「産後の調整」カテゴリーアーカイブ

産後の腰痛、股関節痛は。

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

もう2月も終わりですね。明日からいよいよ3月です。
春はもうすぐそこですよ。

さて、3月3日はひなまつり。

ということで今回は出産後の腰痛のお話です。

出産後に腰痛や股関節痛を発症する方は非常に多いです。これは出産時の骨盤のゆるみに加えて、抱っこや授乳による負荷の増加、また夜間の授乳や夜泣きによる睡眠不足などが主な原因です。
特に床やベッドに座ったままでの授乳は腰部に大きな負担をかけます。

出産時に仙腸関節、恥骨結合の両関節がゆるみ、背骨の基礎となる骨盤が傾くことで、腰椎や股関節に負担が増えることで痛みが出ると考えられます。

痛みが強く出ている時は安静にして骨盤ベルトなど締めておくといいです。
骨盤や仙腸関節、股関節の不調は放っておくと後々まで痛みが続くことがありますので、しっかりケアしておいてくださいね。

おじさんになりました。

おはようございます。荻窪・教会通りほんだ整骨院藤本です。

以前にブログでもお話させていただきましたが、藤本は無事に【おじさん】になりました!!

先週の日曜日に妹の第一子となる元気な男の子が産まれました!いつ生まれてくるのかワクワクしていたのですが産まれてみると妹が母親になった事の違和感の方が半端ないです(笑)

写真が何枚も送られてくるのですが、、、

可愛い(⋈◍>◡<◍)。✧♡

年末に帰省した際に初対面をする予定なので今年もあとわずかですがしっかりと働いて出産祝いを稼いで帰りたいと思います( ´∀` )

産後は骨盤が開き、その状態で時間がたち固まると腰痛の原因になるのはもちろんのこと、便秘や尿漏れといった症状の原因にもなります。元気に産まれてきたお子さんと元気にママとして成長するためにも産後のケアはしっかりとしておきましょう!!

産後の調整は大切です!

ほんだ整骨院、猪股です。
出産は女性にとって大きい身体の変化の一つだと思います。妊娠、出産、育児と言葉で表すと簡単ですが、実際は活動や生活もあり、ゆっくり身体の調子を整える時間もなく、身体のズレを残したままのケースが多いです。
syussan_akachan
出産時に子宮や胎盤からリラキシンという子宮や関節、靱帯を緩めるホルモンが大量に分泌されます。骨盤の恥骨結合や仙腸関節、股関節などを緩めて赤ちゃんを通りやすくします。分娩時にはとても役の立つ、重要なホルモンですが、骨盤周りの関節や靱帯だけでなく、全身の関節や靱帯も緩めてしまう効果もあります。産後はホルモン量が減りますが、関節がずれたまま、緩んだままで、そのずれがほかの関節にも負担をかけて、身体の悪いサイクルを生み出す原因になっていることが多いです。少しのずれがだけならいいのですが、少しのずれが多くなってくると、大きなずれになっていきます。まずは原因となっている場所を治療していくことが大切です。骨盤が主ではありますが、股関節、脊椎などの大きい関節も調整する必要があります。
baby_jyunyu_honyubin
産後ですぐに育児に移行すると方が多いと思います。ほんだ整骨院では1回20分から30分の治療時間となります。しっかり続けて身体のコンディショニングをしていくことをお勧めしております。スタッフ一同お待ちしております!!