「冬」カテゴリーアーカイブ

疲れたときは?

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

春になるとなんとなくお出かけしたくなりませんか。

3月は年度末や学期末などが重なり、仕事や行事、送別会や生活の変化などに加えて、気候の変動や花粉などで身体の調子を崩しやすい時期です。

そんな時は温泉で癒されてみてはいかがでしょうか。

温泉には泉質によっていろいろな効能があります。
例えば、単純温泉は低刺激でお肌に優しかったり、硫酸塩泉は血管を広げる作用で高血圧を緩和してくれたり、含鉄泉は保温効果が高かったりなどです。

さらに


温泉には泉質に関わらず嬉しい効果がたくさんあります!

水圧
水圧で手足を圧迫することでむくみや筋緊張をやわらげる効果があります。

温熱
末梢血管を広げることで疲労物質や老廃物を流し、疲労回復を促します。

浮力
水中での浮力によって絶えずかかっている重力をやわらげることができます。

リラックス
普段と違う環境によって気分転換できることでストレスの軽減になります。

温泉は筋肉や関節、皮膚、内臓だけではなく、自律神経や精神的な疲労にも効果的だといわれています。
日頃の運動やストレッチに加えて、たまには温泉に浸かって心と体をリフレッシュしてみてくださいね。

寒い夜だから・・・♪

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

2月も後半に入ってきて、冬の寒さもあと少しですね。これからとだんだんと暖かい日も出てくるでしょう。
でも、まだ油断は禁物です。朝晩はまだまだ冷え込みます。今回は『寒いことで起こる痛みについて』です。

寒い時期になると痛む神経痛や関節痛を訴える方が多くいます。

寒さによって身体の血流が悪くなると、筋肉がこわばり、間を通る神経が圧迫され、神経痛が出やすくなります。緊張型頭痛も首や頭周りの筋緊張が原因です。
(寒い屋外から暖房の効いた室内に入った時には、側頭部の血管が急に拡張して偏頭痛を起こしやすいです。)

また、関節周りでは、筋肉がこわばることによって関節の動きが悪くなったり、衝撃を吸収する能力が落ちたりして関節痛が起こります。

さらに、寒いと体の末梢神経が敏感になりやすく、余計に痛みを感じやすくなります。

寒さによる神経痛や関節痛を持っている方は、各関節を冷やさないように保温すると同時に、以前に書いたようにお腹を温めることも効果的です。

軽く運動をしたり、鍼やマッサージで筋肉をほぐしてあげることも改善につながります。

ちなみに我が家の自動車は寒さでバッテリーが上がりました・・・・・・。

こちらも寒さによる痛みです。

祝日休診のお知らせ

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

明日は雪予報ですね。連休でお出かけの方は充分気を付けてくださいね。

さて、休診のお知らせです。

2月11日 月曜日

建国記念日

は祝日で休診させていただきます。


今回の連休、私は法事で千葉方面へ行く用事があります。普段は車で行くのですが、雪が積もっていたら電車かバス。
向こうに着いてからの交通手段を考えるとなんとか積もらないでほしいです。。。

12日火曜日からまた通常通り営業致します。

 

↑こういうの欲しい!

 

風が吹いたら・・・・?

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

2月に入り、暖かい日も出てきましたが、北海道や東北では強い寒波も猛威を奮っているようです。一日ごとに気温が上下するのと昼夜でも気温の上下がありますので体温管理には注意してくださいね。

 

今日は比較的気温が上がりましたが、今週末の連休は寒波によって気温がかなり下がる予報がでています。

ところで、今週に入ってからぎっくり腰になる方が急増しています。基本的に寒さによる筋緊張の増加によるものが多いのですが、この季節に多い原因がもうひとつあります。

それは・・・・・・・・・・・

 

しばらく関東地方は乾燥が続いていました。

冬なのでもちろん気温も低下しています。

・・・ってことは?

そうです、風邪!
ぎっくり腰とはあまり関連しないように見えますよね。
「喉が痛い」上気道感染といわれる風邪は多くの場合、咳を伴います。この『咳』が問題を引き起こします。とくに夜間に起こる発作的な咳が腰部に大きなダメージを与えます。ひどい方は肋骨の疲労骨折をするほどです。

冬の間、風邪をひいてしまった方、夜間咳が止まらなかった方は、体力の低下とともに腰部のダメージも蓄積していますので、温めたりほぐしたり…しっかりケアしていてくださいね。

お腹を温めよう!お腹その2

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

インフルエンザウィルスがずいぶんと流行していますね。気候の乾燥も多いに影響しているようです。
外出の際に体温の低下は免疫力の低下につながりますので、身体を保温して自衛しておきたいですね。

前回の『お腹を温める!』続きです。

まずは「腹巻き」!

最近はおしゃれなものや自分の放散する熱を使って温めてくれるグッズもたくさんあります。いろいろ利用してみたいですね。

「カイロ」

単純に熱源を懐に入れることで温めます。あまり身体に密着させすぎると低温やけどを起こす方もいるので気を付けてくださいね。

「運動」「入浴」
筋量を増やすことで産生する熱量を上げたり、入浴で身体の芯から温まるのも有効です。

「陽性食品」
体を温める働きがある陽性食品といわれるものを積極的に食べましょう。

陽性食品とは…ゴボウやニンジンなどの根菜類や明るい暖色系(カニや卵・小豆など)の食べ物、黒っぽい食べ物など

結構、身近にできる「お腹温め術」。みなさんも試してみて、もう少し寒い冬を乗り切って下さいね。

テイクケアオブ ユアオナカ! お腹その1

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

もうすぐ1月も終わり、2月に入りますね。今がいちばん寒い時期ではないでしょうか。

この時期、積極的に温めてほしい場所があります。以前の記事で首まわり・手首・足首を温めましょうと書いたのですが、今回は『お腹』です。

今の時期、お腹を温めるととてもいいことがあります。

お腹の中には腸があります。腹部を保温することで腸の動きを活発にすることができます。消化・吸収や腸の運動にはエネルギーを使いますのでそこで熱が産生されるし、基礎代謝も上がりやすくなります。

内臓の保温には大量の血液が必要です。お腹が冷えてしまうとその分の血流が手足の先まで回らず、冷え性につながります。お腹を温めることで冷え性を予防しましょう。

体温を保つことは免疫機能も向上させます。
さらにお腹の後ろ側は「腰」ですね。腰部の筋肉が硬くなることで腰痛を引き起こします。腰回りの保温もしっかりしておきたいですね。

 

お腹の温め方のお話は次回に続きます。

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
ほんだ整骨院山内です。

みなさま、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
寒い日が続いていますね。空気も乾燥しているようです。
風邪をひく方が増えていますので気を付けてくださいね。
さて、初詣に行ってきました。
やっぱりやりますよね。おみくじ!

結果は

 

夫婦そろっての『凶』

恐ろしいです。今年は危険は避けておとなしくしていることにします。


ということで、
ほんだ整骨院一同
本年もよろしくお願い申し上げます。

来週1/14(月)は成人の日で休診させていただきます。

も~いくつ寝ると?

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

あっという間に冬至もクリスマスもおわり、12月も最後の週になってしまいましたね。
年末の大掃除やお正月の準備などで忙しい時期です。
親せきの集まりや忘年会で外食も増える時期でもありますよね。お休みに入ると生活も不規則になりがちです。
さらに真冬のこの時期になると増えてくるのがインフルエンザやノロなどのウィルス性の感染症です。

そう、この時期は疲労や不規則な生活、寒さで身体の免疫機能が低下しており、体調を最も崩しやすい時期なのです。
自分と家族を風邪やウィルスから守るのに大切なのは疲労や睡眠不足を防ぎ、体温管理と徹底した手洗いうがいですので、みなさんも実践してみてくださいね。

 

ところで大晦日ももうすぐですね。「おおみそか」とよみますが、昔は三十日を「みそか」と言っていたのがいつのまにか月の最後の日を「みそか」というようになったそうです。
一年の最後なので「おおみそか」なんですね。

 

今年もあと少し。仕事が残っている方はがんばりましょう。

湯治のすすめ

こんにちは。ほんだ整骨院ブロガーの山内です。

今週の土曜日は冬至ですね。夕方4時にもなるとかなり薄暗くなってきます。
さて、冬至というと「かぼちゃ」と「ゆず湯」です。
寒さも厳しくなったこの時期には、先人の方々から受け継いだ慣習で身体を大事にできるといいですね。

かぼちゃは栄養バランスに優れ、免疫力を上げたり、抗酸化作用によって老化を防いでくれます。また中に含まれるビタミンEの効果で血行促進させます。

ゆず湯には、血流をよくして身体を温める効果や美肌、疲労回復する効果があり、香りでも身体をリラックスさせる効果があるといわれています。

血流をよくして身体を温めることは、痛みを和らげたり、筋肉をほぐしたり、免疫機能を活性化させたりと健康に過ごすためには大切です。
せっかくですから、身体を労わりながら、季節の行事を楽しめるといいですね。

今年も残り少なくなってきました、皆様もお身体に気を付けてお過ごしくださいね。

防御

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

いよいよ冬本番の寒さがやってきましたね。
これからの時期、風邪やインフルエンザが流行ってきます。よく言われているのが手洗い・うがいをしっかり&頻繁にすること。
風邪の菌やインフルエンザウィルスは飛沫感染や接触感染によって拡大します。手洗い、うがいはそれらを洗い流すことで有効です。

また、マスクは予防に効果がないとも言われることもありますが、飛沫感染を防いだり、手すりやスイッチを触った手で鼻や口を直接触れるのを防いだりできます。

他にも室内の乾燥や換気・温度や体温を調節したり、普段から栄養や睡眠を十分とったりすることも大切です。

仕事中や外出時にはなかなか全部はできないかもしれませんが、携帯用の除菌シートやスプレーなどで対策してみてくださいね。さらにこまめに水分補給することで、咽喉の乾燥を防げるので、試してみてください。