冬期休業のお知らせ

syougatsu_shimekazari

こんにちは。山内です。いよいよ2016年も終わりに近づいてきました。

冬期休業のお知らせです。

12/30㈮ 12:30まで受付します。

12/31㈯~1/4㈬ 休診させていただきます。

1/5㈭より通常通り診療いたします。

 

今年の冬は気温差が大きく体調を崩す方が多くみられますので、皆様も体調管理にお気を付けください。

nininbaori

足関節捻挫

おはようございます。荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
さぁいよいよ今年もあと日。今年最後のFブログです。
今年最後のFブログは【足関節捻挫】についてお話させていただきます。
捻挫】は多くの方が1度は経験したことがあるのではないでしょうか。
しかし一言に捻挫と言っても様々なタイプがありその中でも軽度~重度なものまで存在します。

1.足関節捻挫のタイプ

足関節捻挫は大きく分けて2つのタイプに分類することができます。
その2つとは【内反捻挫】と【外反捻挫】です。この2つのタイプについて少し詳しく見ていきましょう。

内反捻挫

内反捻挫とは足関節を内側に捻body_ashi_kouり関節の外側に痛みや腫れが出現します。
関節の構造上、足関節は内側に動く可動域の方が広いため足関節捻挫の大半内反捻挫となります。軽度なものから重度なものまで衝撃の大きさに比例して症状も大きくなります。

外反捻挫

%ef%bd%81%ef%bd%93%ef%bd%89外反捻挫とは内反捻挫とは逆で外側に捻り関節の内側に痛みや腫れが現れます。外反捻挫は足関節の構造上あまり見られませんが、万が一なった場合重度なことが多く、回復までにも時間を要します。
外側への可動域は小さいため受傷した場合かなり大きな衝撃を受けたことになります。そのため内反捻挫に比べ外反捻挫は起こりにくいが起こると重度という特徴があります。

2.治療と予防

治療

捻挫の場合まず以下のポイントを検査します。supporter_foot

折や脱臼の有無                    ・損傷部位と損傷靱帯の鑑別                ・靱帯損傷のレベル

上記のポイントを検査し、整復、固定、冷却、手技療法、運動療法などそれぞれの症状にあった治療を行います。

予防

捻挫では靱帯が伸ばされ関節が緩く不安定になります。そのためクセになりやすく再受傷することが多くみられます。特に日頃からヒールの高い靴を履くことの多い女性は内反捻挫の頻度が多くみられます。予防対策としては関節を安定させるための下腿の筋力強化や女性の方はできるだけヒールの高い靴は控えることなどが重要です。

捻挫治療は痛みを無くすことももちろん大切ですが痛みが無くなった後の後療(再発予防)が最も重要です!!

では本日も元気に診療しております!!

 

高血圧

高血圧症

 

こんにちは!宇都宮です。今回は血圧について少しお話をしたいと思います。

種類

二次性高血圧症本態性高血圧症に分かれます。
☆二次性高血圧は,病気による副作用で起こります。
☆本態性高血圧症は,原因不明で遺伝性が考えられたりします。あと考えられるのは、塩分とアルコールの摂りすぎ。仕事や家事等でのストレス,肥満等。

症状

☆二次性高血圧症

原因疾患により様々ありますが、疾患が改善されれば治る高血圧症である。腎臓疾患や甲状腺や副甲状腺疾患等あり、高血圧の症状である頭痛や倦怠感ではなく、原因疾患の症状が現れます。

☆本態性高血圧症

頭痛倦怠感等様々ありますが、生活習慣の改善が重要になってきます。例えば、減塩禁煙適度な運動を心がけることがメインになります。
改善方法は様々ですが、その一つにツボ刺激も効果があります。頭の後ろや手首回りを指圧すると一時的には効果がありますがやはり一番重要になるのは、食事になります。塩分を控えて野菜もしっかりと摂りましょう!!冬場は、寒さで血管が収縮して血圧が高めになります。お風呂場やトイレに行くときは気温差があるので、室内を少し温めたり、上着を軽く着たりして気をつけましょう。そうすることで、心筋梗塞や脳卒中の予防になります。

生活習慣病

おはようございます!荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
いや~気付けば今年もあと少し。。。1年が本当に早く感じます。
本日のFブログは【生活習慣病】についてです。

            1.生活習慣病とは?character_heart_genkiみなさんも1度は耳にしたことがある【生活習慣病】ですが実際はどのような病気を指すのでしょうか??
生活習慣病とは「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」というふうに厚生労働省が定義しています。

2.生活習慣病が関連する代表的な疾患は?saibou_gan_cancer・癌(がん)・心疾患・脳卒中・糖尿病・高血圧
・脂質異常症
この他にも様々な疾患の発症要因となります。

    3.生活習慣病になる原因は

1.不規則な生活body_tainai_dokei1睡眠不足は疲労の蓄積を招き、            朝食抜きや夜遅くの食事は肥満の大きな原因となり、生活        習慣病になるリスクを高めています。
2.食生活の乱れseikatsusyukan_highcalorie近年の食の欧米化により肉の摂取量が大幅に増えた一方、魚や野菜の摂取量が年々減少していることで高カロリーの食事は肥満や脂質異常症の原因となり、最悪の場合動脈硬化をおこして脳卒中や心臓病を発症するおそれがあります。また、食の欧米化により脂質を多く摂るようになったことが糖尿病患者さんの増加に繋がっていると考えられています。
3.過剰ストレスhair_nukege_stress過剰なストレスは血圧や血糖値の上昇を招くおそれがあり、高血圧や糖尿病になるリスクも高くなります。また、ストレスが蓄積すると免疫力が低下し、感染症やがん発症の大きな原因となります。
4.喫煙・飲酒school_furyou_tsuppariどちらも過度な摂取は生活習慣病を引き起こすといわれています。特に喫煙は、他の生活習慣と比べはるかに死亡のリスクが高くなります。

4.予防

1.食生活を見直すseikatsu_syukan_woman_goodなんといっても大切なのが食事です。人間は食べなければ生きていけない生き物ですが一歩間違えれば食事が建康を脅かすこともあるのです。
気を付けるポイントとしては
・動物性脂肪に注意
・高コレステロールに注意
・糖分やアルコールのとり過ぎに注意
・間食やおかしを控える
・食物繊維をしっかりとる
このようなことに注意して食事をしなければなりません。
2.適度な運動をしようmetabolic_running_woman運動がもたらす効果は・肥満の改善・骨粗しょう症予防・最大酸素量の増加・高血圧の改善と予防・高血糖や高尿酸の改善・自律神経系調節機能の向上
まずはこの【食生活】と【運動】を見直すのが1番の予防法です。
しっかりと自身の生活の質を知ることで生活習慣病を予防することができます。
現代病の肩こりや腰痛も生活習慣からshinnenkai_danjo影響を受けているので見直すことで症状の改善につながりますのでみなさんもぜひご自身の生活習慣を見直してみてくださいね。
では2016年もあとわずかですが身体の調子がいい状態で新年が迎えられるよう全力でサポートさせていただきます!!
本日も元気に診療開始です!!

冬に運動するときの注意

こんにちは。おぎくぼほんだ整骨院の山内です。

12月も半ばを過ぎて今年も残りが少なくなってきましたね。12月は食生活も乱れがちになりますね。「食欲の秋」に引き続いての師走ですから体重が増えてしまう方も多いようです。そのため急に運動を始める方も増えています。food_christmas_chicken
今回のテーマは『冬に運動するときの注意』です。
冬というとどうしても運動量が落ちたり、イベントの増加によって体重が増えるイメージがあります。
でも、実は気温が下がってくるこの季節は体重を減らすのに適した季節なんです!
 sport_walking_woman
夏に比べて、体内のエネルギーを燃焼させて体温を維持しようとするため基礎代謝が上がるため、効果的に運動すれば結果も出やすくなります。
ただし、しっかり準備をして運動しないとケガもしやすい季節でもあります。
まず気を付けたいのが肉ばなれです。筋肉は気温の低い状況下では体温を逃がさないように収縮して硬くなっています。このままの状態で激しい運動をすると筋線維が損傷します。また、関節もかたいまま運動をすると靱帯を損傷することもあります。
しっかりウォーミングを行った後、ストレッチなどで各関節を柔軟にしてから運動を行ってくださいね。
次に気を付けたいのが外気との気温差です。急な血管の収縮により循環器疾患の発作には特に気を付けましょう。外出する際は、ある程度防寒をして運動中にも脱ぎ着できるといいでしょう。ランニングなどのときは帽子や手袋も効果的です。
また、準備運動をしっかり行っていても運動強度は徐々に強く慣らしていきましょう。そして、運動中、運動後ともに汗などで急に身体を冷やさないように注意してください。

 

どうしても冬場は活動が低下し、運動不足になりがちですので注意して健康増進に役立てて下さいね。
santa_tonakai_beachflower_cyclamen

手技療法

手技療法

massage_ojisan

機械を使わないで徒手のみで、揉む押す叩くなどにより、身体の不調な部分を改善させる治療法。

効果

皮膚に対しての作用

不調部位を圧迫することにより、知覚神経を刺激して反射的に血管拡張を促して血流量を増加させ新陳代謝が上がり、皮膚の緊張が緩みます。

筋肉に対しての作用

 不調部位を圧迫することによって、筋肉の緊張が緩みます。そうなると、筋肉中の新陳代謝がよくなり血流量が増え筋収縮が回復し、関節の可動域が広がり、動きも良くなります

神経に対しての作用

不調部位に対して弱い刺激を与えることで神経機能を喚起し、中程度の刺激を与えることで神経を興奮させ、強い刺激を与えると神経機能を抑制し、の刺激を与えると神経機能を静止させます。身体の症状により、施術の強弱を変えていきます。

手技療法のメリット

怪我の予防
運動や家事で身体が楽に動く。
血流の改善で細胞の新陳代謝を促して自然治癒力を高める。
手技療法を定期的に行う事により、体調が良くなり意欲も上がり行動的になります。日常生活で無理したときは身体の声を聞き、しっかり、ほんだ整骨院でメンテナンスをしていきましょう!!

太ももの筋肉が腰痛の原因に?

おはようございます!荻窪・ほんだ整骨院藤本です。
本日のFブログは【太ももの筋肉が腰痛の原因に?】についてです。
現代病の代表格の腰痛ですが腰部の筋肉だけの問題ではないのです。
今日は腰痛にも大きな影響がある太ももの筋肉について少しお話したいと思います。

1.何故太ももの筋肉が腰痛を引き起こすのか?

youtsu_manまず、筋肉というのは基本的に1つの関節を跨いで付いています。太ももの筋肉が跨ぐ関節は主に【股関節】です。
股関節は骨盤にある寛骨(寛骨臼)と大腿骨(骨頭)が構成する関節です。
その関節を跨いでいる太ももの筋肉は骨盤の動きに大きく影響してきます。骨盤の位置や動きが制限されると腰への負担が大きくなり腰痛を引き起こします。

2.予防について

stretch_man人は生活する中で無意識に重心が左右片方に偏ったり足を組んだりしています。
左右の筋肉のハリや筋肉量が違うと骨盤に歪みを引き起こしてしまいます。ですのでできるだけ意識的に左右差を無くすことも重要です。
自宅でもしっかりとストレッチなどを行いケアしていく必要があります。

3.代表的な太ももの筋肉

kinniku_character大腿四頭筋
大腿四頭筋は『四頭』とつくその名の通り【大腿直筋】【中間広筋】【内側広筋】【外側広筋】の4つから構成され太ももの前面についています。
ハムストリング
ハムストリングは太ももの後面にある筋肉で大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の3つを合わせた総称です。
縫工筋
上記の2つの筋肉はみなさんも聞いたことのある筋肉だと思います。上記の2つが太ももの代表的な筋肉ですが、それ以外にも大きい力を発揮する筋肉があります。
それが縫工筋です。この【縫工筋】実は人体の筋肉の中で最長の筋肉なんです!!その分力も大きく、様々な関節運動に関与しますので腰痛とも深く関係してきます。

animal_mandrillいかがでしょうか。
太ももの筋肉がもたらす腰痛への影響は決して少なくありません。腰痛だからと言って腰部だけに目を向けるのではなく太ももの筋肉も少し意識をしてストレッチやトレーニングしていくと今までよくならなかった腰痛の症状にも改善がみられるかもしれませんよ(*‘ω‘ *)

では本日も元気に診療開始です!!

テーピングの役割

oishi_kuranosukeこんにちは、荻窪教会通りのほんだ整骨院・山内です。
今回はテーピングについて少々書きたいと思います。
テーピングはそれぞれの目的に合った使い方をすることで日常生活、スポーツの現場において非常に効果的です。
テーピングはケガをした部位の動きを制限したり、保護したりすることで患部を守る、また不安のある部位やケガのしやすい部位を補強することで予防する目的などで使用されます。ケガをした際の応急処置やスポーツをする際にパフォーマンスを向上させる目的でも使われます。medical_taping_foot
①関節可動域の制限
応急処置・使いすぎ・関節周囲のケガなどに関節の可動域を固定させたり限定させたりすることで損傷部位を保護します。
②障害部位の補強
応急処置・肉離れなどで筋肉の伸張を制限させたり、筋肉の走行に沿って貼ることもあります。
③心理的安心
患部に対する不安や恐怖を除くために使用されることもあります。
④痛みの抑制
可動域を制限したり、損傷部位を補強することで動かした際の痛みを軽減させます。
hospital_taping
テーピングはうまく使えば、日常での生活やスポーツの場面で活躍してくれます。ただし、過信は禁物です。テーピングを貼ることでスポーツや作業ができたり、痛みが軽減されても、損傷の回復には時間がかかります。
テーピングはケガの状態や部位、その目的、作業(スポーツ)の特性などによっていろいろな貼り方がありますが、誤った貼り方をすると逆効果になったり、新しく負傷が増えてしまったりすることがあるので注意が必要です。
〇筋肉・腱の不必要な圧迫
〇血流障害
〇神経圧迫
〇皮膚の損傷      など
テーピングの種類も豊富にあり、目的に合った種類を選ぶこと、そして適切な巻き方を行うことでこのようなトラブルを防ぐことができます。ほんだ整骨院でもいろいろな相談を受け付けておりますので、いつでもご相談くださいね。
kaisya_tape_cut

インナーマッスルを鍛えて肩こりや腰痛を改善

おはようございます!荻窪・ほんだ整骨院藤本です!
balanceball_yoko本日のFブログは【インナーマッスルを鍛えて腰痛を改善】です。
まず昨今話題のインナーマッスル。よく耳にしますよね?
しかし『インナーマッスルって何?』『どんな役割があるの?』と思っている方も多いと思います。
そこで今回はインナーマッスルの役割についてお話させていただきます。

  1.インナーマッスルとは?

kinniku_character身体を覆っている筋肉は主に表層筋深層筋に分けることができます。
インナーマッスルとはこの中の深層筋の事を指します。
深層筋とはその言葉通り身体の深層つまり身体のより中心についている筋肉です。

  2.インナーマッスルの役割とは?

 上記でもお話させていyoga_sankakuただいたようにインナーマッスルは身体の中心にあります。
ですのでインナーマッスルの1番の役割は【姿勢の保持】です。
インナーマッスル=身体の土台
と考えていただければいいと思います。

3.インナーマッスルを鍛えるとどのような効果があるのか?

yoga_kodachi先ほどもお話したようにインナーマッスルは姿勢の保持と大きな関係があります。
インナーマッスルを鍛えて正しい姿勢を保つことにより肩こりや腰痛の症状の軽減や改善の効果が期待できます。
また姿勢を保つということはバランス感覚の向上も期待できるので高齢者の転倒予防などにも効果があります。
バランス感覚の向上、初動スピードの向上、筋持久力の向上など様々な効果が期待できるためアスリートや日頃よくスポーツをする方などのパフォーマンス向上にも繋がります。

上記のほかにもインナーマッスルを鍛えるメリットはたsport_walking_womanくさんあります。
ほんだ整骨院では自宅で簡単に行える『ストレッチ』『自重トレーニング』などを患者様の日頃のケアとしてご指導させていただいています。
わからないことがあれば気軽にスタッフまでお申し付けください!!

では本日も元気に診療開始です!!