足底中足骨頭痛

こんにちは。荻窪教会通りほんだ整骨院の山内です。
今日、患者さんにカブトムシをいただきました!妻に内緒で家に持ち帰ろうと思います。( ´艸`)
さてさて、足の裏の指の付け根が痛いという記事(種子骨障害)を以前に書きました。今回は親指以外の足裏指のつけ根のお話です。

『中足骨頭痛』


足裏の中指・人差し指つけ根の痛みです。
足指が足の甲側に反りかえっている方や足の横アーチが消失している方がなりやすく、たくさん歩行することで悪化します。
足の横アーチが消失している足を開帳足と呼びますが、そうなると歩行時、体重が前足部にかかると人差し指・中指の中足骨頭に集中します。
また、ハイヒールや柔軟性のない靴底などでも中足骨頭に大きな負荷がかかり、それが繰り返されることで痛みが生じます。
足裏の中指・人差し指の中足部にタコやウオノメなどがある方は要注意です。また、開帳足はモートン病なども引き起こしかねないので足部にテーピングやインソール・パッドなどで横アーチを支えてあげることが大切です。
足部の不調は、腰や膝、股関節の不調を招きます。しっかり予防や治療をして元気に生活したいですね。
テーピングやインソールなどのご相談もお気軽にしてくださいね。