「トレーニング・リハビリ」カテゴリーアーカイブ

ふくらはぎの肉離れ。テニスレッグ!

こんにちは。
荻窪ほんだ整骨院山内です。

最初の連休も終わり、いよいよ秋らしくなってきましたね。秋といえばスポーツです。運動会を秋にする学校も多いですね。

ということで
今回のテーマは「ふくらはぎの肉離れ」

ふくらはぎ肉離れはどのようにして起こるのでしょうか?

ふくらはぎは3つの大きい筋肉でできています。

腓腹筋内側頭
腓腹筋外側頭
ヒラメ筋

3つの共通した働きは、足首の底屈(つま先を足裏方向に下げる)です。

ふくらはぎの肉離れが発生する理由。

特に内側頭下部の肉離れ(筋挫傷)はテニスレッグと呼ばれています。
テニスでは前後・左右へのターンと踏ん張りが多く、ふくらはぎの筋群を酷使します。
このときの踏ん張る(足首の底屈)力と走る時の勢い(慣性の力)によって、筋肉が損傷します。
ちょうど反対方向に力が加わるんですね。

もちろんテニス以外でも起こります。
バレーボール、バスケットボール、バドミントン・・・・、床面と摩擦が強いスポーツは要注意です。
また、コンタクトのあるスポーツ、サッカーやラグビーなどでは、スパイクなどが直接ぶつかることによっても肉離れは起きます。

そしてそしてもっと怖いのがアキレス腱断裂。

40代~50代になってくるともっと下の方=アキレス腱で断裂することが増えてきます。
完全に断裂すると手術をしても保存療法でもかなり長期にわたって(6か月以上)歩行も困難になります。

症状は「痛み」「腫れ」「内出血」

直後はかなり強い痛みがあります。
損傷がひどいと患部がへこんでみえることもあります。
その後、腫れが出てきて、皮下出血はかなり時間が経ってからのことも多いです。
足首を底屈(つま先を下にする動き)させると激痛です。

肉離れになってしまったら・・・

テーピングや包帯などで圧迫して安静にします。
損傷程度によりますが、軽いものでは3週間ほどで競技復帰も可能です。
直後から2~3日(患部が熱をもっている間)はアイシングをして炎症と腫れをおさえておきましょう。

肉離れを予防しましょう!

予防にはふくらはぎの筋群の柔軟性を保っておくこと!
急激に引き延ばされても「ちぎれない」柔らかい筋肉にしておきましょう。

重要なのは。

ウォーミングアップ&ストレッチ!

スポーツ現場では肉離れなど自家筋力によるケガはウォーミングアップ不足が原因であることが多いです。
ウォーミングアップはしっかりと身体を温めることが目的です。
寒い時期や朝の早い時間は軽いジョギング程度では不十分です。少し汗ばむ程度までやりましょう。
普段からできる予防法は柔軟体操です。
日頃からストレッチをしておきたいですね。

「筋肉の疲労」も原因のひとつです。
プレーに夢中になっているとなかなか気づきにくいですが、プレー時間が長くなったり、プレー強度が強かったりすると筋肉の柔軟性が失われやすく、結果的に肉離れを起こします。
スポーツ中に局所のみに張りを感じた場合は肉離れの直前です!無理な負担は避けて中断するなど対応してください。

ということで、
今週はラグビーW杯の開幕もあるので、スポーツでのケガ「ふくらはぎの肉離れ」についてでした。
先週末にはマラソンのMGCも開かれ、いよいよスポーツも盛り上がっています。
どうしてもテレビや競技場での観戦後は気持ちも高ぶっていますし、自分も同じように動けると思いがち・・・。

私も実はそういうタイプです。
自分の身体を過信せず、慎重に運動を楽しみたいですね。

鎖骨を骨折したら痛いよ~

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

9月ももう2週目ですね。いよいよ日本で開催されるラグビーW杯も近づいてきました。
当院にもラグビー少年たちがケガをして来院していますので、ぜひ日本にはがんばってほしいです。

さてさて、今回のお話は「痛ーい」お話。

『鎖骨骨折』です。

老若男女、どの世代でも結構多い骨折です。
子どもや若い世代ではスポーツで、高齢者では転倒することで骨折します。

この骨折は鎖骨に直接的に物が当たって骨が損傷して発生することもありますが、それよりも多いのが転倒して手をついた衝撃が骨を伝わって鎖骨を損傷させることの方が多いです。

鎖骨は肩甲骨を介して上腕骨とつながっていて、多くが側方に転倒した際に衝撃が伝わります。
鎖骨はS字状になっているため多くの骨折がこのカーブの部分で起こります。

ついた手が少し前方になると肩甲骨と鎖骨の接続部分(肩鎖関節)が脱臼したりもします。肩関節の少し上(首に近い方)が反対に比べてポコンと飛び出していたら脱臼の恐れがあります。

鎖骨骨折は痛いです。
なぜかというと・・・・・・・・・・

鎖骨は肋骨とともに「胸郭」というのを形成しています。
胸郭は呼吸で動いています。
さらに、
鎖骨には胸鎖乳突筋という筋肉が付着しています。
そして、さらにさらに、
鎖骨の外寄りには腕の筋肉が付着しています。

ということで・・・・・・
鎖骨が骨折していると、息をしているだけでも痛いんです!
腕を動かしたり、寝返りでも痛いんです!

しかも、
大胸筋という大きい筋肉は腕を身体にひきつける作用をもっているので、つっかえ棒の役割をしていた鎖骨が折れると、骨折端が転位(ズレる!)しやすい特徴があるんです。

実際に、現場で仕事をしていると、
ズレたまま骨癒合してしまっている方も多々見受けられます。

「変形治癒しても日常生活で機能障害を残さないことが多い」と学校では教わりますが・・・・・・

後々肩関節の可動域制限を残したり、頚部の筋緊張を残したり・・・。

骨癒合までの期間は4~5週ですが、痛みや肩関節の可動域制限は2~3か月くらい残ります。
変形治癒を確実に防ぐために手術による内固定(鋼線で留める)も選択されることも多いです。

鎖骨のすぐ下には、大きい動脈・静脈、腕へいく神経、そして胸膜(肺を包む)があります。それらが傷つくと大問題です。
スポーツをしていた方の中には武勇伝のように
「鎖骨を折ってもプレーしてた」なんていう方もいますが、それは大変危険なことです!絶対にしてはいけないし、させてもいけません。

ということで、
今回は鎖骨骨折を熱く語りましたが、次回のYブログは「ヒラタクワガタの産卵成功(喜)」です。

クラブ活動

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

気づいてみればあっという間に今年も半分が終わりに近づいています。でも、夏はこれから。年の後半は連休もたくさんあるので楽しみですね。

さて、最近、部活動をする学生の方の来院が増えてきています。学年が変わり、部活動も本格化する時期でもあります。

ケガをした後の急性期は安静を保つことは重要ですが、チームやクラブ、試合日程の事情もあり、なかなか休めない、休みたくないのが実情のようです。
部活をがんばる選手にとっては、短い学生生活。とくにケガが多いのが試合前や運動会直前などの大事な時期です。

私たちもできるだけ希望に沿って早く競技復帰できるように努力して、がんばる選手たちを応援したいと思っています。
テーピングやトレーニング、身体のケアの方法など聞きたいことがあれば、遠慮なくご相談くださいね。

君は超回復を知っているか?

おはようございます。荻窪・教会通りほんだ整骨院藤本です。本日のFブログは【超回復】についてです!!!

みなさんは筋肉痛になった事はありますか?恐らく多くの方に経験があると思います。筋肉痛はトレーニングや運動を行った後に起こる遅発性筋痛のことを言います。

筋肉痛の原理は

トレーニングや運動をする

筋肉にある筋繊維という小さい細胞が傷つく

傷ついた筋繊維が前より強い筋繊維として再生する

です(*´▽`*)

この最後の『傷ついた筋繊維が前より強い筋繊維として再生する』事を超回復と言います!この超回復の際に炎症がおき筋肉痛という痛みが伴います。

ですので筋肉痛は痛みではあるが悪い痛みではないんですね(*’ω’*)ですが何もケアをせず放置しておくと柔軟性が悪くなったりケガをしやすくなる恐れがあるので注意が必要です。

たかが筋肉痛、、されど筋肉痛、、、です(‘ω’)ノ

電気治療

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【当院の電気治療機器】について。
当院では手技治療はもちろん症状に合わせて電気療法も行います。

今回は当院で受けられる電気治療についてご紹介していきたいと思います。

①低周波治療器(筋緊張の緩和に有効)
②干渉波治療器(関節痛などに有効)
③超音波治療器(細胞活性による外傷治療に有効)
④マイクロ波治療器(筋緊張や筋疲労の回復に有効)
⑤赤外線治療器(血流改善や神経痛に有効)
⑥牽引治療器(頚・腰椎ヘルニアに有効)

当院では主に上記6つの電気治療を受けることが可能です。症状に合わせて施術担当者が患者様にあった電気治療をチョイスします!!お気軽にご相談くださいね( `ー´)ノ

オーバーユース

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【オーバーユース】について。
みなさんはオーバーユースという言葉を聞いたことはありますか?

オーバーユースとは過度な運動・トレーニングにより筋肉・骨・靭帯などに痛みが起こることを言います。いわゆる【使い過ぎ】による痛みのことですね。
大人はもちろんですが、注意が必要なのが成長期の子供たちです。

クラブ活動や体育の授業など大人に比べ何かと身体を動かすことが多く当院に来院される子たちの多くもこのオーバーユースが原因で痛みを訴えることがあります。

オーバーユースの治療において大切なのはやはり【安静】です。

使いすぎているのですから使わなければ痛みは軽減することがほとんどです。

しかしクラブ活動で試合があったり授業だから休めないなどの理由で休むことの難しい学生は痛みが長期にわたることも少なくありません。

もちろん成長期ですので筋肉や骨に大きな負担がかかることは成長そのものに影響がある恐れもあります。

ほんだ整骨院ではできる限り本人の意思を尊重し治療運動が両立してできるようサポートさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

マッチョには欠かせない!

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。


1月も後半に入り、寒さが増したように感じますね。今週末にはセンター試験もあり、受験生の方々は頑張りどころです。

 

さて、今回は筋肉シリーズ第3弾『大胸筋』です。
先日、横綱稀勢の里関が引退されました。左肩のかなり強めのテーピングが貼られていましたね。報道によると大胸筋損傷だそうです。
柔道の井上康生監督も現役時代ケガしていたそうです。

大胸筋は名前の通り、胸部の前面の大きな扇形の筋肉です。プロレスラーのたくましい胸板をイメージしてもらえるとわかりやすいですね。
作用は外に開いた腕を下におろすように力を入れたり、外に開いた腕を身体に抱くような動きが主に使われます。
また、腕相撲で腕を内側に捻るようなときにも使われています。スポーツや肉体労働などでは力強い腕の動きをサポートしてくれます。

鍛えておくとかっこいい筋肉なのでトレーニングする方も多く、強靭な筋肉ですが、負荷をかけすぎるともちろん損傷します。
損傷の多くが筋肉の起始部(鎖骨や胸骨、肋骨など)、付着部(上腕骨外側)で起こるので治りが悪くなることが多いです。特にベンチプレスなどで負荷を大きくしている方は要注意です。ウォーミングアップや負荷を適切にすることでケガを防ぎましょう。

ただし!

背筋群とのバランスも気を付けてください。大胸筋が強すぎると巻き込み肩による姿勢不良を起こすことがあります。

今年も少しずつ筋肉シリーズ・骨シリーズも虫シリーズもアップしていきますのでよろしくお願いします。

梨のお話

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

かなり日が短くなってきていますね。ここ最近は天気の具合もあって17時前なのにもう真っ暗です。冬至までまだ1か月以上あるので、もっともっと短くなるのでしょうね。もう完全に秋です。

秋といえば梨ですよね。

さて、今回のブログは筋肉シリーズ「梨状筋」です。
梨状筋とは聞きなれない方も多いと思います。梨状筋はお尻の深いところにあり、股関節をまたいでついています。
作用は股関節を外旋(足のつま先や膝頭を外側に向ける)させる力は強く、伸展(腿を後ろに引く)・外転(足を外側に開く)の働きもあります。また、骨盤に大腿骨をひきつける役目も果たしており、股関節の疾患でも大事な筋肉のひとつです。

梨状筋の深部にある坐骨神経は下肢の知覚や筋肉を支配していて、梨状筋の隙間を通ります。このとき梨状筋の状態が悪いと、坐骨神経を締め付けてしまいます。(梨状筋症候群)そうすると、脚が痺れたり、痛みが出る坐骨神経痛の症状がみられます。

梨状筋はしっかりストレッチやマッサージなどでいい状態を保っておくことが重要ですので、調子が少しでも悪いときはご相談くださいね。

ちなみに我が家で飼育していたノコギリクワガタの子どもたちは35億いや35匹でした。
コクワガタの飼育ケースにも幼虫の姿がちらほらと。
そのうち割り出してみます。

イータイ秋 み━━━━っつけた!

こんにちは。ほんだ整骨院の山内です。


いよいよ朝晩の気温が肌寒い時期になってきました。日もかなり短くなってきたように感じます。

秋は気温も過ごしやすく、さわやかなイメージがありますが、実は『痛み』が出やすいシーズンです。
朝晩と日中の気温差が最も大きくなる時期であり、秋雨前線の影響で気圧も不安定になりがちです。また、秋には道端や茂みに生える野草類が花粉をよく飛ばします。

気温や気圧の変化が大きいと自律神経の調子が悪くなったり、朝晩の冷えによって筋肉や関節の痛みを引き起こすことも多いです。秋の花粉やハウスダストなども身体の免疫に影響を及ぼします。
こう考えると秋は意外に手ごわいシーズンですね。

快適に過ごすには・・・・・・

身体にかかるストレスをへらすこと!

ん~抽象的ですね。


具体的には
脱ぎ着しやすい服装で体温調節することや疲労を溜めないように質の良い睡眠を心がけることなどでしょうか。
秋は美味しいものもたくさんありますのでバランスよく食事も楽しんでくださいね。

今週末は秘密のポイントにどんぐり拾いでも行こうかな。

現役引退 (´;ω;`)ウゥゥ

こんにちは。今回の連休は遠出できなかった山内です。

10月に入ってプロ野球のペナントレースも大詰めですね。
クライマックスシリーズの戦いも楽しみですが、9月ごろからちらほらと選手の引退や戦力外通告のニュースも増えてきましたね。


今年は長年活躍してきた名選手たちの引退が多い気がします。今年引退する選手だけで、以前のオールスターのようですね。

その中でも印象に残っているのがロッテの岡田選手です。
この2年間は打撃不振で苦しんでいましたが、守備と走塁だけで1軍でも存在感をみせられる選手でした。
2010年史上最大の下克上でドラゴンズを相手に日本一になったときの決勝打は岡田選手でした。
育成ドラフト6位から這い上がった選手が史上最大の下克上を決めるという快挙に心震えたのを覚えています。
昨日の引退試合も岡田選手の人柄が出ていて感動的でした。

ほかの今年引退する選手たちは数字的にも記憶的にも素晴らしい選手ばかりで、まだまだ現役でみていたかったですね。

ほんだ整骨院にも社会人チームの現役の選手が来院されています。これからも長く現役でプレイできるように、ケガのケアやリハビリなどサポートできれば、と考えております。