るい色をした大きい雨雲が関東地方を覆おうとしているところでした・・・。
さすがに豪雨のなか山に入るわけにもいかず、無念の断念。眠りにつくことにしました。

悔しかったので、翌朝3時に目覚ましをかけて、朝マヅメを狙います。
一応また雨雲レーダーを見てみると、ちょこちょこと色づいた小さい雨雲が散らばっています。
どうしても行きたかった私は「雨の日にカブトムシは出ているか?」を確認しようと思い、カッパに身を包んで強行します。

結果は

意外といました。まぁまぁ採れたんじゃないかと。

右側のカブトムシは小さいカブトムシ♂

普通の♂と対比させたかったのに2匹とも動きすぎてうまく写真とれず・・・

そして、翌々日は夜に出陣。
まだ、カブトムシが多い!
そして今年はノコギリクワガタがあまり採れていません。

そしてそして、さらにご報告。
わが家で飼育していたミヤマクワガタ。
暑さのせいか星になってしまったのですが、その産卵セット。慎重に崩してみると・・・・

1円玉くらいに成長した幼虫&卵2個を発見。
せっかく残してくれた命。大切に大切に育てたいと思います。

真ん中にある黄色っぽいのが卵です。

夏の出会い

こんにちは。荻窪、ほんだ整骨院山内です。

先週いっぱいまでお盆休みをとっていた方も多いみたいですね。学生さんたちは夏休みも後半に入って、部活動も再開したようで電車でもちらほら見かけるようになりました。

さてさて、今回のYブログは先週の夏休みのご報告です。
今回は秋田・青森の百名城・続百名城合わせて7つのスタンプ押してきました。

この旅は、お城巡りではあったのですが、なかなか珍しい動物たちに会うことができました。

まず、秋田でキジ。オスもメスも両方とも見ることができました。・・・・・・・・写真がとれませんでした。

そして、なんと!

ニホンカモシカです!
野生のニホンカモシカは初めてみました。動物園などでは見たことがあったのですが、
「もっと山深い、山岳地の急斜面に生息していて、臆病で人前には出ない、謎の多い生き物」というイメージでした。

でも、
目の前に現れたその個体は、
「優雅にのんびりしていて、人前でも動じない、堂々とした生物」
でした!

他にもキャンプ場では、

エゾゼミ
東京ではあまり見たことがないきれいなセミです。

アカアシクワガタ
コクワガタに似ていますが脚が赤い!

ブレていてみえませんよね。<m(__)m>

ミヤマクワガタ!!!!
わが家の優秀な嫁が外灯の下で発見しました!

ノコギリクワガタ

そして、カブトムシ。
何匹か見つけたのですが、虫採集している親子にあげてしまいました。

さらに、置いてあった虫網に見たこともないような虫が

タマムシの仲間?
カミキリムシの仲間?

捕まえて後で調べたら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オオキノコムシ


という虫らしいです。サルノコシカケというキノコを食べているそうです。

というわけで。
今回も虫を探したり、美味しいものを食べたりと楽しい旅でした!

汗について

こんにちは!荻窪、ほんだ整骨院の山内です。

お盆休みも終わり、8月は後半に突入しましたね。
今年は梅雨明けが遅かったせいか、本格的な夏が短い気がします。

とはいっても、まだまだ暑さは続きます。新潟県内では40℃を記録したとか、熱中症での救急搬送が昨年よりも増えているとか、暑さに関するニュースも多いです。

気温が高くなると「汗」をかきます。
大量の発汗は、肌が不快に感じたり、匂いがきになったり、周囲の目が気になったりで、すぐに拭きたくなりますよね。
「汗」はみなさんご存知の通り、皮膚表面を濡らしてそれを蒸発させることによって生じる気化熱で体温を下げる作用です。

ですので、吸水性の強いタオルやハンカチで噴き出すそばから拭いていると・・・

実は
汗が止まりにくくなります。その結果、身体が脱水に陥りやすく、熱中症にもかかりやすくなります。

汗を拭くときは、汗拭きシートや濡れタオルなど少し湿ったものでやさしく肌に延ばすようにしてみてください。
汗を肌の上で乾かすことで体温を下げるのです。
肌着なども吸湿速乾性のものを使うことで、気化熱で体温を下げやすくでるし、長時間濡れた感じが少なくなるのでおススメです。

夏休み中は、東北地方に行ってきました。その後報告もいずれアップしたいと思います。

8/16(金)より通常通り診療です

こんにちは。荻窪、ほんだ整骨院山内です。

外は猛烈な暑さですね。朝、8時の時点で30℃を超えています。週明けには台風の影響もあるのか、雨マーク予想も出ています。

さて、甲子園では杉並区の國學院久我山高校が頑張ってくれていますね。私も杉並区出身なので応援しています。
強豪校をいくつも倒して勝ち進んできたチームですので期待しています。

先日も当ブログでお知らせしましたが、8/11(日)~8/15(木)まで休診させていただきます。

8/16(金)より通常通り診療致します。

来週の天気予報では台風10号関東直撃もあり得るとのことですので、皆様もお気を付けてお過ごしくださいね。

夏季休業のお知らせです。

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

さてさて、お盆が近づいてきました。
今回は夏季休診のお知らせです。

当院では

8/11(日)~8/15(木)

まで休診させていただきます。

今回私は、秋田県・青森県のお城をいくつかまわります。そして奥入瀬渓流にも少し足を踏み入れようかと計画中です。
台風10号の行方がかなり気になるところですが、楽しみにしています。

皆様も暑い時期ですのでお気をつけくださいね。

先日、法事で千葉まで行ってきました。そのときの成果です。

カブトムシ♀5匹 ♂1匹
ノコギリクワガタ ♀1匹でした。

今回は道路沿いの照明付近に飛んできた(落ちていた)虫たちを捕獲しました。
短時間の成果としてはまぁまぁでしょうか。
青森県でも探す予定なのでまたご報告します。