「冷え」カテゴリーアーカイブ

♪冬が来る前に♪

こんにちは!

荻窪教会通り、ほんだ整骨院の山内です。

もう12月だというのになんだか暖かい日が続いていますね。12月はなにかと忙しい時期です。

毎年12月に入った頃ぐらいから、ぎっくり腰、寝違えの患者さんが急増します。

年末年始は忘年会や新年会、家族や親せきの集まりなどで、座敷やじゅうたんに直接座って長時間過ごすことが多くなります。座敷坐りは腰部にかなりの負担がかかります。
さらに、疲労や飲みすぎによって不自然な姿勢で爆睡してしまいぎっくり&寝違え・・・・などもよく聞かれる話ですよね。

先週末に見えた患者さんは、仕事が忙しく、残業が続いている中で体調を崩してしまい、夜中に咳がとまらない……それが何日か続いたあとに、急性腰痛を発症してしまいました。
咳やくしゃみの瞬間に腹圧が急激に高まると腰部の筋肉や筋膜を傷つけます。

そうなんです。12月には危険がいっぱい。
腰痛や首痛をお持ちの方は要注意です。ぎっくり腰や寝違えを起こさないように注意するのと同時に日頃から運動や姿勢でケアしておきましょう。

冷房病

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【冷房病】についてお話します。関東地方では梅雨も明け気温の上昇とともに本格的に夏到来!!といった感じになってきました。
夏に気を付けなければならない疾患といえば【熱中症】ですが実はそれ以上に皆さんが知らない内にかかっている疾患があります。それが【冷房病】です。
・冷房病の原因
冷房病になる原因で大切になるキーワードが【自律神経】です。自律神経とは、活動している時や緊張している時に活発になる「交感神経」と、リラックスしている時に活発になる「副交感神経」からなっています。交感神経は血管を開いて体温を下げ、副交感神経は血管を収縮し体温を上げる体温調節機能があります。
室内で冷房の効いて冷えた状態と外気温との差が激しくなると自律神経が行っている体温調節機能がうまく働かずバランスを崩してしまいます。それにより身体に様々な悪影響をもたらします。
・冷房病の主な症状
・手足の冷えやむくみ
・肩こりや腰痛
・食欲の減退
・不眠
・頭痛
上記のような症状が現れます。
・冷房病の予防と対策
まず上記でもお話したように自律神経の体温調節機能の不調により起こるので室内温度と外気温の温度差をできるだけ小さくすることが大切です。目安としては-5℃以内に抑えるようにしてみましょう。ただそれだと室内が暑いという方は扇風機を活用して空気の流れをよくすることで少し涼しく感じるはずです。もし仕事場など自分だけの判断で温度設定ができない場合は腹巻やレッグウォーマー等を使ってお腹や足首が冷えない対策をしましょう!!!

 

寒さに備えて。

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。
今日は暖かい陽気ですが、来週は大寒波がくるそうです。
今年はラニーニャ現象と呼ばれるものがペルー沖の太平洋で起こっているらしく、厳冬になると予想されています。
寒いとどうしても外出の際に何枚も重ね着をしてしまいがちですが、あまりに厚着しすぎると動きづらくなってしまいますよね。
寒さ対策のポイントは『自分の体温を逃がさないこと』です。
人の体温は主に筋肉でエネルギーを熱に変えています。その熱を身体の各所に送るのが血液です。血液は栄養や酸素だけでなく、体温も運搬する役割もあります。
基本的に太い動脈・静脈は身体の深部を通っています。ただし各関節部分や首は比較的皮膚に近いところを通るために外気温の影響を受けやすいといわれています。ですから、手首・足首・首(もちろん肘や膝も)を保温することがポイントになります。また、毛細血管は体熱を放散させるので、毛細血管が多く分布する身体の末端も保温しておくといいですね。
帽子・マフラー・手袋・レッグウォーマーなどのアイテムでお洒落に保温することで寒い冬の外出も楽しくしましょう。