「骨シリーズ」カテゴリーアーカイブ

足首後ろの痛みは・・・

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

いよいよ7月に入りましたね。各地で大雨による災害も懸念されています。注意報や警報が出ている地域の方々、くれぐれもお気をつけください。

さて、今回は「骨シリーズ」です。

『三角骨』
三角骨という骨は実は手と足両方にあります。手の方は手首の小指側にあります。

今回は足にある三角骨のお話です。

実はこの三角骨、誰にでもあるものではありません。過剰骨ともいわれ、だいたい10%ぐらいの人にあるといわれています。
距骨の後方にある突起が成長過程での骨癒合が不全だったり、繰り返しぶつかることによる偽関節化することで発生するようです。

この『三角骨』。しばしばいたずらをします。
とくに多いのがバレエダンサーの方ですが、ダンス全般に見られます。そして次に多いのがサッカー選手。
つま先を下に下げる動作で痛みが出ます。ちょうど三角骨が距骨と踵骨にはさまれたり、そばを通る長母趾屈筋腱がこすれたりすることで起こります。
これは有痛性三角骨や三角骨障害とよばれています。

さて、ジメジメとした気候が続いていますので、体調などにはお気をつけくださいね。

次回のYブログは「令和2回目のクワガタ採り」です。