肉離れ

こんにちは。荻窪のほんだ整骨院、山内です。nininsankyaku_oyako
前回は運動会でのケガについて書きました。今回はその中でも多くを占めている「肉離れ」についてのお話です。

筋肉は縮もうとしている時に逆方向に引き伸ばされると断裂します。筋肉全体が完全に断裂することは稀ですが、部分断裂は多くみられます。

kinniku_character

原因として考えられるのは、
①柔軟性の不足(寒い時期や身体の硬さ)
②筋力の低下(運動の強度に対して)
③拮抗筋とのバランス(関節を伸ばす筋力と曲げる筋力の差が大きい)
④筋肉の疲労

achilles_old_woman
一度肉離れになるとしっかり筋肉を回復させてから、リハビリもしっかり
行わないと、同じ箇所を繰り返し肉離れをすることも多いので、決して軽くみないようにしてくださいね。

もしなってしまったときは適切にRICE処置を行い、テーピングや伸縮包帯などで圧迫固定し、運動は中止して下さい。

furooke_onsen

上記したような肉離れの原因を知ることで、予防・再発防止を図ることができますので、しっかりと対策をしましょう。

日頃からストレッチをして柔軟性を向上させる。
身体の前面・後面をバランスよく鍛える。
ウォーミングアップ・クールダウンをしっかり行うこと。
睡眠・食事を規則的にして疲労をためないようにする
正しいフォームで運動をする
プレイ中痛みを感じたら中止する           など

テーピングやサポーターも有効ですが、やっぱり普段からの準備が重要ですね。

運動会

こんにちは、山内です。いよいよ涼しくなってきて運動会のシーズンに入りましたね。
毎年この時期になると多くの小学生、中学生たちが運動会の練習で   ケガをして、(本番に間に合うかどうかのとこwedding_hawaii_nangokuろで( ノД`)シクシク…)来院しますね。title_undoukai

 

なんとなく騎馬戦や棒倒しといった激しい種目がほとんどと思いきや、リレーや短距離走でもケガをする人が多いようです。

ケガの種類でも意外に挫創・擦過傷(スリキズ・キリキズ)よりも挫傷・打撲・骨折・捻挫が多いです。

生徒たちは必死に競技をするので転倒や接触などの事故は防ぎにくい要素が大きいですが、自分でも予防できるケガはしっかり防ぎましょう。

準備体操のススメnininsankyaku
①筋肉を柔らかくすることで、パフォーマンスの向上と断裂などのケガを予防する。
②体温・心拍数を上げることで酸素を多く取り込み筋の弾力性を増します。

ウォーミングアップのやり方
①身体を温める。…軽いジョギングやランニング、入浴なども効果的
②ストレッチ(静的よりも動的で)…関節の可動域を広げるのと筋肉に運動の準備をさせます。
③少し強度を上げてジョギング

運動会では待ち時間も多く、身体が冷えてしまいがちです。出番までにしっかり身体を温めることも忘れないようにしましょう。
それでもケガをしてしまったらしっかり応急処置をして専門機関を受診しましょう。運動会は子どもたちにとって大切なイベントです。練習の成果をまた友達との協力をしっかり実現させてあげたいと思っています。ほんだ整骨院ではなるべく競技に参加できるように対処していきますので一度ご相談下さいね。message_kekkon_omedetou

山登りのときは膝を守りましょう!

こんにちは。また山内です。
さてさて、朝晩は少し暑さもやわらぎ涼しさを感じるようになりましたね。
気候も落ち着いてきたので山へハイキングなどはいかがでしょうか?

今回は山の下り時に膝をtozan_choujou傷めないように注意事項を書きたいと思います。山登りでの膝痛のほとんどは下山時に起こっています。  

登りより下りの方がツラくない」と思っている方は要注意です。

 

膝に負担のかかる歩き方
①足音が大きく聞こえるような強い着地(膝を伸ばして着地するなど)
②加速がつくような前のめりの姿勢
③歩幅が大きかったり、足が滑ったりする。  などonigiri_ume

どうしてもこのような歩き方は自分の体重で加速がつき、ブレーキが効きにくい状態になっていることに加えて、地面から伝わる衝撃が膝に直にかかるため、膝へのダメージが大きくなります。

膝への負担を減らして下山しましょう。
(1)膝を常に曲げて、地面からの衝撃を減らします。
(2)歩幅を小さくして、なるべく小さい段差で歩く。
(3)後ろに体重をかけて、常にブレーキを効かせながら。
ポイントは「着地は静かに、膝を軽く曲げた状態で!」ですね。
(この歩き方は膝周りの筋肉が疲れます。)

tozan

また、サポーターやスポーツタイツ、ストック、インソールなどのグッズも自分に合ったものを選べば、膝への負担を軽減することができます。
日頃から脚周りの筋力トレーニング、ストレッチをして膝痛を予防しましょう。 

腹筋トレーニングのススメ

こんにちは!猪股です!

腰痛でお困りではないでしょうか?スポーツの秋でゴルフやジョギング、運動しやすい季節ですね。動ける身体づくりの一つとして腹筋トレーニングを紹介したいと思います!

腹筋のトレーニング日常生活やスポーツ活動の向上、腰痛予防、改善の為の重要な筋肉とは皆様もご承知かと思います。また腹筋はトレーニングによって見た目も変わって、より効果を視認できる筋肉でもあります。 fukkin_woman

腹筋、正式には腹直筋といい、主に体幹の屈曲、側屈、回旋を行っています。また腹直筋の両脇に内腹斜筋外腹斜筋、深層には腹横筋があり、体幹の屈曲、側屈、回旋の運動を行い、さらには腹直筋と協力して腹腔内圧を高め呼気などの補助をしています。パワフル且つ持久力にも優れる筋肉ですが、不良姿勢やバランスの崩れで筋活動が低下し、腰痛を引き起こす原因になってしまいます。

腰痛がある状態で高負荷の腹筋トレーニングは、逆に腰痛を悪化させる場合があります。はじめのうちは低負荷で可動範囲の小さく、腰に負担のかからないやり方を低回数且つしっかりとしたフォームで、徐々に回数、高負荷に移行していくことが大事だと思います。器具や特別な機器など使わずに自重だけでも十分に腹筋トレーニングできます!

 

  

腰に不安のある方は、まず当院スタッフにご相談下さい。自己流で今の状態にそぐわないトレーニングは腰に負担が大きくかかる場合があります。しっかり患者さん一人ひとりの状態に合わせたやり方をご案内しております。腹筋を強化して腰痛になりにくい身体を作っていきましょう!

ゴルフで起こりやすいケガ

こんにちは、山内です。今年の夏は梅雨がなかなか明けず、遅れてきたと思ったら、台風が多く発生していますね。今回は被害が出ないといいですね。birthdayparty_girl2

さて、パラリンピックも始まり、スポーツの秋!ということで、ゴルフで起こりやすいケガを紹介したいと思います。

①ゴルフ肘
右利きの方の右肘内側、左利きの方の左肘内側がゴルフ肘と呼ばれ、力の入れすぎや繰り返しの衝撃によって炎症を起こします。
②手首の痛み
ボールや地面を打った時の衝撃や握り方によっては腱や腱鞘・靭帯を負傷する方が多いです。
③腰の痛み
腕とクラブの長さを使って遠心力でボールを飛ばすため、腰には強い捻転力がかかります。またゴルフ道具も重量があるので持ち上げた時に負傷することもあります。
④膝の痛み
膝は捻りに弱い関節で、ショットの際に地面に固定された足と身体の捻りの間でねじれが発生し、負傷することがあります。
⑤背中・首の痛み
止まっているボールを200メートル近く飛ばす遠心力によって体幹部の筋肉・関節にはかなりの負担がかかります。

 

予防sport_golf_ball
◎準備運動はしっかり。
早朝や仕事関係の方とのラウンドなどで筋肉が緊張しているとケガをしやすいので、しっかり身体を温めてから打ちgolf_bag始めましょう!

◎正しいフォームで
フォームが崩れていたり、変な場所に力が入ったりするとスコアだけでなく身体の調子も悪くなることがあります!

◎普段のストレッチ・疲労ケア
ゴルフは遠心力を使って強い力を生み出すスポーツなので、柔軟性が高い方が大きいスイングができる上に、ケガも予防しやすくなります。また日頃たまった疲労を回復させておくことも重要です。

筋肉痛

こんにちは。宇都宮です!

まだ、残暑が続いて、身体には負担がかかって大変ですね。
油断をすると熱中症になるので、こまめに水分補給はしっかりととりましょう!

さて今回は、筋肉痛について少しお話ししたいと思います。
大きく分けて、即発性komuragaeri筋肉痛遅発性筋肉痛があります。

☆即発性筋肉痛

筋トレ中や直後から起こり4~6時間で痛みがひく。
普段から運動をしていると、毛細血管が発達します。そうなると、痛みを発生させる物質が筋膜に早く届くため、すぐに筋肉痛になります。

★遅発性筋肉痛

2~3日経って起こり「年をとってから起こる筋肉痛と思っている」実際は運動習慣や個人差で年齢は関係ありません。
毛細血管が細く痛みを発生させる物質が届くのが遅く、2~3日経ってから筋肉痛になります。
筋肉痛を放置していると痛みが、なかなかひかず日常生活にも影響します。そうならない為に、運動前後にストレッチを行うと次の運動にも繋がります。
つい面倒になりがちですが、怪我の予防になるので無理をしない程度に行っていきましょう!!