「体調管理」カテゴリーアーカイブ

汗について

こんにちは!荻窪、ほんだ整骨院の山内です。

お盆休みも終わり、8月は後半に突入しましたね。
今年は梅雨明けが遅かったせいか、本格的な夏が短い気がします。

とはいっても、まだまだ暑さは続きます。新潟県内では40℃を記録したとか、熱中症での救急搬送が昨年よりも増えているとか、暑さに関するニュースも多いです。

気温が高くなると「汗」をかきます。
大量の発汗は、肌が不快に感じたり、匂いがきになったり、周囲の目が気になったりで、すぐに拭きたくなりますよね。
「汗」はみなさんご存知の通り、皮膚表面を濡らしてそれを蒸発させることによって生じる気化熱で体温を下げる作用です。

ですので、吸水性の強いタオルやハンカチで噴き出すそばから拭いていると・・・

実は
汗が止まりにくくなります。その結果、身体が脱水に陥りやすく、熱中症にもかかりやすくなります。

汗を拭くときは、汗拭きシートや濡れタオルなど少し湿ったものでやさしく肌に延ばすようにしてみてください。
汗を肌の上で乾かすことで体温を下げるのです。
肌着なども吸湿速乾性のものを使うことで、気化熱で体温を下げやすくでるし、長時間濡れた感じが少なくなるのでおススメです。

夏休み中は、東北地方に行ってきました。その後報告もいずれアップしたいと思います。

食欲低下。

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

梅雨が明けたと思ったら、いきなり猛烈な暑さです。
夜間もけっこうな蒸し暑さですから、寝不足になったり、体調を崩す方も多いです。

そして、学生さんたちはもう夏休み。
通勤電車にも旅行に出発するご家族連れが増えてきました。旅行に出かけるときのなんとなくウキウキした雰囲気を感じつつ、毎日通勤しております。

ということで、
真夏に摂っておきたい食べ物・飲み物を紹介したいと思います。

トウガラシ
真夏は食欲が落ちやすい時期です。
胃などの消化器官を適度に刺激することで消化能力がアップして食欲を増進します。

スイカ
水分を多く含むスイカは身体を冷やす食べ物と言われています。汗で失われた水分の補給にも役立ちます。

スポーツドリンク
ヒトの体に合わせた浸透圧で吸収しやすく、失われやすいビタミン類、ミネラル類も含有しており、大量に汗をかいた後は積極的に利用したいですね。
※糖分も多かったりするので摂りすぎには注意です。

オクラ
真夏はどうしても冷たい食べ物・飲み物が多くなりがち。
ネバネバ成分ペクチンの働きで胃の粘膜を保護します。

あまりに気温が高いと食欲も減ります。加えてアイスやかき氷、冷たい飲料で消化器もダメージを受けやすい時期です。時期に合わせた食材をうまくつかって体調管理をしておきましょう。

夏バテしないために。とクワガタ羽化

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

梅雨明けはまだですね。
ここ何日か朝晩の気温が下がって、眠りやすいですが体調を崩す方が増えています。気を付けて下さいね。

さて、7月ももう2週目です。夏はもう目の前です。今のうちに夏バテしない身体になって、暑い暑い真夏を乗り越えておきましょう。

夏バテは、発汗によって水分・ミネラルが失われる脱水状態が続いたり、激しい体温調節や睡眠不足によって自律神経が疲弊したりすることで身体に不調をきたします。
暑いと食欲も減少し、失ったビタミンやミネラルも不足しがちになります。
そうするとなかなか疲労も回復せず、より身体の不調につながってしまいます。

ということで
今のうちにできる夏バテ対策です。

〇負荷の軽い運動で発汗能力を上げておく。
スムーズに体温調節できるように汗腺の能力をあげておきましょう。

〇睡眠と食事
規則正しい食事と睡眠を心がけて、体力と自律神経の調子を整えましょう。

〇エアコンの掃除
やっぱり最近の夏は暑い!あまりに我慢して身体に負担をかけるよりも、少しでも空調を使って室温を調節したいところです。

本格的な夏を迎える前に身体を作っておきたいですね。

ところで、
昨年秋にわが家で生まれたオオクワガタ。
もう羽化してきています!小さい♂と小さい♀です。

そして、5月末に組んだ産卵セット。
底面にちらほらと幼虫の姿がみえます。
また増えてしまいました・・・・。

何匹でるか。そろそろ暴いてみようかと思います。

ジメジメに注意!

こんにちは。ほんだ整骨院山内です。

梅雨らしい天気が続いていますね。
この時期、気温の上下動もあってか、体調を崩す方が増えています。とくに多い症状が「せき」。

季節の変わり目で、ぜんそくもちの方はせきが出やすくなります。また、鼻炎などのアレルギーを持っている方も症状が出やすくなります。
もちろんクーラーや薄着での就寝による風邪の症状もあります。

ですが、
この湿気の多い時期に気を付けたいのは、『カビ』

これは気管支ぜんそくやウィルス性の風邪によるものと診断がつきにくいそうです。病院で薬をもらってもせきが治まらなかったり、微熱も伴って長期間続いたりするせきは要注意です。

もともと空気中にはカビ(真菌類)はいるのですが、高温多湿になりやすい、さらに雨などで窓を閉め切りやすいこの季節は、カビも増殖しやすい傾向にあります。

そこで、対策は・・・

カビを増殖させないこと!
カビを含んだホコリをなるべく吸い込まないこと!
体調管理を徹底して免疫機能を落とさないこと!

とくに気を付けたいのはキッチンの水回り、エアコン、寝室のホコリ、寝具などです。
これらをこまめに掃除することはもちろん掃除機や雑巾の管理や空気の入れ替えや換気扇・扇風機の活用も効果的です。寝具やマットレス下も夜間にかいた汗で湿りがちです。朝起きたら上げておくのも対策になります。

いちばん大切なのは、体調を整えて免疫を上げておくことです。疲労やストレス、風邪、アレルギーなどは免疫機能を落としやすいのでご自分で管理できることはしっかりやっておきたいですね。

わが家もカブトムシ・クワガタムシのマットにはおそらくカビがたくさんいそうです。上蓋にフィルターを挟んで予防しているのですが、部屋の掃除&換気をしっかりしておこうと思いました。