タグ別アーカイブ: 坐骨神経痛

股関節の役割

こんにちは。ほんだ整骨院の山内です。
だいぶ気候も秋らしくなってきましたね。
最近、なぜかはわかりませんが、股関節が原因とみられる疾患が多いようなきがします。そこで今回のテーマは『股関節の役割』をみていきましょう。
 
股関節は二足歩行時に片側だけで負荷の大きさが体重の3倍ほどかかるといわれています。さらに、走ったり、階段を下りたりするときには体重の4倍、5倍と負荷が増えます。また、立ち上がる・座る・歩くなどだけでなく、前屈みや方向転換時にもさまざまな方向へ円滑な動きが要求されます。このため股関節は衝撃や負荷に耐える強さと色々な方向へ動く作りになっています。
股関節は骨盤側のくぼみ(寛骨臼)に大腿骨の球状の骨頭が2/3ほどはまり込むことで股関節の自由な可動性と安定感を保っています。
股関節は片足になったときに姿勢を保つ(骨盤を支える)筋肉があったり、下半身の動きを上体に伝える役割をします。
そのため、股関節に障害が起こると日常生活でかなり不自由になることも多く、身体全体にも影響を与えます。
 
とくに腰部と膝関節は骨盤を介して密接なつながりがあります。股関節の動きが悪くなると腰や膝が動きを代替し、負担を増やします。逆に腰や膝の動きが悪くなると股関節がその動きを代替することで負担が増えます。
これらは股関節周囲の筋肉、関節を良い状態に保つことで防止できますので、日常的にしっかりとストレッチや筋力運動をして予防しておきましょう。
ちなみに、家のカブトムシの幼虫は順調に現在6㎝ほどに成長しています。

坐骨神経痛

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
今回のFブログは【坐骨神経痛】についてです( `ー´)ノ
近年、整形や整骨院で坐骨神経痛という言葉を耳にしたことのある人も多いと思います。
今日はそんな坐骨神経痛について少し詳しくお話します。
まず初めに坐骨神経痛とは病名ではありません。
あくまで坐骨神経痛とは腰椎ヘルニアやすべり症などにより坐骨神経が原因となり主にお尻から太ももにかけての痛みやしびれといった症状のことを指します。
また坐骨神経は非常に太く大きな神経で様々な事が原因となって起こりうるためはっきりとした原因は分からないことも多いと言われています。
そんな中でも多くの原因となるのが【梨状筋】です。
梨状筋とはその名の通り梨のような形をしたお尻にある筋肉でそのすぐ上にある隙間を坐骨神経が走行します。近年はデスクワーク、パソコンやスマホの普及により長時間の座位姿勢が多くなりお尻の筋肉が固くなり坐骨神経を圧迫してしまう梨状筋性坐骨神経痛(梨状筋症候群)が中年の方はもちろん学生などの若い世代にも多くみられます。
梨状筋症候群では梨状筋の硬さが主な原因の1つですので、【姿勢の改善】【生活習慣の見直し】【定期的なケア】などで症状の改善が見込めます。
少しでも痛みやしびれを感じましたらお気軽にご相談ください。

下半身の痺れ

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【下半身の痺れ】についてです。
整骨院に来院される患者様の中でも多い症状の1つが【下半身の痺れ】です。
痺れの原因には様々な疾患や神経が関係しています。治療するうえでその関係している疾患や神経を明確にすることが大切で、本日は下肢に痺れを起こす疾患について少しお話したいと思います。

1.下半身に痺れを引き起こす疾患

animal_umaretate_kojika①椎間板ヘルニア
②変形性腰椎症
③腰部脊柱管狭窄症
④坐骨神経痛
⑤外側大腿皮神経症候群
下半身の痺れは上記のような疾患で症状として現れます。
※この他にも様々な疾患で痺れは現れます

2.治療と予防

まず痺れの原因を明確にします。isu_undou_man
どの神経がどこの部分でどのように圧迫を受けているのか?
もちろん手術などの外科的な治療が必要なケースもありますが、手技療法や運動療法の範囲内のケースも多くみられます。少しでも下半身に痺れを感じたらご相談ください。しっかりとした検査と治療計画の元、症状の改善を目指します!!

 

ほんだ整骨院では診療時だけではなく日頃からご自宅で簡単にできるストレッチやトレーニングをご指導いたします。お気軽にご来院ください。では本日も元気に診療開始です!!