タグ別アーカイブ: 応急処置

成長痛

こんにちは。荻窪ほんだ整骨院の山内です。
すっかり気候も秋らしくなってきましたね。
今回は『成長痛』についてのお話です。
成長痛では3歳ごろから9歳ごろの子どもが夜間に強い痛みを生じますが(短時間のことが多い)、翌朝には痛みが消失しており、医療機関での検査でも異常がみつからないことがほとんどです。
痛みがでるのは膝周辺や大腿部、ふくらはぎや鼠径部など下肢が多いです。
成長途中のやわらかい骨や筋肉に遊びや運動などによって負荷がかかり、痛みとして認識されるのが病態ではないかといわれています。
基本的に成長痛では骨や軟部組織の損傷や変化はみられないため、さすってあげたり、温めてあげたりしてその場を落ち着かせてあげてください。器質的に問題がないといっても本人にとっては泣くほど痛みと不安を感じているので、大人がしっかり対処してくださいね。

 

ただ気を付けてほしいことがあります。
翌日まで痛みや歩行障害が残っていたり、腫れや熱をもっているなど炎症の兆候がみられたら、医療機関を受診してください。
子どもの下肢の疾患でペルテス病(股関節)やオズグッドシュラッター病(膝下)、セーバー病(かかと)などの疾患の可能性やシンスプリントなどのスポーツ障害なども考えられますので専門家に見てもらうことも重要です。

大腿四頭筋筋挫傷・・・ももかん?はまぐり?

こんにちは。荻窪ほんだ整骨院の山内です。
暑い日が続いていますね。
先日サッカーの練習中、相手と接触したときに相手の膝が大腿部に入り、負傷した高校生が来院しました。いわゆる『ももかん』ですね。経験したことがある方は分かると思いますが、悶絶ものですよね。
受傷直後は痛みが強く動かせないことが多いです。軽症の場合はしばらくすると歩けることが多いのですが、中等度以上の重症になると動かすとかなりの痛みを伴います。
応急処置はRICE処置を行います。受傷直後の応急処置が治癒期間を左右するので確実に行いましょう。血腫が大きくなると骨化性筋炎を合併しやすくなったり、治るまでに余計に時間がかかってしまったりするので、とくに受傷直後のアイシングは重要です。
急性期を過ぎたら、徐々に膝を曲げていくストレッチを行います。損傷が大きければ大きいほど、ストレッチと運動再開は慎重に行いましょう。特別な事情がない限り、全力でのスポーツ復帰は大腿四頭筋を伸張して痛みがなくなるまでは控えたほうがいいでしょう。

サポーターやテーピング、リハビリ方法など詳しくはスタッフにご相談くださいね。

足首捻挫後のリハビリ~

こんにちは。荻窪ほんだ整骨院のひさしぶりの山内です。
最近、春の運動会が近づいてくるにつれて、練習などでケガをする方が増えています。特に今年は足首を捻挫する方が多いですね。
そこで今回は『足首捻挫後のリハビリ』について書きたいと思います。捻挫時の応急処置、治療方法については過去の記事をご参考くださいね。

足首捻挫のリハビリは可動域・バランス感覚を取り戻すことと固定期間に減った筋力を回復することです。

足首の捻挫は外くるぶし周囲の靱帯損傷のことが多いのですが、捻る方向によって損傷する靱帯の場所が変わります。
損傷後、しっかりした固定を充分な期間行うことで関節が緩くならずに靱帯が修復されます。
ただ、その固定している期間、損傷した組織と周囲の組織が「癒着」して関節の可動域を制限してしまいます。この固定による関節可動域の制限をとることがリハビリの目的となります。
また、関節には位置覚といって関節がどれくらい曲がっているかを感じる機能があります。捻挫によって靱帯が損傷するとその位置覚の感度が悪くなり、バランス感覚が悪くなります。その感覚を取り戻すことがリハビリのもうひとつの目的です。
次回『その2 足首捻挫リハビリの方法』に続く

まさかの食器棚 episode②

こんにちは。荻窪ほんだ整骨院の山内です。
まだしばらくは寒い日が続きそうですね。
music_Debussyドビュッシー
足指を強くぶつけたり、物を落としたりした場合、骨の損傷に関わらず強い痛み、腫れ、内出血などが起こります。骨損傷があるかどうかは自分では判断がつきにくいのでできるだけ専門家に診せることが大切です。腫れによって指の変形が分かりにくかったり、固定せずに放置して長期間経ってしまうと骨癒合せずに治ってしまうこともあるからです。
hone_kossetsu
レントゲンの結果、嫁は足の小指内側に骨折線があり骨折していました。不幸中の幸いで転位(ズレ)はほとんどなかったので、足をひきずりながらも歩くことができました。
固定は隣の指を副子代わりに使い、テーピングで固定します。(転移が大きいときはギプスで固定したり、副木を使うこともあります。もちろん手術でピンなどを使うことも…。)
治療は骨折部を固定して安静にすること。足の指は手と比べて血流に乏しく、歩行などで負担がかかりやすいため骨癒合の期間が長くかかります。骨折の状態にもよりますが、4週間くらいかかることが多いです。
nihil_smile_woman
さてさて、嫁の経過ですが、後日隣の指(薬指)も痛いということで再度レントゲン診断の結果、こちらも骨折していることが判明しましたとさ。
さすが、凶運の持ち主!
まさかの食器棚で多発骨折のお話でした。
 tachiagaru_woman
soccer_supporter_man
enmusubi_mark

足の小指 episode➀

こんにちは!荻窪教会通りのほんだ整骨院山内です。
だれでも、足の指をぶつけたり、物を落として痛――――っい思いをしたことがありますよね。
今日はそんな痛いお話です。
koyubi_butsukeru
先々週、金曜日の朝、私がテレビでニュースを見ていると、
背後でドタッ!
そして直後に「イッターい!」という悲鳴が聞こえました。
慌ててかけつけるとうずくまって悶絶している嫁がいます。
pose_oisugaru_woman
どうやら食器棚の扉が外れて彼女の足の小指に落ちたようです。みるみるうちに腫れて赤くなってきました。
ほーんの少しでもずれていれば当たらずに済んだのに、彼女は稀代のくじ運の持ち主。
なんと!去年ひいたおみくじ3回中3回が《凶》なのです。
(ちなみに私は3回とも大吉でした。)
obaasan_itameru
夜になると内出血のために濃い紫色になっていました。腫れは受傷直後から冷却したおかげでそれほどひどくはなりませんでした。ただ、痛みは強く残っています。
この場合、骨折を疑う必要があります。骨折していた場合、そこに転位(骨折部分のズレ)があると後に変形や曲がらなくなるなどの後遺症を残してしまう可能性があります。
omikuji_kyou
話の途中ですが、長くなりましたので来週に続きます。

テーピングの役割

oishi_kuranosukeこんにちは、荻窪教会通りのほんだ整骨院・山内です。
今回はテーピングについて少々書きたいと思います。
テーピングはそれぞれの目的に合った使い方をすることで日常生活、スポーツの現場において非常に効果的です。
テーピングはケガをした部位の動きを制限したり、保護したりすることで患部を守る、また不安のある部位やケガのしやすい部位を補強することで予防する目的などで使用されます。ケガをした際の応急処置やスポーツをする際にパフォーマンスを向上させる目的でも使われます。medical_taping_foot
①関節可動域の制限
応急処置・使いすぎ・関節周囲のケガなどに関節の可動域を固定させたり限定させたりすることで損傷部位を保護します。
②障害部位の補強
応急処置・肉離れなどで筋肉の伸張を制限させたり、筋肉の走行に沿って貼ることもあります。
③心理的安心
患部に対する不安や恐怖を除くために使用されることもあります。
④痛みの抑制
可動域を制限したり、損傷部位を補強することで動かした際の痛みを軽減させます。
hospital_taping
テーピングはうまく使えば、日常での生活やスポーツの場面で活躍してくれます。ただし、過信は禁物です。テーピングを貼ることでスポーツや作業ができたり、痛みが軽減されても、損傷の回復には時間がかかります。
テーピングはケガの状態や部位、その目的、作業(スポーツ)の特性などによっていろいろな貼り方がありますが、誤った貼り方をすると逆効果になったり、新しく負傷が増えてしまったりすることがあるので注意が必要です。
〇筋肉・腱の不必要な圧迫
〇血流障害
〇神経圧迫
〇皮膚の損傷      など
テーピングの種類も豊富にあり、目的に合った種類を選ぶこと、そして適切な巻き方を行うことでこのようなトラブルを防ぐことができます。ほんだ整骨院でもいろいろな相談を受け付けておりますので、いつでもご相談くださいね。
kaisya_tape_cut

サポーター

こんにちは。荻窪ほんだ整骨院のスタッフ山内です。soccer_ouen
さて、「スポーツの秋」ですね。ただ、今から運動を始めようと思っても身体に痛みや不安があってなかなかできないという方もいらっしゃいます。
そこで今回は『サポーター』についてのお話です。
サポーターといっても、保温用のものから骨折や靱帯断裂後に使う副木の入った装具のようなものまで幅広くあります。痛みのある部位を保護やスポーツや作業などで負担のかかる部位を傷めないための予防などいろいろな用途で使います。
まずはサポーターの役割をみてみましょう。
(1)保温hospital_supporter
(2)患部の圧迫
(3)関節の固定
(4)関節運動の安定化
(5)筋肉の補助
(6)衝撃の緩和     などです。
サポーターの主な目的は関節や筋肉の動きを補助し、仕事や運動で患部にかかる負担を減らすことです。
さまざまな場面で使われまが、誤った使い方をすると逆に症状を悪化させたり、別の場所に痛みが出てしまったり、気を付ける必要もありますので目的に合った使い方をしましょう。
また、サポーターの素材や形状も目的によっていろいろなものがありますので自分の状態と目的をしっかりして自分に合ったものを選びましょう。
☆サポーターに頼りすぎないようにしましょう。
サポーターはうまく使えば非常に便利ですが、もちろんデメリットもありますので注意して使いましょう。
①筋力低下
着ける部位によっては長期間日常的に使いすぎると筋力低下を起こすことがあります。
②血流障害
きつく締めすぎたり、長時間着けたりしていると末端に血流障害が生じ、むくみや回復の遅延などを起こすことがあります。
安静時には緩めたり、外したり、徐々に着けない時間を増やすなど依存しすぎないように工夫して使用したいですね。
ほんだ整骨院ではサポーターのご相談も受け付けていますので、お気軽にご相談くださいね。yakiniku_party

応急処置2

こんにちは、山内です。
4年に一度のオリンピックも高校野球も終わってしまいましたね。なんとなく寂しい気もしますが、選手の方々にはたくさんの感動を分けていただきました。心からありがとうとお疲れ様でしたと言いたいですね。

今日は冷却(アイシング)について少しお話をしたいと思います。
ケガをしてしまっても、正しく迅速にしっかりと冷却を行うことでその後の
治癒期間の短縮を図ることができます。

使用するものkakigoori_hata

冷却に使用するものはできるだけ患部に密着できる氷のうやビニール袋+氷(少しだけ水を足す)を使用しましょう。(保冷材や市販のガチガチに凍ったアイスパックなどは密着しずらく、さらに0℃以下になっていることも多いため、凍傷のリスクがあります。その場合は必ず表面を水などで溶かしてから気を付けて使用すること)

時間と頻度

ケガした組織の皮下脂肪の厚さが薄ければ15~20分位、深度の深いところで30分ほどといわれています。感覚でいうと何も感じなくなるくらいです。(感じなくなる感覚になるまでは個人差があるようですが)
頻度は1~2時間おきくらいでおこなうとよいでしょう。だいたいケガをした2~3日くらい(患部が熱をもっている間)までが目安です。

目的

①感覚を鈍らせて痛みを感じにくくする。…神経の伝達を鈍らせる。
②内出血・腫脹を抑える。…血管を収縮させて出血を抑える
③細胞の呼吸を抑制して低酸素障害による壊死を抑制して二次的な損傷範囲を狭める。

適度な冷却は痛みを軽減させるだけでなく、治癒を早めることに繋がりますので皆様もぜひマスターしてくださいね。
それではまた。

外出先でのケガにご注意!

こんにちは。山内です。

やっと本格的に夏がやってきました。
海や山、川など自然の中で遊ぶのも楽しいですね。また、学生の皆さんは部活動なども忙しいかもしれません。

そんな時に気を付けていただきたいのが捻挫や肉離れなどのケガです。
暑さや疲れ・悪天候などによって注意力が低下したときに起こりやすい上に、外出先やスポーツ中は、ケガをしても無理をしがちです。

ケガをしたときにしっかり応急処置をすることで、後々の治癒過程をより早めることができます。

①冷却…なるべく早く氷などで冷やしましょう。
②安静…患部を挙上できれば腫れを抑える効果もあります。
③固定…テーピングや包帯なども用意しておきたいですね。

冷却することでケガをした周囲の活動を低下させて腫れ・炎症を抑えます。さらに固定・安静にすることで負傷の拡大を防ぎ、組織の再生を早めます。
捻挫や肉離れなどは直後の応急処置によって治癒期間が大幅に変わります。

 

当院では捻挫後のテーピングの指導やケガ予防のテーピング処置なども行っておりますのでお気軽にご相談下さいね。