「秋」カテゴリーアーカイブ

ふくらはぎの肉離れ。テニスレッグ!

こんにちは。
荻窪ほんだ整骨院山内です。

最初の連休も終わり、いよいよ秋らしくなってきましたね。秋といえばスポーツです。運動会を秋にする学校も多いですね。

ということで
今回のテーマは「ふくらはぎの肉離れ」

ふくらはぎ肉離れはどのようにして起こるのでしょうか?

ふくらはぎは3つの大きい筋肉でできています。

腓腹筋内側頭
腓腹筋外側頭
ヒラメ筋

3つの共通した働きは、足首の底屈(つま先を足裏方向に下げる)です。

ふくらはぎの肉離れが発生する理由。

特に内側頭下部の肉離れ(筋挫傷)はテニスレッグと呼ばれています。
テニスでは前後・左右へのターンと踏ん張りが多く、ふくらはぎの筋群を酷使します。
このときの踏ん張る(足首の底屈)力と走る時の勢い(慣性の力)によって、筋肉が損傷します。
ちょうど反対方向に力が加わるんですね。

もちろんテニス以外でも起こります。
バレーボール、バスケットボール、バドミントン・・・・、床面と摩擦が強いスポーツは要注意です。
また、コンタクトのあるスポーツ、サッカーやラグビーなどでは、スパイクなどが直接ぶつかることによっても肉離れは起きます。

そしてそしてもっと怖いのがアキレス腱断裂。

40代~50代になってくるともっと下の方=アキレス腱で断裂することが増えてきます。
完全に断裂すると手術をしても保存療法でもかなり長期にわたって(6か月以上)歩行も困難になります。

症状は「痛み」「腫れ」「内出血」

直後はかなり強い痛みがあります。
損傷がひどいと患部がへこんでみえることもあります。
その後、腫れが出てきて、皮下出血はかなり時間が経ってからのことも多いです。
足首を底屈(つま先を下にする動き)させると激痛です。

肉離れになってしまったら・・・

テーピングや包帯などで圧迫して安静にします。
損傷程度によりますが、軽いものでは3週間ほどで競技復帰も可能です。
直後から2~3日(患部が熱をもっている間)はアイシングをして炎症と腫れをおさえておきましょう。

肉離れを予防しましょう!

予防にはふくらはぎの筋群の柔軟性を保っておくこと!
急激に引き延ばされても「ちぎれない」柔らかい筋肉にしておきましょう。

重要なのは。

ウォーミングアップ&ストレッチ!

スポーツ現場では肉離れなど自家筋力によるケガはウォーミングアップ不足が原因であることが多いです。
ウォーミングアップはしっかりと身体を温めることが目的です。
寒い時期や朝の早い時間は軽いジョギング程度では不十分です。少し汗ばむ程度までやりましょう。
普段からできる予防法は柔軟体操です。
日頃からストレッチをしておきたいですね。

「筋肉の疲労」も原因のひとつです。
プレーに夢中になっているとなかなか気づきにくいですが、プレー時間が長くなったり、プレー強度が強かったりすると筋肉の柔軟性が失われやすく、結果的に肉離れを起こします。
スポーツ中に局所のみに張りを感じた場合は肉離れの直前です!無理な負担は避けて中断するなど対応してください。

ということで、
今週はラグビーW杯の開幕もあるので、スポーツでのケガ「ふくらはぎの肉離れ」についてでした。
先週末にはマラソンのMGCも開かれ、いよいよスポーツも盛り上がっています。
どうしてもテレビや競技場での観戦後は気持ちも高ぶっていますし、自分も同じように動けると思いがち・・・。

私も実はそういうタイプです。
自分の身体を過信せず、慎重に運動を楽しみたいですね。

梨のお話

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

かなり日が短くなってきていますね。ここ最近は天気の具合もあって17時前なのにもう真っ暗です。冬至までまだ1か月以上あるので、もっともっと短くなるのでしょうね。もう完全に秋です。

秋といえば梨ですよね。

さて、今回のブログは筋肉シリーズ「梨状筋」です。
梨状筋とは聞きなれない方も多いと思います。梨状筋はお尻の深いところにあり、股関節をまたいでついています。
作用は股関節を外旋(足のつま先や膝頭を外側に向ける)させる力は強く、伸展(腿を後ろに引く)・外転(足を外側に開く)の働きもあります。また、骨盤に大腿骨をひきつける役目も果たしており、股関節の疾患でも大事な筋肉のひとつです。

梨状筋の深部にある坐骨神経は下肢の知覚や筋肉を支配していて、梨状筋の隙間を通ります。このとき梨状筋の状態が悪いと、坐骨神経を締め付けてしまいます。(梨状筋症候群)そうすると、脚が痺れたり、痛みが出る坐骨神経痛の症状がみられます。

梨状筋はしっかりストレッチやマッサージなどでいい状態を保っておくことが重要ですので、調子が少しでも悪いときはご相談くださいね。

ちなみに我が家で飼育していたノコギリクワガタの子どもたちは35億いや35匹でした。
コクワガタの飼育ケースにも幼虫の姿がちらほらと。
そのうち割り出してみます。

いのちのつながり

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

10月も残り1週間になりました。夏を過ぎると年末まで時間の経過が早く感じますね。

 

先日、もう寒くなってきたので、夏に組んでおいたオオクワガタのペアを飼育していたケースをひっくり返してみました。(オスもメスも既に別ケースに移してあります。)

この瞬間がいちばん緊張します。ケースにはクヌギやコナラの木の切れ端に土をかぶせてありましたが、オオクワガタのメスがかじって結構ボロボロです。










なんと!
朽ち木の穴の隙間から薄いオレンジ色の頭がのぞいているではありませんか。

朽ち木は全部で4本くらい入っていたのですが、全部で12頭の幼虫たちを発見できました。

まだまだかわいい初齢幼虫なので、これから大きくなってサナギになるまで遠い道のりですが、菌糸ビンに投入したので、大きく育ってほしいものです。

(本当はオオクワガタ繁殖の上級者の方たちは夏前に幼虫をとれるようにして、夏の間に大きく育てるそうです)

そして、今週の日曜日にはノコギリクワガタの産卵セットが2つあるので割り出しをしてみたいと思います。
こちらはケース底に幼虫さんの姿も見えるので期待大です。

またご報告しますね。

(注)一番下の画像が幼虫と菌糸ビンです。苦手な方は注意してくださいね(笑)